スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

沖縄県、那覇市のパワースポット「波上宮」の効果と特徴

      2017/07/29

沖縄県、那覇市のパワースポット「波上宮」の効果と特徴
今回のテーマは、

沖縄県、那覇市のパワースポット
「波上宮」の効果と特徴

について紹介します。

那覇市の国際通りを抜け、
海を目指して歩いていくと

沖縄で最も参拝者の
多いと言われる神社に到着します。

それが、沖縄の一宮である
パワースポットである波上宮。

その名の通り、

「波の上にあるお宮」です。

今は、海水浴場として知られる

「波の上ビーチ」の横の、
こんもり盛りあがったような
岩山の上に立つお宮です。

もしかしたらここは、

その昔、海に突き出した浮島
のような場所だったかもしれません。

元々は沖縄独自の

ニライカナイ(海の向こうの神の住む楽園)
信仰の御嶽(うたき)だった場所に、

その後、神のお告げにより琉球王府が

熊野三神

伊弉冉尊(イザナミノミコト)
速玉男尊(ハヤタマオノミコト)
事解男尊(コトサカオノミコト)

を祀ったことが、
この神社の始まりです。

そもそも昔を辿れば、

崎山の里主が釣りをしていて
霊石を拾い、波上山に安置したところ、

熊野権現の神託があり、祀った
のが起源とも言われています。

沖縄県、那覇市のパワースポット「波上宮」

明治23年(1890年)

官幣小社に列格し
社殿が建設されたものの、

第二次大戦により焼失、

それでも、このお社は、
今も昔もずっと

「端城(はなぐすく)」
「なんみんさん」

と称されて、
人々に親しまれてきました。

赤瓦の美しい社殿は丹塗りで、

白亜の壁と沖縄らしい色彩で彩られ、
シーサーの狛犬が護っています。

波上宮の神さまは
海と深い関わりを持っています。

古代、琉球の人々は海の果て
のニライカナイに

(本土でいう所の「高天原」)
神々の国があると信じ、

この地から大海に祈りを捧げました。

こじんまりとしたお宮ではありますが、
内包するエネルギーが素晴らしく大きく、

大海原に向かって
無限の広がりを見せています。

晴れ渡る空で燦々と輝く太陽の力と

海から渡ってくる
柔らかな風のエネルギーが

訪れる人々を優しく包みこんでくれます。

宮は「神の場所」であり、

同時に

「身(ミ)を安(ヤす)らえる場所」

を意味します。

新しい命を生み出す子宮のような
温かいゆりかごのイメージを
描いてみて下さい。

心からくつろぎ、穏やかな
波間にゆられる感覚を感じていると、

卵から雛鳥が孵るように

これまでの自分の殻を破って新しい
自分が生まれるような気がしてきます。

海を越えてますます広がる活躍を願う、

開運のエネルギーが
沖縄という土地を守護し、

精霊と深く結び付いている
斎場御嶽(せーふぁーうたき)や首里城と

ここ波上宮が大きく異なるのは、
海を越えて外へ外へと拡がっていく
気質を持つことだと言えるでしょう。

波上宮からは、

沖縄という土地を離れて海の向こう
へと伸びて行く力が感じられます。

ここでの祈りは、
青い海と空を通して、

ずっと天に届いていきます。

海外を舞台にして
幅広く貢献したい時、

地元の人が本土へ出て行きたい
時などにここで祈れば

視野を広げ活躍する力を
もたらしてくれるはずです。

「波上宮」の効果と特徴

別の視点で見れば、

沖縄の大地と精霊のエネルギーを
大切に守り抜いてきた

斎場御嶽と首里城、

そして広く外へと向かって
開けて行くエネルギーを持つ
波上宮からは

陰陽の関係がうかがえます。

前者からは祖先の力を、

後者からは蒼く澄みきった
海と空のパワーを

バランスよく受け取ることができます。

沖縄の那覇にある
三つのパワースポットは

参拝する人をしっかりと
力づけくれる事でしょう。

ここ波上宮を訪れると

人生の落ちこぼれることがありません。

必ず波の上を行きます。

冗談のようで本当の話です。

これはどういう事かというと、
祀られているイザナミの神さまは、

死後の世界の人の心の
暗い部分を司る神さまで、

暗い部分というのは
悪いと言うよりも、

普段気がつかないで
ほったらかしにしている部分、

無意識の部分に力を授ける
神さまなのです。

そこに力が与えられると
力が開けてきます。

まさにまだ開けていない部分に
光を当てて、

その才能を開発してくれる神様です。

才能を持って世の中で
生きていけるようになります。

綺麗な海と「波上宮」の癒しの効果

太平洋戦争末期の沖縄戦では、
ここの社殿は灰燼に帰します。

そして昭和28年(1953)に

沖縄県出身のハワイ移民を始め
とする人々の熱意で、

見事復興が開始され、平成5年に
今の社殿は完成します。

本殿下の海水浴場から見ると、

まさに波上宮の名前の由来が
よくわかる気がします。

そしてここのおみくじは
面白くて、

裏に英語の吉凶か書かれています。

Goodは末吉、excellentは大吉

だそうです。

波上宮のお祭り

<節分祭>

2月3日の節分の日に行われる行事です。

海上守護や家内安全、
商売繁盛、厄災除などの
御利益で有名な波上宮で

一年の無病息災を願い、
節分祭がおこなわれます。

年男や年女らにより
豆やお菓子などがまかれ、

多くの参拝客でにぎわいます。

沖縄県、那覇市のパワースポット
「波上宮」の効果と特徴を参考に、

波の上を進むかのような才能を
開花する力を授けてくれる

波上宮にぜひ訪れて下さい。

アクセス

沖縄県那覇市若狭1-25-11

098-868-3697

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット