スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

入浴時のストレッチで背中を伸ばす効果

   

健康のための運動として
ストレッチをやった方が良い。

誰しもがわかっているはずでしょう。

でも何故か続かないものですね。

1日ほんの数分で良いのに
何故か習慣化が難しいもの。

ストレッチの本などを読むと

たいてい風呂上りにストレッチをしましょう
と書かれています。

なるほど、それは良さそうです。

風呂上りは結構が良くなり
身体も多少柔らかくなるので
ストレッチにはもってこいの時間帯です。

ただ、

バスルームを出たところでストレッチをする
という発想は人間の行動心理学から見ると
非効率的でもあります。

風呂から出るというのは、
既に1つの行動が完結してしまうこと。

人間心理では行動には
意志の力が必要なのですから、

入浴後、脱衣所という別の空間で
新しい行動位をスタートするというのは

大きな意志の力が必要です。

それが億劫になり、どれだけ体に良い
と頭で思っていても行動に結びつかない、
習慣にならないというわけです。

であれば、

入浴という1つの続きの行為が
継続している入浴中。

お風呂場でストレッチをやってしまえば
こうした矛盾は解決します。

もちろん体を自由に動かせるほどの
お風呂場を誰しもが持っているわけではないでしょう。

しかし、

背中を伸ばすことくらいは誰でもできます。

背骨を伸ばすことはストレッチの中でも
非常に効果の高いもの。

それだけでも十分に効果を得られるのです。

具体的には、

浴槽から出てシャワーを浴びる
その栓を止める前に

回れ右、回れ左をして
前屈、後ろに背中を伸ばす。

シャワーを浴びながらの前屈は
非常に効果的ですし、

日々簡単に継続できるもの
しばらくすれば明らかに体の柔軟性が
アップしたことを体感できるはず、

入浴時の瞑想テクニックと同じく
ストレッチもおすすめします。

 - 未分類