スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

運気は貯める事もできるが使い果たす事もある、無駄遣いは厳禁

      2017/08/02

運気は貯める事もできるが使い果たす事もある、無駄遣いは厳禁
今回のテーマは、

運気は貯める事もできるが
使い果たす事もある、無駄遣いは厳禁

について紹介します。

不思議なもので、

お金と運気は似ている所があります。

運気というのは、お金と同じで、

貯めることも、蓄えることもできれば、
誰かにあげる事も出来ます。

逆に使い果たしたり、
使いすぎてマイナスにもなります。

お金と運気は似たような性質があるのです。

お金は知識を身につけうまく貯蓄や
投資をしてマネージメントすると
増えていきますね。

実は運気も同じなのです。

運のマネージメント能力を身につければ、

運気の口座に運気が
どんどんと増えていくのです。

貯金ならぬ貯運という感じです。

私も始めてこの事を教えてもらった
ときかなりショックを受けました。

今ほど運の存在を信じていなかった
こともありますが、

お金のように運を、貯めたり、あげたり、
使い果たしてしまうと聞いても、

頭の中は「?」でいっぱいでした。

もしかしたらイメージが
わきにくい話かもしれませんが、

これをもう少し具体的な
イメージで解説してみましょう。

運を貯める人、使い果たす人

例えばコマーシャルなどを見ていると、

有名人やスポーツ選手などが、

缶コーヒー、シャンプー、車や
金融機関の宣伝などをしているのを
見かけたことがあると思います。

あれは有名人が自分の運
(信用)を使っているのです。

自分の影響力を利用して、
人の購買活動に影響を与えているのです。

こうしたコマーシャルに出演すると、
結構な額のギャラを頂けると聞きます。

普通の人は

「なんだよ顔を貸しただけで
大金をもらえるなんてなんだかずるいな」

と考えてしまいがちですが、

彼ら有名人は本業でしっかり
蓄えた運(信用)があるから、

そうした影響力を発揮できるのです。

彼らが本業で運(信用)を失えば、
こうした影響も失墜してしまうのです。

運を貯めて信頼を得る事も出来ますし、

信頼を崩し一気に運を
使い果たす事もあるのです。

そして運を貴重なエネルギー
と認識できたら、

無駄遣いする事なく
大切にする事が出来ます。

堅実な投資をしてしっかりと
増やそうと思うはずです。

もう少し具体的な例で言えば、

例えばあなたに恩人がいたとします。

その恩人が、

「義理の弟が営業マンで
ノルマに困っているんだけど

保険に入ってあげてくれない?」

と言ってきたとします。

あなたは日ごろの恩を
返すチャンスだと思って、

紹介された営業マンを通じて
保険に入ります。

これは恩人があなたに貯めてあった
運を使うことになります。

こう言うように運は、

信用という形で色々な人の間に
ぐるぐると廻っているのです。

この世界の万物は循環を
しているわけですが、

人間だけがなぜかその循環を
滞らせててしまう事があります。

しかし運気もエネルギーも
血液もお金も経済も、

回すのが上手い人は人生を
上手く豊かにできるわけです。

そして運気がいい人ほど、
たくさんの運を貯めたり、あげたりできます。

お金が入ってきても
お金の使い方が下手な人は

無駄使いしてしまったり
借金を抱えてしまったりします。

しかしお金の使い方がうまい人は

節約してお金を貯め、
正しい投資をして増やす事が出来ます。

同じように運が悪い人は、
少しの運しか貯められれなかったり、
すぐに使い果たしてしまったりするのです。

運気がたまる器=人間力

そしてそもそも、

人には誰しも運気という目に見えない
エネルギーを蓄える器を持っています。

そして、

その器の大小を決めるのは、
その人の人間的な器、

すなわち人間力(人徳)です。

古今東西の成功哲学、自己啓発の世界では
人徳を高めることの重要さを説いていますが、

人徳を高めることが重要なのは、
人から応援されるようになるだけでなく、

それによって運気を蓄える器を
大きくできるからでもあるのです。

小さな運気の器であれば、たいした
エネルギーを貯める事も出来ません。

それならばむしろまずは
人間力を高くして、

運気の器を大きくする事に
フォーカスした方が良いとも言えます。

人間力を上げると言うのは
一見地味で単調で地道な作業の
ように感じてしまうものです。

なのでさぼってしまいがちになる
人も多いのですが、

それではせっかくやってきた
チャンスをものに出来なかったり、

一気にやってきた運気の流れに
対応できず、

運気の振り回される事があります。

武道の達人なども
テクニックや技を磨く前に

呼吸や礼儀、精神力など土台となる
部分を徹底的に鍛えると言います。

同じように遠回りに見えても
人間力を高めるという事が

やがてくる大きな運気を
貯めるためにも重要な事なのです。

運気を使い果たさないようにする

逆に、賢くない運の使い方をして

「運気を使い果たす」

という事もあります。

なので、無駄遣いせず

日頃から運気を蓄えて
おくことを心がける必要があります。

何か悪い出来事が起きるときも、
実際はいきなり起こるわけではありません。

蓄えていた運気をいろいろな理由で
使い果たしてしまった結果、

それがマイナスに転じた時、
悪いことが具現化するのです。

借金で苦しむ私の知人の話ですが、

始めは少し家計で足らない
数万円程度のお金を

消費者金融から借りる事が
きっかけでした。

ちょっと飲み会の回数を減らせば
返せるだろうと

高をくくっていたのですが、

なかなかお金を返済に回せず
無駄遣い癖も治らず、

気がつけば借金は数百万円に
膨らんでいて、

今大変な思いをしています。

特に借金は複利のパワー
働くわけですから、

時間が経つほど大変になります。

最初に相談をしてくれれば
助けてあげる事も出来たのですが、

今となってはなかなか
厳しいのが現状です。

悪い事が起きるよう場合は、
最初は小難が起きてきます。

これがシグナルのケースが多いです。

そのサインに気づかないまま
運気を浪費してしまっていると

やがて中程度の災難がやってきて
最終的には大難がやってくる。

そういうふうに徐々に段階的に
やってくるのです。

運気を貯蓄するという観点に立てば
そういうマネージもうまくなります。

逆に言えば良い出来事もいきなり
やってくることはありません。

コツコツと運気蓄え中味がいっぱい
になって溢れ出るようになったとき、

幸運な出来事というのは具現化するのです。

そのために出来ることはたくさんありますが、

このサイトで紹介するテクニックも
是非紹介してほしいわけですが、

何よりもまず人徳を高める、
自分を磨くことに集中して下さい。

 - 運気を味方に付ける成功法則