スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

危険な農薬などを避け『きんかん』を安全に健康な食べ方、選び方

      2019/07/31

きんかんにはレモン果汁と
ほぼ同量のビタミンCや、
その吸収をよくするほか、
毛細血管を強くするビタミンPの
本体であるヘスペリジンも含んでいます。
このために風邪予防にはもちろん、
動脈硬化や高血圧にも有効に働き、
加えてのどの炎症を鎮める成分もあります。
きんかんには実よりも
皮に栄養が含まれているので、
まるごと生食するのが理想的です。
<きんかんの主な栄養素(100g中包含量)>
・ビタミンC…49mg
・ビタミンE…2.6mg
・カリウム…180mg

きんかんの安全な選び方と保存法

表面が滑らかで
手に持った時に重量感のある
きんかんが安全な証拠です。

きんかんを安全に食べる方法

きんかんを甘露煮にすると
風邪のときなどの重宝します。
きんかんをよく洗い
楊枝で穴をあけて、
最初に弱火で30分ほど煮てから
1.5倍~2倍量の氷砂糖を加え
甘味を付けます。
エキスの出た煮汁は捨てずに
お湯に溶いて飲むなどしましょう。

 - 危険な食材を安全に食べる技術