スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

奈良県、三輪山のパワースポット「大神神社」の効果と特徴

      2018/01/01

奈良県、三輪山のパワースポット「大神神社」の効果と特徴
今回のテーマは、

奈良県、三輪山のパワースポット
「大神神社」の効果と特徴

について紹介します。

奈良盆地の東南部、

「三諸の神奈備
(かんなび:神のいる場所)」

と言われる聖なる山・三輪山のふもとに

大和の国の一の宮
奈良県のパワースポットである
大神神社があります。

この神社は遠い昔、

大己貴神(おおなむちのみこと)

別名、大国主神(おおくにぬしのみこと)
という神さまが自らの幸魂と奇魂を
三輪山に鎮めたことに始まると言われます。

一般に神社は、本殿にご神体が
奉られそれを拝礼するわけですが、

大神神社の御神体は三輪山そのもの、

拝殿はあるものの
本殿はないという珍しい神社です。

拝殿の奥は、もうそこは山で
重要文化財である珍しい形の
三ツ鳥居が立ち

山と境内をくっきりと隔てています。

偉大なる自然の力を
神として崇拝してきた、

古代人の考える神と人
天と人との関係が、

ここではしっかりと
形をとどめているかのようです。

さてそんな奈良県のパワースポット
「三輪山、大神神社」の効果と特徴
について見て行きましょう。

奈良県のパワースポット三輪山、大神神社

霊山・三輪山は、
穏やかな稜線を見せる美しい山で、

その安定した円錐形の姿は
まるで天から降り注ぐ受け皿のような
存在に見えます。

御神体である三輪山は
天の気を地上で受け止め、

この世にしっかりとした神柱を
立てるための

土台となる役目を果たしているのです。

その昔、大和朝廷時代には

大神といえば三輪の神を指したことから

今でも「大神」と書いて
「オオミワ」と読みますが、

この名前にもお社のエネルギーの
効果の秘密が隠されています。

神という言葉の言霊は
「火水・かみ」であり、

火は陽、水は陰のエネルギーを表現、

そして三輪山の「み」は
「火水・かみ」の「み」に通じ

「水輪・みわ」にもなるために

水が輪となりクルクルと
回転しているような安定した
エネルギーを持つ事になります。

大神神社の御祭神の
大物主大神(おおものぬし)とは、

日本の国を造った大国主命の
和魂(にぎみたま)の部分だけとされています。

本来、魂は

「和魂(にぎみたま)」
=物事を包んで「場」にして行く力、

「幸魂(さちみたま)」
=広がっていく力

「奇魂(くしみたま)」
=無から有を生み出す力

「荒魂(あらみたま)」
=現実界に和魂、幸魂、奇魂を行使し、
発露させる力

という四つの純粋な働きを
持っていると言われていますが、

その中の和魂の部分だけという事は、
つまり「和」のエネルギーが非常に強い
神社であることが分かります。

三輪山、大神神社の効果と特徴

祭神の大国主命は、
国造りの神さまですかが

その神徳は幅広いことが知られており、

農工商全ての産業の発展開発、交通など
およそ人間生活全てに及んでいます。

加えて大国主命は
物事をまとめて行く神さまです。

単純に「争いを和する」だけでなく、

「意志の力で粘り強く交渉し、
現実世界をまとめて結果を出して行く」

このまとめ上げる「和」の力が、
やがて「商売繁盛」といった気室に
つながるとも言われています。

人間関係、恋愛、離婚問題、
訴訟ごとなどのあらゆるトラブルに
見舞われた場合、

「和」を大切にする大神神社の
エネルギーは、

スムーズな解決への道しるべを
指示してくれるはずです。

万能の神である大神様は

特に男性を美男子にしてくれる
といったエネルギーも持っています。

女性を美しくしてくれる神社というのは
いくつもあるのですが、

美男子になる神社というのは
あまりありません。

どんな男性でも男性的魅力を
持っているのですが、

それを見事に引き出してくれます。

人によっては、潜在意識で
その男性的魅力を出したくないと
思っている人もいるようですが、

そんな出したくない心を打破してくれます。

例えば、

無理やり男性的な魅力を引き出すような
優しい女性や、或いは厳しい女性が現れて、

絶対的に男性的な魅力を
引き出してくれます。

その過程の中で、男性的魅力を
出すのをやめようとしたトラウマをも
癒してくれるのです。

三輪山をご神体とするパワースポット

古事記、日本書紀の頃から
この山に神が宿ると人々は信じ、

三ツ鳥居空奥は神の領域として
みだりに足を入れず、

一木一草に至るまでも
手を触れずにきたのです。

そこで今日でも、広大な境内の
一角にある狭井神社にて

「入山者心得」を教わり、
登拝証のたすきを受け、

おはらいを済まさないと入山できません。

三輪山頂へは、境内の中にある
狭井神社横の登山口から入って、

約一時間から一時間半で到着します。

豊かな自然を堪能し、山の気を
十分に受け取りながら登りましょう。

頂上にあるのは、
やはり大きな磐座(いわくら)

弥生時代の遺跡も発掘されています。

ここが恐らく三輪山最大の
パワースポットと呼べる場所です。

天の光を一身に受け止める磐座の前で、
光の受け皿となった自分をイメージし、

天からの恵みを和して
受ける力を頂きましょう。

登山後は、狭井神社に参拝し
神社横にある「薬井戸」の
御神水を頂きます。

三輪山全体から湧き出ている
この御神水は

天の光が降り注ぐ山の
エネルギーが込められています。

御神水で難病が治ったと言う人もいる
強い癒しの力を持つ神秘の水

この水を頂いて始めて
三輪山の気を完全に受けた事になるのです。

奈良県、大神神社のお祭り

<繞道祭>

1月1日の午前1時から行われます。

古式により錐出したご神火を大松明に移し、
三輪山麓の神々の社18社を巡る
壮大な火の祭典です。

<醸造安全祈願祭(酒祭り)>

毎年11月14日
午前10時30分から行われます。

新酒の仕込みの季節を迎え、
醸造の祖神と仰ぐ大神様に
醸造安全を祈願します。

ふるまい酒もあります。

和歌の世界で言えば「うまさけ(味酒)」
という言葉は三輪にかかる枕詞であり、

「ミワ」という言葉は、

神酒あるいは酒を入れる器を意味し、

この神様は酒作りに古くから
関わりを持っていたのでしょう。

全国の酒造家からも
篤い信仰を集めているようです。

三輪山、大神神社の効果と特徴を
ぜひ参考にして、

大国主の和魂の力が
問題解決へと導いてくれる
大神神社へぜひ参拝しましょう。

また大神神社の近くには
箸墓古墳があったり、

天香具山があったり、
『古事記』『日本書紀』『万葉集』
の世界を楽しめる観光地でもあります。

不思議な雰囲気と共に是非楽しんでください。

アクセス

奈良県桜井市三輪

0744-42-6633

JR桜井線・三輪駅にて下車、徒歩約5分
JR桜井線、近鉄大阪線・桜井駅より
バスで三輪明神参道口下車、徒歩約10分

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット