スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

安定して運気を上げるための秘訣は準備と感情コントロール

      2017/12/27

安定して運気を上げるための秘訣は準備と感情コントロール
今回のテーマは、

安定して運気を上げるための
秘訣は準備と感情コントロール

について紹介します。

安定して運のいい人と言うのは、
感情的に安定している傾向があります。

感情的にバランスの悪い人、
周りに当たり散らす人は、
運気を逃す人です。

例えば、あなたも
怒鳴られたり、怒りを
向けらてたりすれば、

相手がどれだけ正しくても、
その人のことを好きにはなれないと思います。

人間には感情があり、
感情をコントロールすると聞くと、

感情をかき消す事だと
勘違いしている人がいますが、

そうではありません。

むしろしっかりと感情に向き合い、
感情とうまく共存するスキルなのです。

これは誰でも伸ばせます。

そして感情的に安定しているためには、
自分と向き合う知性と感性が必要ですし、

どんな場面でも落ち着いて対処できる
準備をしている必要があります。

安定して運気を上げるための
秘訣は「準備」なのです。

不確実で混乱した時代に
突入したのではないか、、

と前回説明したのですが、

どんな時代の人であれ、
運と無関係に生きた人はいません。

運にほんろうされた人は、古今東西
いつの時代にもどの国にも存在するのです。

だからこそ、真剣に

あなたが運の良い人になりたいのであれば

まずは運にほんろうされないように
理不尽な出来事に出くわさないよう、

備えて準備しなくてはいけません。

安定して運気を上げる人の特徴

運が安定していい人には特徴があります。

これまで、
政治、ビジネス、芸術、学者など、

色々な世界で活躍する人たちを見てきて
彼らの成功していく姿を見ましたが、

彼らの人生は興味深いだけでなく、

彼らの周囲にいた人もかなり
興味深いものがありました、

彼らの多くは誰が見ても
成功する素質を持っているのに
なかなか結果が出ません。

なぜでしょうか?

よく見るとそういう人たちは、

たいてい、お金、時間、人間関係に
ルーズだったりすぐ感情的になる
傾向がありました。

「なぜか大事な所で遅刻したり」
「お酒の席で油断して失敗したり」
「なぜか無駄遣いが多かったり、」

なのでちょっとしたところで信用をなくし、
ここぞと言う時に実力を発揮できません。

感情のコントロールは
運にとっても最も大切な要素です。

なぜなら誰かのことを
好きになったり嫌いになったり
するのは感情だからです。

何かチャンスを上げようと思う時、
あなたならどこを見るでしょうか?

