スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

高知県、四万十川のパワースポット、健康とゆとりの森の効果特徴

      2018/01/01


今回のテーマは、

高知県、四万十川のパワースポット、
「健康とゆとりの森」の効果と特徴

について紹介します。

四国内で最長の川で津野町から
四万十市を流れる

本流に大規模なダムがない事から
「最後の清流」として知られる四万十川、

高知県のパワーポットである
健康とゆとりの森は

平成18年(2006年)に四万十町に
合併された旧十和村のあります。

美しきしき四万十川の
蛇行した流れに抱かれる
水のパワースポットで、

人との関係で疲れた心を
癒してくれるでしょう。

高知を存分に楽しめる場所

この健康とゆとりの森は
約35ヘクタールの山林が
自然体験の場として活用されており、

野鳥や昆虫の観察ができるほか、
炭焼き体験やキノコ狩り、

山菜狩りなども楽しめる
楽しいパワースポットでもあります。

山頂の「展望の森」からは
蛇行した四万十川を見下ろすことができ、

高知の自然の景観美を堪能できます。

高知観光の際は、坂本龍馬の
ゆかりをたどる歴史探索や、

かつおのタタキを楽しむのも良いですが
自然スポットも満喫しましょう。

また健康とゆとりの森から
車で五分ほどの所に
十和温泉が沸いています。

綺麗な水を守る努力

「日本最後の清流」と
言われる四万十川は、

高知、愛媛両県にまたがる
四国第一の大河として知られ、

水源は県境の石灰岩地形
四国カルストの東端近く、

東津野村の不入山(いらずやま)
から発しています。

支流総数は318、流域面積は
2270平方キロメートルに及び、

実にその82.5%が高知県を流れ、
大きく蛇行しながら太平洋にそそいでいます。

川には200種類もの
水生生物が生息すると言われ、

アユ漁や青糊漁などが
現在も行われています。

ただ、

四万十川は、

ここ100年間に自然環境が激変し、
かつて上流域を占めていた自然林の持つ
貯水機能が著しく衰えて水量が減り、

環境破壊だけではなく、
自然の持つ秩序の乱れも加速しています。

日本の秘境100選にも選ばれていますが、

専門家による科学的な水質調査では、
決して水質が良いわけではない
とも言われています。

自然を癒し精神を癒す

流域や川の現状を改善して
復元する努力が、

四万十川の清流を維持するうえで
最も重要かつ緊急の課題なのです。

このスポットを訪れる人は
ゴミを持ち帰るなどのルールを
守りましょう。

森と山、川など自然から
たっぷりエネルギーをいただく代わりに
人間がやらなければいけない事は
たくさんあるわけです。

「欲しい、ください、」

と言うくれくれ君の
スピリチュアリティだけでは、

パワースポットの効果は
しっかり発揮できないのです。

自然に敬意を払う事で、
人の心は自然に還り、

自然もまた人間を受け入れ、
人と自然の調和が進み、

素晴らしい自然のエネルギーと
人間は再び交流できるようになるでしょう。

このようなパワースポットは、
自らの高い道徳心を示すことが、

場に溢れるエネルギーと調和する
コツとも言えるでしょう。

この四万十川にいると、
頭の中の雑念がリセットされ、

心身ともに清らかな
エネルギーで満たされていきます。

精神的疲労から肉体的疲労まで
溜め過ぎて

特ににっちもさっちも
いかなくなってしまった人は、

ここで水のエネルギーを
浴びてみて下さい。

特に周囲の人と、
言い争いが絶えない人、

長い裁判や、長引く話し合いで
精神的に疲れ切った人に
特にお勧めです。

人との関係で疲弊した精神と肉体を
癒すのにうってつけのパワースポットです。

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット