スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

寝室の湿度を50%前後に保つメリット

   

充実した1日に欠かせないのが
充実した睡眠。

そのために寝る前の環境を
整えるのが重要なことです。

多くの現代人が見逃してしまいがちな
ポイントがあります。

私たちは暑い寒いに敏感ですから
温度を気にすることが多いですが、

湿度はあまり意識しない
人がほとんどでしょう。

しかし人体にとって温度より
湿度の方が、

熟睡するために重要な
要素だったりします。

眠りが浅い、途中で起きてしまう
疲れているのになかなか眠りにつけない

部屋に湿度計がないのが
ほとんどではないでしょうか。

そういう人は湿度を気にすると
改善するかもしれません。

安眠、熟睡のためには
寝室に湿度計を置いて置き

50%前後に保つよう
常にチェックできる環境が大事です。

外が暑い夏場でも除湿機を使い
湿度を低くしておく。

外が寒い冬場であれば
加湿器を使って湿度を上げる。

これだけで睡眠の質は変わります。

だからこそ、

パッと現在の湿度が把握できる
大きなデジタル表示の湿度計を
寝室に置いて置きましょう。

そして湿度は50&前後を保つ
ように工夫をしましょう。

60%を超えてしまうと
湿度が高すぎてカビが生えやすくなります。

30%を下回るとウイルスの活動が
活発になります。

冬によく風邪を引く人の部屋は
湿度が30%以下になっている
ことも多いのです。

実際の温度よりも体感温度に
大きな影響を与えるのが湿度です。

夏の暑い日も湿度が下がれば快適ですし
冬の寒い日も湿度が上がれば快適です。

人体の皮膚ははたしたちが思っている以上に
たくさんの情報を扱うものです。

特に寝る時間は一お日の3分の1を占める
大切な時間ですし、

寝ている間は意識して何かすることはできません。

寝る前に準備として
寝室の湿度を調整するのが大切です。

 - 未分類