スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

京都府、亀岡市のパワースポット「出雲大神宮」の効果と特徴

      2018/01/02

京都府、亀岡市のパワースポット「出雲大神宮」の効果と特徴
今回のテーマは、

京都府、亀岡市のパワースポット
「出雲大神宮」の効果と特徴

について紹介します。

丹後の国一宮の籠神社が元伊勢と呼ばれる

伊勢神宮のルーツであれば、

丹波の国の一宮は元出雲と呼ばれる
出雲大社のルーツなのかもしれません。

京都のパワースポットである
出雲大神宮で祀られているのは、

因幡の白兎の神話で有名な大黒様とは、

大国主命(オオクニヌシノミコト)

の事です。

日本の国を造り治めていた
大国主命はその後、

天照大神(アマテラスオオミカミ)
に国譲りをされて、

現在の出雲大社のある島根県の
出雲に遷られたとされています。

そして、その国譲りよりも前の時代、

この神様が鎮座されていたのが
ここ京都市亀岡市の出雲大神宮です。

大国主命と后神である
三穂津姫命(ミホツヒメノミコト)

を御祭神とし「元出雲」とも称される
パワースポットである出雲大神宮です。

その効果と特徴などを
一緒に見て行きましょう。

京都府、亀岡市のパワースポット「出雲大神宮」

京都は嵐山から保津川を遡った
川下りの出発地、亀岡から、

その河を望む小高い丘に
出雲大神宮は鎮座されています。

千年の社とも呼ばれ、

背後の千年山が御神体山として
祀る神社でもあります。

ここは出雲大社と並び
縁結びのエネルギーも高い
とされている神社です。

その理由は、大国主命が
天照大神に「国譲り」をしたことで

天の神と地の神の縁を結んだ
という神事に由来しています。

ただし縁結びと言っても
それは単に依存しあったり、

漠然と仲良くなると言う縁では
ありません。

互いが自立して
意識的に良縁を結んでいこう

という強い意志の力のもとで
生まれてくるのが、

このパワースポットによる縁の特徴です。

例えば「夫婦円満」を祈願した時、
お互いを大事にいつくしみながらも、

大願成就のために一緒に
努力し助け合って事をなしげる

というような縁を育てる力だと言えます。

ですから時には二人が衝突することが
あるかもしれません。

でも、それを互いの心を見つめ直す
きっかけだと受け止めることで

芯の通った深い関係が生まれるのです。

「出雲大神宮」の効果と特徴

こんなふうに、ただ優しいだけ、
都合が良いだけの縁とは違う、

本物の関係を作る覚悟がある時にこそ、
パワーを貸してくれる神だと言えます。

大国主命は、日本の国を
ひとりでまとめた訳ではありません。

須佐之男命(スサノオノミコト)をはじめ、
たくさんの神々の尊い協力のもと、

国造りを行いました。

私たちの人生においてもたった一人の
力では限られたことしかできません。

大きな成功の裏には、たくさんの
人々との良縁が必ずあるものです。

これから新しいことを始めたい人、
お互いが切磋琢磨し合い成長出来る
御縁を広げたい人は、

ここ出雲大神宮のエネルギーに
一度触れてみて下さい。

縁結びと言っても、
特にこちらから話しかけて
縁を結んでいくというような

縁結びの気質があります。

つまり色々なエネルギーを結んで
下さいとお願いすると、

自然と自分から気さくに話しかけて
行こうと言う気持ちが沸いてきます。

例えば、パーティーに行くと、
色々な縁が結ばれますが、

そんな時に自分から
名刺を差し出して自己紹介したり、

自分から人に働きかけて行くような
気質になる恵みを与えてくれます。

攻撃するような積極性ではなく、
穏やかで素朴に自分から
話しかけられる人になる、

縁が広がる功徳を与えてくれます。

自分からのアピールが苦手な人とか、
自分から人の話しの輪に入っていきたいと
思っている人にお勧めのパワースポットです。

有名な狛犬と真名井の水の効果

ここ出雲大神宮には
参拝者は昔から多かったそうです。

その中でも有名なのが
『徒然草』に出てくる聖海上人です。

上人が参拝した所、神前の狛犬が
後ろ向きに据えられていました。

ここで何かあるのでは…と
感じた上人は神主さんに尋ねます。

「この社の獅子の立て方は、
よほど由緒あることなのでしょう。
ご説明願えますか」

すると神主さんはこう答えます。

「さがなきわらべどもの
仕よりける奇怪に候ことなり」

…つまり「子供のいたずらです」

と本来の向き合う姿に据え直しました。

ここから「上人の感涙いたづらになりにけり」

と結んでいる一段があります。

この分の冒頭には

「丹波に出雲といふ所あり。大社を
うつしてめでたくつくれり」とあり、

ここ出雲大神宮での出来事
と言われています。

またかつて大国主命がいたとされ、
国常立尊(クニトコタチノミコト)が
鎮座すると言われている

御神体山・御影山は、

山全体が御神体であると同時に、
神の依代(よりしろ)となる、

神秘的な磐座(いわくら)を
多数有しています。

御影山に点在する神聖な
気を放つ磐座の前に立ったなら、

心を静かにし、自分が磐座に
なった気持ちになって、

意識を広げてみましょう。

また御影山からは「真名井の水」
が沸き出ています。

古生代の石灰岩層をつたって、
火山噴火で出来たマグマの
接触変成岩層から湧き出ている名水で

ミネラルのバランスがよく
含まれる理想の水です。

京都亀岡、出雲大神宮のお祭り

<秋祭>

8月18日、出雲さんの秋祭りとして
地元の人々に親しまれています。

夜店の露店が出店され、
奉納演奏も行われます。

<例祭>

10月21日、社殿創建が和銅2年の
10月21日と伝えられており、

この日を以て例祭斎行の日としています。

氏子崇敬者が祭典に参列して
厳かに行われます。

今も御神水として大切にされている
千年山の湧き水を人々は汲みに集まります。

そして、この辺り一面に広がる田、
それを潤す保津川の流れを見ても、

盆地全体の稲作の安寧を願った
神社だったのかもしれません。

島根にある出雲大社か、
ここ京都の出雲大神宮か、

どちらが本家の出雲の神さまか。。

という議論は不毛なものでしょう。

どちらも強力なパワーがあり、
神秘的な力で人々を守ってきた
場所なのでしょう。

強い意志の力で成功を呼び、
縁を呼ぶパワースポット

その効果や特徴を参考にして
出雲大神宮にぜひ訪れてみて下さい。

アクセス

京都府亀岡市千歳町千歳出雲無番地

0771-24-7799

JR嵯峨野線・亀岡駅より
バスで出雲神社前下車

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット