スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

注意すべき、負の弊害、悪影響があるパワーストーンはあるか?

      2018/01/15

今回のテーマは、

注意すべき、負の弊害、悪影響
があるパワーストーンはあるか?

について紹介します。

「これは買わないほうがいい、
身につけると悪影響があるような
注意すべきパワーストーンがありますか?」

という質問に今回は答えます。

注意すべき石は次の4つです。

1.不幸があった土地の石

2.嫌いな人からもらった石

3.見るからにパワーが落ちている石

4.以前の持ち主が幸福でなかった石

1.の不幸があった土地の石は

その土地の気を良く吸収しますから、

アクセサリーでなくても、
墓地や不幸な歴史があったと分かっている
土地の石を持ち帰るのはやめましょう。

石の中にその土地の気が
閉じ込められていることがあり、

持ち主の運気を落とす事もあります。

2.の「嫌いな人」とは、

つまり自分と波長の合わない人

いくら高価な石であっても、
自分とは気が合わないことが多いのです。

それでも使用したいなら
しっかりと浄化し、

石と自分の波長を合わせてから使いましょう。

或いは、吉方位旅行に頻繁に持って行ったり、

身につけたりすると
石と気を合わせやすくなるので、

自分のラッキーストーンとして
働かせやすくなります。

3.は

買う時に十分注意すれば避けることができます。

第一印象で「何となく嫌だな」
と感じた時は購入しない事です。

4.は、

以前の持ち主の人生が悲劇的だった場合は、

石はその気を吸収しています。

石は持ち主の人生までを
見ているのです。

新しい石を手に入れたら、
誰の手に触れ、

どんな歴史を見てきたものなのか
分からないので

必ずしっかりと浄化してから
使用することが重要です。

ただし、パワーストーンと人との
相性というのは基本的にありません。

石は意識やネガティブなエネルギーを
吸収しやすいと言う事なので、

しっかりと浄化をすれば問題はありません。

ただしどうしても気になる場合は、
感謝をして自然に帰してあげると良いでしょう。




 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて