スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

寝る前に明日の準備をすることで安心し安眠できる

   

夜の寝る前の時間は
人生のクオリティを決めます。

そんな夜にすべき大切なこと、

それは明日の準備をすることです。

明日の予定を確認し、
必要なことを全て終わらせる。

これをすることで、

脳はすっきりし、深い睡眠へと導きます。

睡眠前から睡眠中の潜在意識が
大切なことだけにフォーカスできるのです。

「まあ明日の朝にやれば良いや」

と先延ばしにすして、ほんの少しの
確認やジュビをおこなることで、

ちょっとしたストレス、
自分自身への微妙な罪悪感が、

喉に刺さった小骨のように
私たちの睡眠を妨げるのです。

明日何が起こるかわかりません。

例えば、

遅刻してしまえば焦ってしまい
必要な準備ができません。

それによるポカミスは
誰しもが経験あるでしょう。

こうしたミスは、夜寝る前に
明日の予定をざっと見ておき
準備をすることで、

簡単に防げるミスなのです。

朝の10分と夜の10分は
同じものではないのです。

夜のうちに億劫な心を
ちょっとだけ動かすことで、

安心して安眠できるだけでなく
次の日の快適さも変わるのです。

そのために、

自宅に戻ったら、
手帳を机の上に広げる。

この習慣を持つようにしましょう。

たったこれだけのことで
ど忘れやポカミスが防げるのです。

手帳がカバンの奥底に眠っていると
取り出すのも億劫になり、

チェックしないまま時間が過ぎます。

それで

「明日、出勤後にでも確認すれば良いや」

と、悪魔の囁きが聞こえてきます。

綺麗に整頓された机の上に
愛用の手帳を広げておく。

予定表を目につくところに広げておくことが、

今日の安眠と明日の成功を約束してくれます。

 - 未分類