一人は、才能はあるけど、
お金や時間にルーズで感情的な人、

もう一人は、同じ才能があって、
穏やかで人間的に信頼できる人、

そこから一人選ぶときには
感情的に安定している人を選ぶはずです。

運気に選ばれる人も同じなのです。

準備こそが運をコントロールする秘訣

人間は準備というのが苦手です。

でも準備させしておけば、、

防げる不幸は不運は
たくさんあるのです。

傘を用意しておくからこそ、
雨にぬれずに済んだり。

日ごろから健康診断をしっかりすることで
大きな病気を防ぐことが出来たり。

日ごろから準備することで
災害にも対応が出来るようになったり。

しっかりと準備をする人間こそが、
安定して運気を上げられる、

運にほんろうされず幸運を
つかむことが出来るのです。

アスリートや歌手など
華々しく活躍している姿を見て、

「才能にあふれる人たちだな」

と感心してしまいますが、

彼らは結果を出すために
裏でどれだけ準備して練習しているか、

なかなか裏側までは見えません。

しかし、結果を出す人は
徹底して準備をします。

他にも例えば、

恋人とのデートの約束でも、
仕事での約束を取り付ける時でも、

それをうまく叶えられる人と、
なかなか実現させられない人がいます。

約束をしっかりと取り付けれる人は、
日程を具体的にふることができる人で、

約束を取り付けれない人は、

「また」とか「いつか」
と言う言葉ばかり使う人です。

なぜそんな言葉を使って
しまうかと言うと、

「その事に取り組む準備ができてない」

からです。

準備ができていないから、
具体的な日程に話しがふれず、

あいまいな言葉を使ってしまいます。

それではいつまでも欲しい現実は
やってこないのです。

待っているようで、
心の底ではそれを待っていない事なのです。

アインシュタインさんも言うように

「幸せは準備する所にやってくる」

運気に関しても同じことです。

適切な準備を出来る人は強いです。

慌てる事がありません。

だからその強さと言う土台に
安定した運が味方をするのです。

運の良い人は一日を夜からスタートさせる?…

長年、運を研究していて
気がついたことがあります。

運のいい人と言うのは
皆一日を夜から始めているのです。

「え?一日は朝から始まるのでは…」

と、一般的には一日のスタートは
朝だと考えられていますが、

実際に、開運と言う観点からみた場合、

正しい24時間の巡りは、

「朝から朝」ではなく「夜から夜」

なのです。

運のいい人にとって夜が一日の始点です。

そして朝日とともに良い気を
自分に取り込めるように、

「準備」をする時間なのです。

朝が一日で最も貴重な時間です。

生産性を上げる最も大切な
行為を朝の時間に投資できる人が
成功者になります。

その朝に備える時間が
実は夜なのです。

そうやって考えて活動している人は、

普通の人とはまったく異なった
時間の使い方をしています。

「明日の持ち物」
「明日着る服」
「明日はく

くらいは今夜の内に決めておきましょう。

できれば「TODOリスト、やる事リスト」
も夜のうちに決めた方が良いですね、

これは未来のための準備をする訓練です。

小さなことでも、こうした具体的な
準備をしておくことこそが、

未来を強く生きて行く上で、
どれだけ役に立つか、

実践するうちに大いに
実感できる事でしょう。

明日出かける準備を夜の内に済ませて
朝の迷いを一つでも消しておくだけで、

安定した運のいい状態を作り出せます。

もちろん、朝起きて「他の服が着たい」
と思ったならば変更して構いません。

周到な準備も、直感によるひらめきも

運気にほんろうされずに
強く人生を歩むためにどちらも必要です。

運から目をそらさずに直視する

安定して運気をあげるためには
なによりも「準備」が必要になります。

準備をしておけば
感情コントロールも可能です。

安心して安定して
次に備える事ができる、

いわば軸をしっかり持てる
人になれるのです。

そして、
そのためには運に対して理解を深め、
認識を変えて行く必要があります。

そうです。

これまで運に対して、
直視を避けていた人も多いと
は思います。

「目に見えないものは信じない」

と無視し続けてきた人も多いと思います。

しかし、これまで直視を避けていた
運に対して正面から向かい合って
いかなくてはいけません。

そこを避けて通れない時代に突入している。

私は強くそう感じるのです。

現代日本の社会は、
二極化の時代と言われています。

勝ち組と負け組に分かれ
金銭面での貧富の差だけでなく、

あらゆる面で格差が
生まれる可能性があります。

市場経済の徹底化、
グローバル経済の進展により、

裕福層と貧困層の二極化が進行しています。

さらに教育格差や富の分配のゆがみなど

それは世代を超えて確立しており、
意識や知識の二極化も進んでいるようです。

以前の日本社会では想像もつかない、

日本は世界でも稀有な
一億層中流の平等社会と
言われてきましたが、

今や、意識上でも知識上でも
上流、下流といった区別が分れる、
そんな格差社会が定着始めています。

さらに、
世に認められる職業に付き生活を
確立できている人がいる一方、

ニートや引きこもりなど
生きて行く目標が持てない、
自分を見失っている人も増えています。

「自分を確立している人」と
「自分を見失っていく人」

の二極化も進んでいるのです。

こんな混乱した時代こそ、
安定して運気を上げるスキルは
かなり重宝するものになります。

そんな二極化時代と運の関係は
かなり深いものがあります。

次回から詳しく紹介しましょう。

 - 運気を味方に付ける成功法則