スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

自分を好きになる、自分を豊かにするのも幸運体質の人の特徴

      2017/12/27

自分を好きになる、自分を豊かにするのも幸運体質の人の特徴
今回のテーマは、

自分を好きになる、自分を豊かに
するのも幸運体質の人の特徴

について紹介します。

前回、

運気の循環の法則と人に幸せを与えること
大切さを紹介したのに、

今度は自分のために…

だなんて矛盾しているのでは?

と感じる人もいるかもしれません。

しかし、

よく考えてください。

いくら他人を幸せに
しようと思っても、

自分が不幸であったら
何も出来ないのです。

かえって、他人に
迷惑をかけてしまう
可能性だってあります。

自分が幸せだからこそ、
他人の幸せも願えます。

例えば、飛行機に乗ると
いつも見る安全確認のビデオ

頭上から落ちてくる
酸素マスクをつけるのは、

まず母親が自分に付けてから
子供に付けるよう指導しています。

これもまず自分の安全が
確保されない限り、

周りを助けられない事の
教訓なのです。

いくらキレイ事を言っても、

まず自分を満たせないと
他人のために動けないのです。

だからこそ幸運体質を
作るためには、

まずは自分の幸せを
しっかりと整える事、

自分を豊かにすることも
運を良くするためには

非常に大切な考えなのです。

自分を好きになる事が幸運体質を作る

いつもラッキーが訪れる
幸運体質になる為にここで
大切な事は、

自分をたっぷり可愛がって
自分を好きになる事です。

自分のために何かをする事に
罪悪感を感じては行けません。

そして自分の中に
幸福感が満ちてきたらどうなるか?

その幸せを誰かに
分けてあげたいと思うように
なると思いませんか?

つまり自分を幸せに
するという事は、

結果的に他人を幸せにすると
言う行為に結びつく事になるのです。

自分「だけ」がよければよい

という考えはいただけませんが、

だからと言って
自分を無視しては

幸運はつかめません。

この事は最近の
新聞などを賑わしている
様々な事件を思い出してみると、

簡単に理解できるの
ではないでしょうか?

盗みや放火など、

世の中の不幸な事件を
起こした人々の動機で
よく聞かれるのが、

「最近は良い事がなく、
ムシャクシャしていた」

というもの、

逆に幸運体質の自分の心を
満たして幸福感を感じている人が、

このような犯罪を
犯す事はまずないと思います。

特に現代社会は
滅私を強制させるような
風潮がある事が多いです。

恨みや苦しみを抱えた
心が貧しい状態でずっと過ごすと、

ひどいときには他人を
傷つけてしまう行動に出てしまう
可能性だってあるのです。

そうは言っても、

ストレスだらけの生活の中で、

幸福感を感じるなんて
とても出来ないなんて言う
人がいるかもしれません。

そんな人にもとっておきの
方法を紹介しましょう。

運気が味方する幸運体質の人の特徴

中野裕弓さんという

素晴らしい運の達人がいますが、

中野さんは、もともと
東京にある外資系の銀行で
ストレスをいっぱいためて働いていた

OLさんだったそうですが、

ふと始めた瞑想をきっかけに
人生が激変したそうです。

自分自身を見つめ直すことを
きっかけに人生は向上して行きました。

ワシントンDCにある
世界銀行の人事カウンセラーに
抜擢され、

伝説のカウンセラーとまで
言われるようになったのです。

現在は、日本で講演活動や
キャリアコーチ、人事コンサルタント
としてご活躍されていますが、

彼女は自分を好きになる、
自分を豊かにする

幸運体質の人の特徴を備えています。

中野さんの著書

『降っても照っても大丈夫』
(英光舎刊)

で紹介されているのが、

「自分の心を満たす10のメニュー」

というものです。

これを実行する事で
自分の中に幸福が満ちてくると言う
行動を意識的にとるのです。

中野さんが挙げた例として

「自分のために花を買って部屋に飾る」
「おいしいケーキを食べる」
「お気に入りの音楽を聴く」

と言ったものがあります。

誰でも簡単にできて
しまうものばかりですね。

運気を変えるきっかけは
些細な事からでも可能なのです。

ここで中野さん流の
幸福行動の条件としては、

「他人に頼らない」

という事だそうです。

他人の力を借りず、
自分で出来るというのが
ポイントだそうです。

100歳を超えても元気な人の幸運術

幸運体質の人の特徴である

長所、ポジティブに目を向け、
短所、ネガティブは忘れる、

という性質は健康長寿の人も
必ず持っている習慣だと言います。

100歳を超えても元気
健康長寿な人は皆一様に、

クヨクヨ思い悩む性格ではなく、
楽天的な性格の持ち主だそうです。

の神経細胞というのは、

以前は年齢と共に萎縮して
衰えるものだと考えられていました。

しかし最近の研究では
いくつになっても新しい神経細胞が
脳に生まれることが分かってきました。

脳の海馬と呼ばれる部分は、
記憶を司どる部分なのですが、

海馬の役割は、

新しい記憶を作るだけでなく、
古い記憶を消す役割もあるそうです。

記憶の入れ替えをする訳です。

そして、この入れ替えが上手い人
の脳はいつまでも若々しさを
保つことができるのです。

過去の嫌な思い出したくない
記憶は捨てて行き、

新しい楽しい記憶だけを
入れて行く、

こうして幸運体質の
健康長寿は作られるのです。

フランスのギネスに乗った
世界一の長寿者の女性

ジャンヌカルマンさんは

85歳になってから
フェンシングを始めたそうです。

日本では昇地三郎さんは
95歳から中国語を学び始め、

三浦敬三さんというスキーヤーは
99歳の時にモンブランで
スキーに挑戦しました。

楽天的で、興味があることは
まずやってみる、

マイペースに新しいことに
チャレンジする、

そして自分が大好きで
ファッションも生活も楽しむ、

そして周りへの思いやりも忘れない、

それが世界の長寿者の共通点
のようです。

これは私たちも十分真似できる
習慣ではないでしょうか。

自分を好きになる、自分を豊かにする

私も仕事でもプライベートでも

ついついストレス
溜まってしまった時などは

この幸運体質を作る
法則を参考にして、

なるべくリラックスできるような
行動をとる事を心がけています。

美味しいと評判のちょっと値が張る
レストランに行ってみたり、

ジムに行って軽く運動してみたり、

前から欲しかった物を
思い切って買ってみたり、

テレビで見た人気スポットに
出掛けてみたり、

日常の生活とは
異なるちょっとした行動を
積み重ねる事で、

少しずつ自分の心が
和らいでいくのが分かります。

自分の心を満たす事を
意識的にするのは大切です。

すると次第にイライラが消え、

人に当たるという事も
なくなっていきます。

自分を好きになる、自分を豊かにする
習慣を積み重ねていくと

穏やかな心で人と
接する事ができ、

人の気持ちを考えられる
ようになるのです。

あなたの周囲にいる
運の良い人の特徴
思い浮かべてみてください。

幸せそうに生きている人
というのは、

自分のライフスタイルに
彩りを加え、

自ら生活を楽しもうと言う
前向きな努力をしている
という人が多いのではないでしょうか。

テレビや雑誌などでも、

豊かでリッチな生活を
している人の暮らしぶりを
紹介するものもよくあります。

彼らは毎日の生活を
自分できちんとコントロールして、

自分なりの楽しくなる
こだわりを持ちながら
暮らしているようです。

世の中の成功者で

「自分が嫌い、自分はダメだ」

と思っている人は皆無です。

私の知る成功者は例外なく

「自分の事が大好き」

と言っています。

自分を大切にし、
自分を好きになってあげる事、

たまには、自分を甘やかし、
豊かでリッチな気分で過ごしてみる
というのはどうでしょうか?

そして自分が満たされたら、

寄付をしたり、他人の喜びを願い
何かしらの行動に移す、

そうする事で
運気循環の法則により

自分に運気が巡ってくるのです。

まさにウィンウィンの関係です。

この関係が広がれば
日本の社会も豊かになるでしょうし、

世界ももっと豊かになりかもしれません。

またそこまで大きな事を
考えないとしても、

この法則を理解する事により

自分が何をすれば楽しくなるか
という事も分かるので、

自己分析にも役立つ事になるでしょう。

ぜひ実行して幸運を呼び寄せる
幸運体質の人の特徴を備えてください。

 - 運気を味方に付ける成功法則