スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

モノが少ない部屋でシンプルに生きるメリット

   

同じようなモノでも
お気に入りのものがあれば
気に入らないものがあるのは不思議です。

量子物理学によれば
万物にはそれぞれ固有の
振動数があるそうです。

だからこそ私たちの部屋にある
全てのモノが、

それぞれ違った振動数で
波動数を出しているのですから、

あなたをサポートするモノがあれば、
邪魔をするモノもあるということ。

どうせなら、

運気の土台を作る部屋は、
サポートするものに
囲まれるべきでしょう。

そのためには部屋にあるものを
減らすのが良いでしょう。

すっきりとしたホテルや
旅館の部屋に入った瞬間、

なんだか良い気分になるのは
私だけではないはずです。

無駄なものがなく、
整理整頓が行き届いた部屋は、

不協和音を出すモノが
限りなく少ないために、

体の細胞も喜ぶのでしょう。

反対に、ものが多い部屋で
生活をしていると、

不協和音の中にいるわけで
徐々にイライラして来るのでしょう。

モノを限りなく少なくして
シンプルに暮らすといのは、

ものと情報が溢れる現代社会では、
贅沢なライフスタイルと言えるでしょう。

そもそもモノが少なくて
ものに憧れてていた時代であれば、

どれだけモノを持っているか

がステータスだったわけですが、

今はモノで溢れているのです。

これからの時代は床がたくさん見える。

つまりモノが少ない、
モノで溢れていない空間で生活する

この方が価値のある時代になっています。

ものが少ない部屋で考え事をすれば、
視界も邪魔せずクリアになるので、
思考時代が整理されて、

本当の優先順位が見えてきます。

昼間は仕事や人間関係で、
すっきりとはなかなかできません。

どうしてもイライラする状況にあるのですから、

 - 未分類