スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ストレッチの習慣で学習効果を高める、神経ネットワークと脳

   

私の知り合いで、学習法を
30年以上指導してきた人物がいます。

様々な分野で社会で活躍する
人材を輩出してきた彼が、

そのキャリアでの経験から
導き出した発見があるそうです。

学習効果を高める3つの方法、

それは意外なものでした。

幼少期の教育から学生、
社会人、リタイア後であっても、

学習効果を高めるためには
何をすべきなのか?

普通は勉強をすること、

記憶テクニックや教科書選び

そういったところに目が生きがちですが、
彼の答えはこうでした。

その1

筋力をつける

その2

体を柔らかくする

その3

学習する

世界中の様々な学習テクニックを研究し
長年人に指導してきた彼が、

もっとも大事だといったのが、

筋力、柔軟性

ということに私は驚きました。

教科書を読むより、英語なら
シャドーイングを頑張るよりも、

運動してまず筋力をつけること、

さらにその筋力をストレッチや
ヨガなどで柔らかくすること、

それが結果として、

生活能力、学習能力を高めるのです。

今回特に伝えたいのが、

頭が良くなりたければ
ストレッチの習慣をつけると良い、

ということです。

これは脳と体、神経ネットワーク
と密接な関係があります。

メジャーリーガのイチロー選手
を見るとわかるように柔軟な体というのは、
怪我や故障を予防するだけに留まらず、

疲労を回復させ、ストレスを
溜め込まない体質を作ることができます。

実はこれはどんな分野であれ
成功しやすい成功体質ということ、

呼吸を止めずに、フーッと
長く息を吐きながら、関節を伸ばす、

悪い想念やストレス、心配事、
不安といったものが自分の中から
全て外に出ていってしまう、

そんなイメージをしながら
ストレッチをすると効果的です。

健康になるのはもちろん、
学習効果も高まり、集中力も上がります。

1日5分であっても

ストレッチをする習慣がある人と無い人、

それは5年後10年後に

健康度、経済度、幸福度まで
全てに雲泥の差がつくでしょう。

ぜひ日々の習慣にストレッチを
加えてみてください。

 - 未分類