スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

“宿命”と”運命”の意味と違いを理解しよう、運気を変える口癖

      2017/12/27

"宿命"と"運命"の意味と違いを理解しよう、運気を変える口癖
今回のテーマは、

“宿命”と”運命”の意味と違い
を理解しよう、運気を変える口癖

について紹介します。

スピリチュアルな世界では
様々な言葉があり、

同じ概念を指すにも
色々な言葉があったりして、

非常に混乱する事もありますが、

言葉の定義や意味をしっかり
理解しておく事は非常に重要です。

言葉を正確に知るほど
喋る言葉に重みができ、

口癖が変わるものです。

そうなれば人生は変わります。

例えば、「宿命」と「運命」
と言う言葉がありますが

これらの意味の違いを
しっかりと理解しておく事は

運をコントロールし
運を良くして行く上で
非常に重要な概念となります。

人生の行方を導く運命、
国家の行方を導く運命、

天の采配とも思える超自然的な力が、

決定的な結末に向かう流れを
支配していると確信させる
ような出来事は、

いつの時代も起きていました。

例えば、

「誕生と死」というのは
避けられない宿命です。

同じく、人生の多くの出来事は、

あらかじめそうなることが
きめられたかのように見えます。

そんなどうしようもできない
見えない力に我々はただ
翻弄されるだけなのでしょうか。

コントロールできる運命

まだまだ科学の力で
解明されていない事も多く、

確かに人間にはコントロール
できない大きな力が宇宙に働いて
いるのは間違いない事でしょうが、

その大きな流れに人間の力は

まったくの無力である

と言う訳ではありません。

前回まで現代社会は、二極化時代
に進んでいると言う話をしたのですが、

こんな二極時代では、どうしても

運が良い人ほどさらに上に行き、
運が悪い人はどんどん下がる、

と言う事態になりがちです。

つまり運が良い悪いの差が、

平等社会だったころに比べてあからさまに
目に見えて大きく差が開いてくる。

これは単なる金銭面での
格差以上に大きな問題です。

我々はそんな時代に生きているのです。

まずはそこを自覚しましょう。

こんな社会ではますます
厳しい競争社会となり、

社会不安は広がりうつなど
心の病気が増えるのは

先進国で見られる一般的な現象ですし、

さらに貧富の格差や
精神不安の増加によって

犯罪が増え、事件に巻き込まれ
やすくなる傾向にあります。

そんな時代の中うまく生き伸びて、

幸せを得る為には運の管理が
極めて重要になってくるのです。

お金も、健康も、幸せも
家族も、友人も、仕事も、

全てに運気は関わっているのです。

運命と宿命の違いとは?

そのために、これからカンタンに
誰でも運を管理できる方法を
お話していくのですが、

その前に、一つ重要な概念である、

宿命(しゅくめい)と運命(うんめい)

について知っておく必要があります。

たかが、言葉の違いと侮ってはいけません。

特に日本語は言霊と言われるくらい
意味のある言葉なのです。

言葉をどう定義するかで
人生は決まると言っても
過言ではないのです。

まずは「宿命」と「運命」の
言葉の意味と違いについて
理解をしましょう。

宿命とは、

私たちがこの世に生まれる前から
既に決まっている人生の筋書きです。

これは人間だけでなく、
社会においても同じです。

社会や国にも栄枯盛衰という
大きな流れが存在します。

だからこそ、私たちが生きている
時代のもある意味あらかじめ
定められた宿命の一つなのです。

一方で、

運命とは、

自分の行動や選択、また自分を取り巻く環境、
状況によって後天的に生まれる人生の波の事です。

私たちの人生とは、

この宿命と運命の重ね合わせに
よって展開して行きます。

例えば、

何か思いがけないような出来事に
遭遇してしまったとき、多くの人が、

「これも運命だからしょうがない、、、」

と考えると思うのですが、

実はこれは正確ではありません。

その起きた出来事は宿命です。

しかしその程度の違いが運命と言えます。

なぜなら宿命と違い運命と言うのは
あらかじめ定められているのでなく、

むしろ行動によって、都合よく
自ら変化させて行くことが可能なのです。

人間には他の動物にはない
特別な能力があるのです。

ここが運気を上げる上での
最大の秘訣にもなるのです。

運命を変える口癖とは?

