スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

広島県、宮島のパワースポット「厳島神社」の効果と特徴

      2018/01/01

広島県、宮島のパワースポット「厳島神社」の効果と特徴
今回のテーマは、

広島県、宮島のパワースポット
「厳島神社」の効果と特徴

について紹介します。

日本三景の一つ「安芸の宮島」
と呼ばれる瀬戸内海の厳島(宮島)に

世界文化遺産である壮麗な
安芸の国の一の宮

広島のパワースポット厳島神社があります。

もともとは島にいます心霊を
「いつきまもる」という意味から
名がついたと言われていますが、

かつては神官であっても
この島に住むことは許されず、

参拝に当たっては厳重な潔斎が
求められたと言います。

国の重要文化財にも
指令された朱丹の大鳥居、

国宝指定の本殿・平舞台・高舞台
などから構成され、

青い海の美しさと朱色お社の
美しさが一体化したその姿は、

まさに日本が世界に誇る
歴史と文化の遺産です。

社殿の創建は、推古天皇の時代(593年)
であると伝えられています。

九州の宗像神社を勧請したと
言う説もありますが、

現代の社殿は、平安時代末期に
平清盛が建造したもので、

平家一族の信仰を集めたことで、
神社は栄え、平家滅亡後も

源氏をはじめとする時の権力者の
崇敬を受けてきました。

広島県、宮島のパワースポット「厳島神社」

楠の自然木に丹塗りしたもので、

現在のものは明治八年に建てられた
八代目に当たるものらしいですが、

確かに眼を引く鳥居であり、
海の守り神の印象を強くしますが、

宮島と厳島神社のシンボルとなっている
海の中に立つ大鳥居をよく見て見ると、

その柱が特徴的な事に気づきます。

3本の柱が、鳥居の根元を
支えるこの構造は、

もちろん物理的に安定させる
働きもあるのですが、

素戔嗚尊(スサノオノミコト)
のことされる宗像三女神、

「市杵島姫命(イチキシマヒメノミコト)」
「田心姫命(タゴリヒメノミコト)」
「湍津姫命(タギツヒメノミコト)」

を表しているとも言えます。

この三神は、スサノオの剣が
三つに分かれて生まれたと言う所から

数を増やす力を持っていると
考えられますし、

また「タゴリヒメ」という名称からも、
切って増やして行くという意識を
見ることができます。

それは兵庫の西宮神社
柔軟な浸透力とはまた異なった

数が数を生んで影響力を広げて行く
ようなエネルギーのイメージです。

しかしながら、分派していく過程には
本質を見失ってしまうリスクが伴うものです。

この「本質を保った」部分を助け、
一本の芯を通してくれるのが、

同じく宮島にあるパワースポット
弥山(みせん)の力です。

厳島神社へ向かう前に
まずこの弥山に鎮座する
御山神社に参拝して欲しいと思います。

「厳島神社」の効果と特徴

この厳島神社を有名にしたのは
平家一門の権勢でしょう。

平清盛は厳島神社の
社殿建造に当たり、

全島を神域として保護し、同時に
宗像大社を平家一門の祖先神
として崇めます。

国宝として有名な「平家納経」を
始め武具甲冑の類もこの神社に
数多く寄進しています。

そんな今ではすっかり観光名所に
なってしまった厳島(宮島)ですが、

それでも今なお島全体がパワースポット
としてのエネルギー効果に満ちています。

厳島神社の参拝の前にその入り口から、

徒歩で数分ほどの場所にある
ロープウェイに乗り、

真っ先に弥山に向かうようにしましょう。

ここは古くから信仰の山とされ、
多くの参拝客が登ってきた山です。

唐から帰国した弘法大師・空海が
立ち寄り、求聞持(くもんじ)の法を
修した地ということもあり、

そこから霊場としての弥山の
歴史が始ったようです。

「弥山に登らずして宮島を論ずる勿れ」

と昔から言われてきたこの山は、

山頂からの眺めこそが日本三景の
真価だとも長く伝えられてきました。

「厳島神社」のエネルギーの特徴

もちろん日本を代表する観光地で
時期によっては観光客が溢れ、

最近ではエネルギーも乱れがちに
なることもありますが、

やはり、強い気のある場所です。

また同時に、宮島を代表する
自然の宝庫でもあり、

珍しい植物の共生がみられる場所です。

頂上付近には数多くの巨石群があり

原始的な磐座信仰の風景を
思い描くことができます。

磐座の気を感じ取りながら
お山の力をたっぷりと受け取って下さい。

そもそも厳島神社は弥山から
流れる川と海の満ち引きの水が

融合した場所に造られています。

これは山の気と海の気の力をこの地で
すべて受け取ろうとしていた
と考えられます。

弥山からお山の力を頂いた後は、
できるなら、潮が引いてから満までの間を

厳島神社で過ごすと両方の気を余す
ことなく受け取ることができるはずです。

もしも人生にトラブルが生じているなら
逆に、引き潮から満ち潮の間が良いでしょう。

問題を引かせるように
二つの力を与えてくれます。

先見の明としての見る力だけでなく、
次の時代に一世を風靡するエリアに
入ることができます。

ですから常に時代に追いついていたい
リードしたいと言う人は、

厳島神社に行って、特に山の上ですが
そういう気を受け続けた方が良いと思います。

そうすると時代に外されることなく
流行に乗っていける人になります。

広島県、厳島神社のお祭り

<管絃祭>

旧暦6月17日に行われます。

平清盛の時代に始まったとされる
祭礼行事で、

天神祭(大阪府)
ホーランエンヤ(島根県)

と並び日本三大船神事の
一つとされています。

都で行われていた管絃遊び
(池や川に船を浮かべ管絃を
合奏する優雅な遊び)を

厳島神社の御祭神を慰める
神事として取り行うようになりました。

数が数を生むように影響力を増やし
拡げて行く力を授かるパワースポットが
厳島神社の力です。

広島県、宮島のパワースポット
「厳島神社」の効果と特徴を参考に

是非参拝に訪れてみてください。

アクセス

広島県廿日市市宮島町1-1

0829-44-2020

JR山陽本線・宮島口駅より
フェリーで約10分

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット