スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

島根県、縁結びのパワースポット「出雲大社」の効果と特徴

      2018/01/01

島根県、縁結びのパワースポット「出雲大社」の効果と特徴
今回のテーマは、

島根県、縁結びのパワースポット
「出雲大社」の効果と特徴

について紹介します。

日本を代表する
強力なエネルギーのある

スポットであり、
大社と名づける事が許されている
由緒正しい神社であり、

公式には「いずもおおやしろ」と読み、

「縁結びの神」と聞けば、
ほとんどの人がここを思い浮かべる
であろうと言う程に有名な

パワースポットである出雲大社は

『古事記』『日本書紀』の国造りの
神話に登場する、

由緒のある神社です。

明治4年に、現社名に改称するまで、

その所在地名から
杵築大社(きつきのおおやしろ)と
呼ばれていたそうですが、

現在でも各地に勧請された
境内内の中には、

出雲神社ではなく杵築神社
という名前を見ることもあります。

島根県のパワースポット「出雲大社」

出雲大社の御祭神は
大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)

有名な「因幡の白兎」の神話の中では、
サメに襲われ傷ついたウサギに

その身体を治す方法を教えたという
優しさと癒しの神さまであり、

80神を平定して国造りをしたり、

天照大神の御子に、
国譲りをされたおおらかで
懐の大きな神さまです。

天照大神に従い平和裡に
葦原の中つ国を天神に譲り、

新しい宮殿に隠棲しますが、

その隠棲した宮が、この
出雲大社だと言われています。

またこの神様が神話上で
最も妻神が多く、たいへん
モテモテな神さまでもあることや

神無月(かんなづき)

(一般に十月の事、出雲では
逆に神在月と呼ぶ)

の全国の神さまが集合する御神事で、

縁結びの神議(かむはかり)が
行われることから、

目に見えない縁を結びつける
ために神々が協議する

縁結びのおかげへと
結びついていったのだと思われます。

室町時代以降に、出雲の御師が
各地で活動し「縁談は出雲」を
広めたとも言います。

出雲大社が他の神社と違う独特の特徴

長さ13m、重さ5トンという
巨大な注連縄が一際目を引く社殿ですが、

こちらの本殿は、白木を用いた
簡素で直線的な姿の「大社造」で、

伊勢神宮の「神明造」と対置される、

神社建築史上、最古の様式とされています。

古代には、高さ32丈(96m)
もあったと伝えられ、

何度かの自然倒壊を経て、

高さが半減され、現在の
8丈になったと言いますが、

古代出雲歴史博物館では、

この当時の高層社殿の
再現模型を見ることができます。

また、柱の長さは三尺六寸になっており、
弥勒に通じているとも伝えられています。

また出雲大社の式年遷宮は60年です。

とはいえ、必ずしも定期的
ではないため「造営遷宮」と呼びます。

最近では平成25年、伊勢神宮の
式年遷宮と同年に行われた
非常に珍しいことでした。

この立派な本殿へお参りする時に、
注意したいのはお作法です。

ほとんどの神社が「二礼二拍手一礼」ですが、
出雲大社では「二礼四拍手一礼」ですので

しっかりと参拝しましょう。

この四拍を「しあわせ」と
解釈するとも言われています。

強いエネルギーを感じるスポットの効果

本殿への参拝後は、
本殿裏の素鵞社(そがのやしろ)へ、

瑞々しい苔に覆われた場所にある
そこには大国主大神の親神である
スサノオノミコトが祀られています。

素鵞社のさらに裏には
磐境(いわさかい)があり、

本殿とともにこの磐境の気を受けると
願いをかなえる力がいっそう
盤石なものとなるでしょう。

さらに、神さまの気を
よりしっかり受けたい時は

「おにわふみ」

をお願いしてみて下さい。

「おにわふみ」とは大国主大神の住まい
と言う御神域へ足を踏み入れることで、

出雲大社の拝殿受付で申し込むと、
天候の良い日ならば、

通常では入れない本殿の玉石がある
場所に入れてもらう事ができます。

御神域ですので、失礼のないよう
正装で行くのが望ましいでしょう。

伝承によると出雲大社はその昔、

天空にそびえる大きなお社
だったそうですが、

それを裏付けるように2000年には
巨大神殿の跡と考えられるような
柱跡や各種の祭具が発掘されました。

大国主大神は、

幽世(かくりよ:あの世、魂の世界)を
司る神とも言われ、

目に見えない、魂の縁を引き寄せる
導きの力も備えている神さまです。

巨大な神殿跡は、その御神気が
天に及ぶほど大きなものである事、

そして、

「天空=あの世=魂の世界」

につながると言う事を、

現しているのだと感じられます。

「出雲大社」の効果と特徴

大国主大神には、

「オオナムチノカミ」
(多くの地を持つ、役割を多く持つ)

「ヤチホコノカミ」「アシハラシコオ」

といった様々な別称がありますが、
こんなふうに多くの名を持つと言う事は、

多岐に渡っての力を有する
ということでもあります。

あらゆる方面に対して円満具足
に知恵と才覚を発揮します。

それはたくさんの人々のことを理解し
融和させることにつながります。

大国の主であるためには、
周囲の人々のことを理解し

諸般の事柄を融和させまとめ上げて
行く能力が必要だったわけで、

それは受け入れる柔らかさと
臨機応変さとも言えるかもしれません。

その為に出雲大社のエネルギー
の効果を受けると、

おおらかな人へと
成長できるようになります。

もう一つの特徴として、

男の失恋の痛手を癒してくれる
ナンバーワンの神さまです。

もう恋なんていい、仕事だけでいい
と言う人の中には、

過去、或いは過去世に失恋で
傷付いている人の可能性もあります。

そんな自分の中にある
深い傷を癒してくれて

新しい恋に踏み出すことができる力を
出雲のパワースポットは与えてくれます。

また、心の傷につける薬を持っている
神さまだと思ってよいですので、

セラピストやカウンセラーなど、
人を癒す職業の人にとっても
大きなエネルギーを与えてくれます。

島根県、出雲大社のお祭りの特徴

<神在祭>

旧10月11日から17日に行われる
神迎えの神事です。

稲佐の浜に神々を迎えるために
御神火が焚かれ、

龍蛇(うみへび)を神々の使者として
お迎えする神迎えが行われます。

神事が終了すると中央の神籬(ひもろぎ)
に宿られた八百万の神々を案内して、

3km余りの道のりを神官を先頭に
全国から集まった何千人もの
信者が行列して出雲大社に向かいます。

人をまとめ、柔軟に円満に物事を運ぶ
縁結びの神様がいるのが出雲大社です。

島根県、縁結びのパワースポット
「出雲大社」の効果と特徴を参考に、

ぜひ参拝に訪れて見てください。

アクセス

島根県出雲市大社町臼杵築東195

0853-53-3100

一畑電車・出雲大社前駅にて下車、徒歩約7分

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット