スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

負け癖を勝ち癖に変える、幸運を呼び込み悪運を断ち切る方法

      2017/12/28

負け癖を勝ち癖に変える、幸運を呼び込み悪運を断ち切る方法
それでは今回のテーマは

負け癖を勝ち癖に変える、幸運を
呼び込み悪運を断ち切る方法

について紹介していきましょう。

前回言ったように

運の悪い人は人生でいわば
負け癖」がついてしまっているのです。

なので、

「何をやってもうまくいかない、、」

と、そんな虚しさに負け、気力を失ってしまうと、
そのまま負け組になってしまいます。

これから運気を高めていくためには
どうしても負け癖を取り除かねばなりません。

運気の流れにも連続性があります。

よい運は再び良い運を招くし、

悪い運は同じようにまた悪い運を
運んできます。

そしてそれは雪だるまのように
ドンドン大きくなったりします。

そうなると、当然

悪い運に対してはどこかでその
流れを断ち切る必要があるのです。

何か悪いことが起きた時、負けが続き
負け癖がついてしまっているとき、

逃げずに真っ向から立ち向かい、
その流れを変えなければならないのです。

だからこそ我々は、

幸運を呼び込み、
悪運を断ち切る方法を

しっかりと考えなければなりません。

負け癖を勝ち癖に変える

ではどうやって負け癖を無くすのか?

そためには、何よりもまず

「勝ち癖」を付けることです。

こう言ってしまうと

「そんな単純な、、それが簡単に
出来るならこんなに苦労はしませんよ」

という声が聞こえてきそうですが、

実は凄く単純なことなのです。

どうやって勝ち癖を付けるか?

それは成功体験を積むことです。

多くの人は成功体験と聞くと
大きな成功をイメージしてしまうのですが、

ここで言う成功体験とは、
大きな成功である必要はありません。

むしろ最初は高望みせず、
小さな成功体験を積み上げる事です。

一発逆転の奇跡の大勝利!!

…である必要はありません。

小さな勝ちを数多く積み上げるのです。

こうして少しずつ
幸運を呼び込み始めるのです。

例えば、

甘いものを食べ過ぎてしまう、
ついつい夜食が我慢できない
運動が嫌でだらだらしてしまう、

今まで何回言われても出来なかった人が
ダイエットをすると決めたならば、

いきなり、ジムに毎日通って
甘いものをすべて断ち切って、
夜6時以降何も食べないと決断する

…としても恐らく出来ないで、
元の生活に元通りでしょう。

それよりもむしろ、

「とりあえず毎日運動を履いて外に出る」
「何か食べる前にコップ1杯の水を飲む」

…何どほんの少しのダイエットに
良い習慣をやる方が、

長期的に見てダイエットの成功
確率は上がります。

なぜなら先ほども言ったように
加速の法則が生まれるからです。

最初小さな雪の塊がやがて
大きな雪だるまになるように、

勝ち癖がついて行けばやがて
大きな幸運を呼び込む事ができます。

小さな事で構わないのです。

むしろいきなり高望みしすぎると
挫折する可能性があります。

たとえ小さな成功体験であっても、

それが積み重なることで気持ちが
鼓舞されていくのです。

そして段々と運気も高まってきます。

勝ち癖をつけ優勝を勝ち取った阪神タイガース

スポーツ界の運気の上昇パターン
見ると興味深い事が分かるのですが、

この小さな成功体験を積み重ねて
うまくいった例として有名なのが、

例えば、

プロ野球で星野仙一さんが初めて
阪神の監督に就任した際、

阪神は当時、4年連続リーグ最下位
という「負け癖」の付いたダメ球団でした。

それまで何年も負け続けてきた
阪神の選手にとって負けることは

当たり前になってしまっていたのです。

だから試合に負けても
あまり悔しくないし、落ち込まない。

完全に負け癖が染みついていた状態でした。

星野監督はそんな状況を見て
どうにかしようと思い立ち、

監督就任した年、オープン戦から
とにかく「勝ち」にこだわりました。

まずは相手があまり真剣に勝負に来ない
オープン戦を利用して、選手たちに
勝ち癖を植え付けようとしたのです。

その狙いが大当たりし、

就任一年目には最下位球団を
脱出し順位は4位に上がり

就任3年目には見事18年ぶりに
リーグ優勝を遂げたのです。

これで一気にチームの態勢は変わりました。

これは「負け癖」を「勝ち癖」
に変えた格好の例です。

悪運を断ち切る方法として
勝ちにこだわったのです。

まずは己に打ち勝とう

自然界では生きるか死ぬかの戦いが
毎日繰り広げられています。

そういう意味で、人間にとっても
「生きる」というのは

ある種の戦いかもしれませんね。

ただその戦いは

相手をたたきのめすとか、
試合で誰かに勝つ

そういったものだけではないのです。

人間にとっての戦いというのは、
もっと別の所に本当の意味があります。

生きるための真の戦いは

自分の中にあるのです。

自分の中の困難や障害、葛藤
逆境に負けないで生きていく事、

そっれこそが本当の闘いなのです。

「自分に勝つ事が」真の勝利であり、

そうやって自分と真正面から戦うことで、
悪い運気の流れも断ち切ることができるのです。

他人に勝つとなれば我々は
大切な物を見失います。

自分に勝つ事を目指してください。

最初は些細な成功でもかまいません、

小さな勝ちをぜひ積み重ねて
いってほしいと思います。

そうして幸運を呼び込み

やがてその力が悪運を断ち切る
パワーとなります。

そうすることで運気も高まっていきます。

あなたが日々取り組むプロジェクトの中で
小さなものからでOKです。

小さな事から「負け癖」でなく
「勝ち癖」を付けて行きましょう。

 - 運気を味方に付ける成功法則