スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

自分の部屋に小さな書斎を作りひとり時間を充実させる

   

心も体も休息させ回復させるため、
自分の部屋にこだわりを持つのは大事です。

自分の部屋をただ寝るだけの
スペースにするのは寂しいものです。

無機質な寝床だけの空間に
人はなかなか愛着が持てません。

大切なのは、

早く自分の空間に帰りたい
と思える部屋作りをすることです。

そのために、

小さくても良いので、

自分だけの書斎を作る

ということを提案します。

安い居酒屋で愚痴を言い合う無駄話、
日付が変わり、虚しい気持ちで
部屋にとぼとぼ帰ってばたっと寝るより、

早めに帰宅して、書斎に入り
自分の時間に没頭する。

そんな充実した時間を過ごす方が
人生は有益なものになります。

そこで書斎作りです。

家に書斎があるといえば、

豪邸に住む作家や学者など
想像するかもしれませんが、

たとえワンルームマンションでも
部屋の一角にそう言ったスペースを作る。

それが私たちの人生にちょっとした
変化のきっかけを与えるのです。

大好きな本、音楽、お気に入りの文具
ちょっと特別な机と椅子

そういった自分を癒してくれる
ツールに囲まれて、

知的な創造活動をしてみましょう。

日記をコツコツ描いてみる。
いつか発表するかもしれないと
詩やエッセイを書いてみる。

手書きの手紙を書いたり
絵を描いてみる。

リラックスしながら右脳と左脳を
使う習慣を持つのです。

夜の静かな書斎でのそんな
ひとり時間こそが、

デイタイムの仕事時間も
活性化させてくれます。

大切なのはオンとオフの
絶妙なバランス。

ルネッサンス期の万能の天才と呼ばれた
レオナルドダヴィンチは

「充実した1日が安らかな
安眠をもたらすように、

充実した一生っは
安らかな詩をもたらす」

と言ったそうですが、

自分1人の時間を大切にしないと
死ぬ前に後悔するかもしれません。

そうならないために、

今日から夜のひとり時間を
充実させる計画をたててみましょう。

 - 未分類