スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

三重県、鈴鹿市のパワースポット「椿大神社」の効果と特徴

      2018/01/02

三重県、鈴鹿市のパワースポット「椿大神社」の効果と特徴
今回のテーマは、

三重県、鈴鹿市のパワースポット
「椿大神社」の効果と特徴

について紹介します。

四日市市駅からバスで約50分、

鈴鹿サーキットで有名な山麓に
位置するパワースポットが、

「椿大神社」(ツバキ・オオ・カミノヤシロ)

ですが、もとより鈴鹿の街は
東海道と伊勢道との分岐点にあり、

交通の要衝でした。

それらを一望できる山麓にこの
神社は鎮座しておられます。

神々の世界での道案内の達人

…と言えば、

ここ三重県にあるパワースポット
椿大神社の御祭神である

猿田彦大神(サルタヒコノオオカミ)

が挙げられます。

この神様は天孫降臨の際に、
地上の道案内役を務め、

天から降り立った
瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を

高千穂の峰へと先導し、

国の礎を造ったとされます。

恐らく猿田彦大神は、

大国主命(オオクニヌシノミコト)の
代理を完璧に努めるほどの頼もしさを持ち

地理を知っていることに加え
地上にある全ての善悪正邪をとりまとめる
力を備えていたのだと思われます。

それでは三重県、鈴鹿市のパワースポット
「椿大神社」の効果と特徴について
詳しく見て行きましょう。

三重県、鈴鹿市のパワースポット「椿大神社」

この神話からも、
猿田彦大神のエネルギーには
二つの力があることが分かります。

その一つが、道案内の力

もう一つが、
邪悪を制してしまう力

しかし、「道案内の力」が
より強く感じられるのは、

伊勢の猿田彦神社であり、

ここ椿大神社は

「魂の道に逆らうような
一切の邪悪をパシッと抑え、

地上全てを総括する力」

が強く感じられるパワースポットです。

その理由は、

「椿」という漢字にも隠されていそうです。

つまり、

木=気と春の組み合わせには

「地上に気を張り広げる」

という言霊が働きます。

そのため

「地上の気を司る」=「地上の全てを統べる」

というエネルギーが強く働くと言う訳です。

また椿という字は

「道別大神」(ちわきおおかみ)
という道を知る神さまがその起こりで、

「ちわき」という音に「椿」
という文字を充てたと言う説もあります。

東海地方の車にはここ
「椿大神社」の交通安全お守りを
付けている方が多いですが、

それもこうした効果によるものでしょう。

「椿大神社」の効果と特徴

椿大神社の創始は、
紀元前3世紀とも伝えられています。

日本でも最古の神社とも言えるでしょう。

境内には松下電器の創始者
松下幸之助さんの寄進の茶室もあり、

各界の幅広い協力で守られているようです。

全国2500におよぶ
猿田彦大神を祀る神社の総本宮として、

また、伊勢の国の一宮として
椿大神社は長い年月を超えて、

人々の崇敬されてきた神社なのです。

伊勢国の一之宮は当然
伊勢神宮だと思い込んでいる人もいますが、

伊勢神宮は、日本全体の一之宮であり
伊勢の国一国のものではなく、

伊勢の国で定められる一宮は
この「椿大神社」なのです。

山からの清水が静かに流れる境内で、

参拝者を出迎えてくれるのが、

お手水舎にちょこんとあらわれる
カエルさん達です。

カエルと言うのはその成長過程に置いて、
オタマジャクシから手足を生やし、

姿を変えてカエルになります。

それは、自らを自由に変える
変幻自在の象徴で、

つまりは柔軟性を示しています。

いつも同じ自分ではなく、

状況によって、
臨機応変に対処していく。

この力は、このパワースポットが発する

「物事をうまく運び、全てを統べる」

というエネルギーにかかってきます。

本殿の参拝後は、
猿田彦大神の妻神である、

天之鈿女命(アメノウズメノミコト)
が祀られる別宮に向かいましょう。

「天の岩戸開き」の神話の中で

舞踊を披露したと伝えられる
この神様は、

芸道の祖神とされていて、

芸に道を歩む人をサポートする
「おかげ」があることから、

ここのお宮を訪れる芸能人も多いようです。

また、天之鈿女命は
天の神様でありながら、

地の神に嫁ぎ、最後まで尽くしました。

そうしたことから、
女性に忍耐力を与え、

夫婦円満に導くと言う
エネルギーを頂けると言う話もあります。

さらに、猿田彦の神さまというのは
道具を使う天才です。

神話に出てくる神さまの中には、
剣など何か持物を持っている
神さまが多いですが、

猿田彦さまの場合は、
長い槍を持っていることが多いです。

その槍を携えながら
道開きの神さまとして

行列の先頭に立って尊い人も
身を守って導く働きの神さまです。

自由時際に道具を使う力に
非常に長けていますので、

さらに天之鈿女命にも巧みさがあり。

実際に武芸として槍や杖を
上達させたいと願い人だけでなく、

筆を使うのがうまくなりたい、
楽器を使うのがうまくなりたい

という人たちに

上手く道具を使うための
ひらめきを与えてくれる力があります。

そして最後は、願いを現実化させる
龍神さまのいる庚龍神社に行くことを
おススメします。

境内には金龍明神の滝も流れていますので、
こちらも合わせてお参りすると良いでしょう。

三重県、鈴鹿市の椿大神社のお祭り

<春季例大祭>

毎年4月11日、午前中に
本宮大祭(講社大祭第一日祭)が
斎行されます。

午後には京都金剛流宗家による
神事能「鈿女」の奉納があります。

<秋季例大祭>

毎年、10月11日、午前中に
本宮において秋季例大祭が斎行され、

午後に神幸祭が行われ
神輿が巡航されます。

全国の猿田彦大神を祀る
神社の総元締であり、

歴史的にみても最古の部類の
属する神社であることは、

背後にある山々の磐座の発掘例
からしても間違いないと言います。

何より神主の山本家は、
猿田彦の末裔として世襲され、

当代で96代続いているという
話もあります。

変幻自在に地上を総べて、
道を極めるパワーを与えてくれるのが、
椿大神社です。

三重県、鈴鹿市のパワースポット
「椿大神社」の効果と特徴を参考に、

是非参拝に訪れてみてください。

アクセス

三重県鈴鹿市山本町1871

059-371-1515

近鉄鈴鹿線・平田町駅より
鈴鹿市C-BUSで約50分

JR関西本線・加佐登駅より
鈴鹿市C-BUSで約40分

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット