スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ぶら下がり運動のメリット、背中を伸ばす動作と習慣の効果

   

「最近何かにぶら下がりましたか?」

と聞かれると、

現代社会を生きる大人は

「いや、そういえば記憶がないな」

となるのではないでしょうか。

子供の頃であれば、よく校庭の鉄棒、
近所の公園のジャングルジムにぶら下がり、

木登りしたり、岩によじ登ったり、
元気に走り回っていたはずなのに、

大人になるとその機会はなくなる。

ジムやジョギングで運動を
する習慣がある人でも、

何かにぶら下がるという動作は
あまりしないのではないでしょうか。

しかし、ぶら下がる運動で
背中を伸ばす動作をすることは
心と体に素晴らしい効果があります。

背中の筋肉が伸びることで
ストレスは軽減されますし、

肩こりも軽減されます。

よく考えれば子供の頃は
肩こりとは無縁だったのも、
この動作によるものかもしれません。

大人になれば、日常の動作は
極めて限定されたものになります。

年齢が高まるにつれて、
体の可動範囲が少なくなるもの、
四十肩などその典型です。

だからこそ、ぶら下がり運動を
日々の習慣的動作として加えるのは
非常に大切なのです。

背中を伸ばすといえば、

ブリッジ、ぶら下がり、逆立ちなど

ほんの数秒で構いません。

非日常的な身体刺激をちょっとで良いので
毎日の習慣に取り入れるのは
大きなメリットがあります。

背中には自律神経を司る
大切な背骨があります。

ストレスは背中に溜まるのです。

そこを伸ばしてストレッチしないと、
交感神経に偏り、

心と体を少しずつ蝕みます。

ぶら下がり運動のために、

公園で鉄棒を使ったり、
ぶら下がり健康器も売られています。

こうした運動ができない時も、

通勤時のつり革を使っても
背中を伸ばすことができます。

ぶら下がりストレッチの動作をすると、

爽快感を感じることは
体感している人も多いでしょう。

これを習慣化すれば、

ぶら下がり運動を忘れたら
「ああ、背中を伸ばしたい」と
禁断症状が出るほど気持ち良いものです。

この快感が秘訣なのです。

不快を排除し、快を生活に取り入れる。

これが開運習慣による
夢の実現の近道なのです。

 - 未分類