スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

和歌山県、紀伊山のパワースポット熊野本宮大社の効果と特徴

      2018/01/01

和歌山県、紀伊山のパワースポット熊野本宮大社の効果と特徴
今回のテーマは、

和歌山県、紀伊山のパワースポット
熊野本宮大社の効果と特徴

について紹介します。

古くから神仏習合の修験霊場
としての特異多彩な信仰圏として、

深遠な樹海や巨岩の地であることから、

古くから自然崇拝が起こり、
他界信仰の聖地となった、

和歌山のパワースポットは
紀伊山地奥深くにある熊野は

「神の野」または「隠野(こもりぬ)」
が語源だと言われています。

『日本書紀』の一書では、

亡くなった伊邪那美命が

「紀伊国の熊野の有馬村」に
葬られたと伝えています。

平安から鎌倉にかけて
上皇や法皇による「熊野御幸」
も多く見られ、

やがて参詣は庶民にまで広がり、

「蟻の熊野詣で」と呼ばれるほど、

切れ目なく人々が歩いた
ほど盛況を極めたと言います。

最近でも熊野古道を含めた
「紀伊山地の霊場と参詣道」は、

2004年に世界遺産として登録され、
多くの参詣客でにぎわっていますが、

今でもなお、神々の鎮まる地、
黄泉の国の入り口にふさわしい

幽玄なパワースポットであり続けています。

和歌山県、紀伊山のパワースポット熊野三山

熊野速玉大社
熊野那智大社
熊野本宮大社

の三山は、

その信仰の中心となる存在で、
中でも熊野本宮大社は

全国に3000社以上ある
熊野神社の総本宮として
信仰を集めてきました。

純粋な神の顕現力を持つのが、
熊野速玉大社、

魂のエネルギー、四次元の
エネルギーを現すのが熊野那智大社、

そして三山の主座であり、

神のエネルギー、魂のエネルギーを
現実界に降ろして行く役割を果たすのが、

熊野本宮大社です。

三社ではほぼ共通する12柱の
神々(十二所権現)を祀っていますが、

主祭神は、

本宮大社が、家津御子神
(ケツミコノオオカミ)

速玉大社が、速玉大神
(ハヤタマノオオカミ)

那智大社が、夫須美大神
(フスミのオオカミ)

なお速玉大社は神武天皇も
登ったという「ごとびき岩」を
御神体とする神倉神社を摂社としますが、

その祭神の高倉下命は
(タカクラジノミコト)
本殿にも祀られています。

また那智大社は那智の大滝を
御神体とする飛瀧神社を別宮とし、

その祭神の大己貴命は
(オオナムチノミコト)
本殿にも祀られています。

和歌山県のパワースポット熊野本宮大社

熊野古道の終着点である
熊野本宮大社は、

熊野の旅における
クライマックスとなるでしょう。

1889年に大洪水が起きるまで、
熊野川、音無川、岩田川の三川の中州に、

熊野本宮大社は置かれていました。

かつての本宮大社は
およそ一万一千坪の境内に
五棟十二社の社殿が立ち並び

現在の八倍もの規模であったと言います。

今は、水害を免れた社殿が
熊野川のほとりに遷っていますが

「大斎原(おおゆのはら)」
と呼ばれる旧社地にも、

御神体の一部が祀られており、

さらに日本一の大きさを誇る
大鳥居も2000年に建立されました。

旧社地・大斎原の地下には
温泉が流れていると言いますが、

熱く熱さられた、勢いよく昇る
水(湯)の気がこのパワースポット
にはありふれています。

この場所のパワーを一言で現すなら

「大願成就」

平凡な願い事より大斎原の
日本一の大鳥居が象徴しているような
思い切った願い事をすると良いでしょう。

神仏習合の時代、
熊野本宮大社では、

善人も悪人もすべて含めて救済する仏、
阿弥陀仏が祀られていました。

そんな気質もあいまって
善悪問わず、極限までをも求める
大きな願いには、

懐深く反応してくれるはずです。

熊野本宮大社にお参りする際には

まず大斎原を訪れ、その後に
社殿へと向かうのがいいでしょう。

熊野本宮大社の効果と特徴

参道の石段を登り切ると威厳のある
桧皮葺(ひわだぶき)のお社
(重要文化財)

にたどり着きます。

玉砂利が敷かれた境内は
神代を思わせる重厚な雰囲気に
身が引き締まる思いがする事でしょう。

御本社の御祭神の
家津美御子大神は、

スサノオノミコトの別名
とされていますが、

空へと向かっていく強い「木」の
エネルギーを持つのが、

熊野のスサノオノミコトの特徴です。

これは、大斎原で頂いた水のエネルギーを

「天へと伸びる木(気)」
として育むような力です。

水の力がなければ木は育ちません。

本社の前に大斎原を参拝するのは
「木(気)」と大きく育てるために、

先に水の力を頂いておくと言う
意味が含まれています。

この木性のエネルギーは

園芸家や造園業、フラワーショップなど
樹木や草花と関わる職業の人にも
合う御神徳でしょう。

本殿を出たら、再び大斎原へと向かいます。

参拝終了のあいさつをし、

感謝を持って大地から湧き上がる
エネルギーを受け取りましょう。

熊野は、影の柱となり日本という
国を支え続けてきたパワースポットです。

そして日本人の集合意識の
アーキタイプを長い間支えてきました。

神話の時代から脈々と続く
聖なる地のエネルギーは、

「日本古来のよさ」
「日本人が持つ純粋な精神」

を現代に取り戻すように
働きかけているのです。

願い事を叶えてくれる強力なパワースポット

また玉置、熊野合わせて熊野の
神域で、同じ神様なのですが、

出ている側面が違います。

玉置の神さまは願い事に関して
何から何まで良いとは言いませんが、

ここ熊野の神さまは、なんでもよい
と優しく願いを聞いてくれます。

役割と立場が違うと考えてよいでしょう。

気質は諸願成就、大願成就、

どんな願いでも叶えてくれます。

諸願成就というのは、

一見悪そうな願いでも
叶えてくれると言う事、

本当に悪い願いではないのですが、

例えば、

ライバルのあいつを抜いて
トップに立ちたい

あのライバル会社を抜きたい、

という多少闘争心がある願いも
叶えてくれるパワーを持っています。

実は愛のある意識を持っていれば、

相手のことを思わずにただひたすら
自分の会社が伸びることを
考えてしまうのですが、

そこに人間的な気持ちが入れば、

ライバルを意識するように
なってしまいます。

その状況を超えたい時に
人間的な願いもかなえてくれる
非常に懐の深い神さまです。

旅行全般の安全や旅行における
あらゆる恵みを叶えてくれる神様
でもあります。

これは、熊野の神さまの
一つの化身である

八咫烏(やたがらす)
として表現されています。

サッカー日本代表のエンブレムとして
も知られるカラスですが、

これはカラスというより黄金の
神の使いと思って下さい。

それが、現実的な物理的な
方向性の先に行って

未来を見据えて導いてくれます。

特に知らない土地に行く時や
海外旅行に行くときなど

熊野の神さまにお参りしてから
出かけるのが良いと思います。

和歌山県、紀伊山のパワースポット
熊野本宮大社の効果と特徴を参考に、

大きく勢いのある気を育て
大願成就を果たす

熊野本宮大社を訪れてみて下さい。

アクセス

和歌山県田辺市本宮町本宮1100

0735-42-0009

JR紀勢本線・新宮駅にて下車、または
JR紀勢本線・紀伊田辺駅にて下車
バス、タクシー、レンタカーで国道311号経由

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット