スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

強運を招く四神獣(青龍、白虎、玄武、朱雀)のパワーストーン

      2018/01/15

今回のテーマは、

強運を招く四神獣(青龍、白虎、
玄武、朱雀)のパワーストーン

について紹介します。

四神とパワーストーンの
組み合わせはおススメです。

四神獣と言うのは
中国古来より伝わる聖獣で、

青龍、白虎、朱雀、玄武が
それぞれ東西南北を象徴します。

陰陽道から生まれた、
この四神獣の考えですが、

これらは風水と非常に強い結び付きがあり、

桓武天皇が平安京を作り京都に
都に遷都した時は

この四神相応(ししんそうおう)の地
と言う考えにならったと言います。

四神相応というのは

「東に河があって青龍、
南に大池あって朱雀、
西に道あって百虎、
北に山があって玄武。

神霊に護られた都は必ず繁栄する」

というもので、京都は「平安京」遷都から、
約1100年間という長きに渡り、
日本の首都として栄えたのも、

こういった力が合った可能性もあります。

パワーストーンの世界でも、

これら四神獣がモチーフとして
刻まれた丸玉やポイントがあり、

方位をきちんと合わせて並べると
非常に強い結界を張ることができると言います。

四神獣相応の法則とパワーストーン

四神獣とパワーストーンを
組みわせた秘伝と言われ、

地相、家相の災いを好転させ
強運を招く開運エネルギーを

最大限に引き出す秘伝として
伝えられてきたのが

「四神獣相応の法則」

です。

東西南北に

青龍(東)
白虎(西)
玄武(北)
朱雀(南)

の聖獣を配置し、
それぞれの方位の凶作用を取り除き、
吉運を招き寄せると言われています。

これを石の世界に応用したもので

陰陽五行説に基づき、

青龍は青、
白虎は白、
玄武は黒、
朱雀は赤、

が配置されたパワーストーンの
ブレスレットなどがあり、

風水四神獣ブレスでは、
それらの色に合わせて、

ラピズラズリ、
ハウライト、
オニキス、
赤瑪瑙

を配置し、本体のパワーストーン効果と共に
強運を招く最強のパワーストーンブレスになります。

四神獣とパワーストーンの面白い使い方

他の使い方として、

この四神獣とパワーストーンの
組み合わせをマイナスエネルギーから守るために、

それぞれの方角に、それぞれの石を
部屋に置くのもいいですね。

オフィスや仕事場なら
少し大きめのパワフルなものを
配置してもいいかもしれません。

また面白い使い方としては、

ベッドの下のこれを置いておくと、
疲れの取れ方が違ったり、

子供ができにくい人にとっても
子宝を授かりやすくなったりするなど、

様々まな使い方があるようです。

都の風水として長い繁栄をもたらすとされる
「四神相応」の守護神でもある四神を応用し、

パワーストーンに組み込むことで、

持つ人の周りの空間を常に風水の「理想の地相」のような
素晴らしいエネルギーの変え、

持つ人の運気をアップさせると言う組み合わせがあります。

ぜひ参考にしてください。




 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて