スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ベッドではまずリラックスのための準備をする

   

ベッドに入れば、
すぐに睡眠に入ろうとする。

それが普通の習慣でしょう。

でもベッドに入り横になる前に、
ちょっとした準備をするだけで
睡眠の質は高まります。

おそらく眠りにつく前の時間、
横になるとすぐに日中の出来事が
フラッシュバックされ、

あーでもないこーでもない、、
あの時なんであんなこと言ったんだろう。
あれ悔しかったなあ、
あの上司の言葉は理不尽だよな。。

と色々とネガティブな思いが
湧き上がっていき、

心に積もっていくはずです。

さらに不安になっていき、
将来が暗いイメージが湧いてくると、
だんだん眠気が覚めていく。

こうしたことを避けるためには
ベッドの上ですぐ横になるのでなく。
ちょっと座ってみて

体と心のリラックスをする
時間を作って見ましょう。

心を整理するという癖をつけるのです。

正座でも良いし、
あぐらをかいても良いです。
ストレッチを加えるのも良いでしょう。

とにかく横になる前に、
不快な出来事に対する思いを
しっかり消化してあげるのです。

心に刺さったピンを抜いてあげる
必要があるのです。

そのためには不快な出来事から逃げず、
あえて立ち向かっていくのです。

思い出して追体験するのです。

そのための時間を確保しましょう。

しっかり今日の1日を思い出し、
嫌なことがあってもイメージの中で
小さくしていきます。

こうした心の儀式をすることで
マイナス感情をニュートラルに戻し、

グッする眠りに入るのです。

 - 未分類