多くの人は宿命と運命を
ごちゃ混ぜに考えてしまい、

できもしない宿命をどうにか
変えようとして苦しんでいます。

しかし変えられる運命を
変えようとしなかったりします。

運命を変え、コントロールする
方法はたくさんあります。

このサイトではそんな方法を
余すことなく伝えていきますが、

運を都合よく変化させるために
今回まず覚えておいて欲しいのが、

ポジティブな口癖を身につける事。

ポジティブな口癖は
運を引き寄せてくれます。

明るい口癖は、

ドーパミン系の神経を多く刺激し

暗い口癖は、

ドーパミンの活動を下げます。

ポジティブな口癖が脳の活性化
に役立つのは、

大脳生理学でも証明されています。

自分の夢や楽しい事を口癖にすると、
人間の脳はそれを実現しようとします。

「今日も素晴らしい人に出会えた」

と口にすれば、さらに
良い人脈を引き寄せますし、

「今日も儲かっちゃってしょうがない」

と口にすればその口癖通りにお金が増えます

さらにこの口癖の秘訣は、

自分為だけでなく、誰が人の幸せのための
口癖は実現の力がより一層高まるのです。

「これが実現すれば社会の
役に立ち人々が幸せになって、
自分もお金持ちになれる」

そんな口癖を持っていれば
あなたのもとにはたくさんの
お金が集まるでしょう。

もしかしたらあなたの
職種や才能は天から定められた
宿命に従っているだけ

かもしれません。

しかし口癖を変える事で、

その成功度合いはまったく変わるでしょう。

宿命という人生の筋書きに
「良い運命」という上乗せが
たっぷりされるのです。

これは誰にも手軽に出来る
最も簡単な運命の変え方です。

運命を悪い方に向かわせる人とは?

逆に言えば、

「自分はだめだ…」
「期待するだけ無駄よ」
「疲れた」
「バカばっかりじゃないか」

などネガティブな口癖は、
脳にネガティブな情報が固定化されてしまい、

実際に悪い現実を引き寄せます。

宿命で言えば、

良い運命を消し去ってしまい。
悪い時はさらに悪くなってしまうのです。

コントロールができない物に
執着する事ほど

無意味な事はありません。

しかしネガティブ思考を持つと
どうしても変えられないところに
執着をしてしまいます。

ポジティブに物事を捉えれば、

自分がコントロールできる
ところだけに集中できます。

必然的に結果が出るという事です。

なので、失敗体験や、嫌な思い出でも、
なるべく口にはしない事です。

ネガティブな言葉にも
実現する力があるのです。

ネガティブな経験や感情は
口にしている限り繰り返される
事になるのです。

そしてネガティブな現象も
増幅されていってしまうのです。

しかし口癖を変えるのは
自分の意志の力です。

意図的に言葉使いを変化させる能力を
私たち人間は持っているのです。

そうです。

つまり、

運命は自らの意思で
変えて行くことができるのです。

だからこその運のマネージメント
方法なのです。

「一切の出来事は運命によって
あらかじめ決められている」

とする宿命論者もいれば、

「意志と選択によって運命の流れは変わる」

とする自由意志の間で
昔から論争が繰り広げられてきました。

しかし主張が対立する所には、
必ずどちらか一方に偏らない、

「中道」の道があるのです。

運命についてどちらの主張が正しいと
言いきるのは危険です。

矛盾した二つの主張は
運命に両極端の性質を現しています。

これからお話しする話しは、
こういった二つの事実を踏まえて、

人生に対する理解を深める
一つの大きな原理を伝えていきます。

まずはしっかりと宿命と運命の違いについて
把握するようにしておいてください。

 - 運気を味方に付ける成功法則