スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

肌触りの良い寝具にこだわるメリット

   

心身の回復期間である寝ている
間の時間を充実させれば、

人生も自然と充実していくはずです。

でも、

寝ている間は意識はありませんから、
一度寝てしまえばできることは
限られていますから

寝る前のいかに環境を整えるか

これが重要になります。

前回までのように、

寝室の空気環境を整えたら、
次は実際の寝具にこだわってみましょう。

人間の語幹というセンサーの中で
触覚、体感覚にここでは注目です。

寝ている間に実際に肌に触れる
寝具によって睡眠度合いも変わります。

十分、日中太陽の光のもとで
干した布団で眠るのと、

万年床のように敷きっぱなしの
布団で眠るのとでは、

明らかに心地よさは違うはずです。

タオルやシーツ、枕カバーなど
リネン類なども、

肌で感じる感覚を大切にして、

肌が気持ち良く感じるかどうかを
選択基準にしてみましょう。

高級品でもブランド品である必要もありません。

自分の感覚を大切にして
自分なりに工夫することです。

また寝巻き、パジャマにも
こだわりを見せるのも良いでしょう。

おすすめはシルクです。

シルクは肌触りが良くかつ、
良い素材のパジャマを着るだけで
気分が落ち着くものです。

また枕の上に大きめの
オーガニックコットンのタオルを
1枚かけてみると、

顔が枕に触れたときの気持ち良さも
格段に上がることでしょう。

皮膚は心地の良い状態で
安心してリラックスできるものです。

そうして安眠環境を作り出し、
次の日のダイナミックな動きに
つながるのです。

少しずつでも良いので
改善していきましょう。

 - 未分類