スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

蛍光灯より癒しの波長を持つオレンジ色の光の白熱灯を使う

   

夜の家の時間を
リラックスできる癒しの時間にするために、

光を工夫してみませんか。

私たちは日中、オフィスでは大概、
蛍光灯の光の下仕事をしています。

蛍光灯にはもちろん
メリットもあります。

その強く白い光は、

仕事をするのに適した光で
交感神経のスイッチが入る
戦闘モードのライトと言えます。

一方で、それに対し

オレンジ色の光の白熱灯は、
体をリラックスさせる
副交感神経のスイッチを入れる
休息モードのライトです。

私たちは家で過ごす場合、

日中の蛍光灯とは対照の
調光可能な白熱灯を
自分の部屋に配置すべきでしょう。

オレンジ色の光で
リラックスできる空間ができます。

さらに光の強さを徐々に弱めれば、
睡眠までスムーズに移行できるはずです。

日中全開になっていた
交感神経を休ませ、

体と心のメンテナンスをする
副交感神経に切り替えるため

スイッチの切り替えは重要です。

そしてそのために
外部環境に気を使う必要があります。

ホッとする空間でのオレンジ色の
間接照明がその切り替えをしてくれます。

光が直接目に飛び込んでこないよう
工夫することで、

リラックス度はますます高まります。

特にベッドルームの明かりは
オレンジ色の癒しの光が重要です。

薄くてぼんやり灯る光、

この光の波長は蛍光灯では得られないのです。

 - 未分類