スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

目覚めが良くなる夕食の取り方、注意点

   

家でのリラックス時間を
しっかりと充実させるほど、

次の日の活動エネルギーが高まります。

そのためにもちろん、
睡眠が大事なわけですが、

最高の目覚めをするために
どうすればよいのでしょうか?

その秘訣は、

前日の夜の過ごし方にあります。

実は、

お腹が空いて起きる

というのが最高の目覚め方なのです。

お腹が空いて自然に目が覚める

これが理想の起床なのです。

私たちは子供のこと、

「お母さんお腹すいた。。ご飯欲しい」

といって目覚めていたはずです。

しかし大人になるにつれ
その感覚は無くなっていきます。

夜の睡眠時にしっかりパワーを充電し、
朝にエネルギーを補給して出かける。

それが理想のサイクルなのです。

こうした最高の目覚めをするために
前の夜の準備が大事です。

ではどうすべきか?

やり方は簡単です。

夕食に注意をすることです。

特に夜8時以降は当分を控える。

お米、パン、パスタなど
炭水化物を取らないこと、

砂糖を使ったお菓子やジュースなど飲まない。

これだけで睡眠の質も
目覚めの爽快さも変わります。

炭水化物の消化には時間もかかりますし、
夜には活動源となるエネルギーはもう不要です。

夕食に炭水化物を取るのは
理に叶ったやり方ではないのです。

どうしても食べたいのであれば
夕食の時間を早めて
8時までには済ませましょう。

睡眠前に胃に食べ物が入っていると

消化のために血液が胃腸に行き、
回復に必要な血液が不足します。

それでは自ずと眠りも浅くなります。

そうなれば日中もイライラし
仕事の能率も降り、
人間関係にもヒビが入る。

つまり失敗不運サイクルへ
向かってしまうのです。

夜の食事は軽く済ませる。

特に炭水化物は寝る前に
取るのはやめてみましょう。

それだけで
成功幸運サイクルへ入れるはずです。

 - 未分類