スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

お酒はたしなむ程度ならリラックス等のメリットあるが

   

さて、

自宅の夜の過ごし方として
リラックス空間にするため

これまでいくつか紹介してきましたが

前回、最高の睡眠を取るために
夕食の取り方に注意する

という話をしたのですが、

「じゃあ、お酒はどうすればよいの?」

という疑問が浮かぶ人も多いでしょう。

幸運の秘訣はバランスにある

…というわけですが、

お酒もバランス次第ということです。

適量のお酒は脳をリラックス効果もあり、
回復させてくれるでしょう。

しかし、

アルコールは筋肉にとっては
デメリットもあり、

真に心身を回復させるか
といえば疑問も残ります。

だからこそ、

休肝日という言葉もあるように、
肝臓を労る意味でも、

お酒は飲みすぎない
習慣的には飲まない、

嗜む程度のお酒こそ
メリットが多いのでしょう。

毎日のようにお酒を飲むのが習慣になっていると、
その弊害になかなか気づきません。

肩こりが慢性化すれば
自分が凝っていることにすら気づかなくなる
のと同じメカニズムでしょう。

ここで、

願望実現の観点から
アルコール摂取について考えてみましょう。

答えは人それぞれでしょう。

お酒を飲むことが、

本当に自分の夢の実現に
役立っているかどうか、

しっかりと分析してみて、
深く沈黙思考してみましょう。

まったく無いとはいえませんが、

実際はほとんど役に立っていないでしょう。

接待の席、パーティーなどで飲むなら
人間関係にも役立つでしょうが、

自分の家で、自分1人で飲むお酒

その行為がどれくらい
自分にプラスになるのか、

そのマイナスと冷静に比較しましょう。

嫌なことを束の間忘れられる、
ストレス解消になる

と言えるかもしれませんが、

その効果は本当に高いでしょうか?

他にあなたの夢を実現させるために
有益なアクティビティはないでしょうか?

その束の間の短期的快楽のために
実際にはもっと大きなマイナスを
背追い込んでいる可能性はないでしょうか?

願望実現、開運のため・・・

と考えるとお酒の付き合い方も変わりそうです。

良いことがあったとき、
大切な記念日など、

大切な人と良いお酒をたしなむ

こうしたこだわりこそが大切なのでしょう。

 - 未分類