スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

福島県のシャーマンパワースポット「都都古別神社」の効果と特徴

      2018/01/04

福島県のシャーマンパワースポット「都都古別神社」の効果と特徴
今回のテーマは、

福島県のシャーマンパワースポット
「都都古別神社」の効果と特徴

について紹介します。

塩竃神社と並び
陸奥の国(福島県)の一宮である
都都古別神社ですが、

このパワースポットを霊的にみると、

古代からシャーマンが集いて、

地球や日本という素晴らしい生命の
まほろばを生み出す

重要な拠点の一つだった
という事が良く分かります。

純粋にそうした気のエネルギーを
育んできたパワースポットです。

都都古別神社の

都都というのは、
音を出す場所という意味で

例えば言霊の神として
知られる住吉大社の御祭神が

底筒男命(ソコツツノヲノミコト)
中筒男命(ナカツツノヲノミコト)
表筒男命(ウハツツノヲノミコト)

であることからも分かる通り、

まさに筒=音にまつわるスポットです。

福島県のパワースポット「都都古別神社」

この神社の創建は古く、

ヤマトタケルが東征の際、

夷賊を射た押した
矢野落ちたところを

矢着(八槻)と称して、
都都古別神社を創建したと言われ、

地元では通称

「やつき様、ちかつきさま」

とも呼ばれています。

『延喜式』には名神大社に、

また、明治期には国幣中社に
列せられ、

古くから信仰の中心として
崇められてきたことが伝えられています。

音というのは、鳴り響くものであり、
物事がなるという意味です。

また、古別というのは

ことわけるという意味で

そこから物事が始っていくさまを
示しています。

現在では非常に穏やかで
静かな山村と言った所にある
小さな社と言った佇まいですが、

いったん都都古別神社の神さまに
祈りが通じると、

音がことわけて成ると言う意味がごとく、

世の中にその祈りの内容を
現実化してあらわし

影響を与えるだけの
非常に強い力を持っています。

都都古別神社の効果や特徴

例えば、日本の国の発展を思えば、
確実にその願いが日本の国に
形として現れてきます。

個人に現れると言うよりも
世の中に現れる性質のものです。

願う際には、いくつか心根の
条件があります。

まず私利私欲ではない事、さらに
心底人々の幸福を思うここで祈る事。

そして日本という国と、

国民の未来永劫に渡る発展性を
深く思いながら祈ることが大切です。

例えば、人々の幸せを祈ることで、

これからの流行を作り出したいと
思っている人にもお勧めです。

ファッションデザイナーや
人類に本当に役に立つアイデアが
思いついた人などはぜひ訪れて

祈り、その恩恵を受け取るのも
いいでしょう。

地球は、そして日本という国は
古代の人たちの愛の思いによって
成り立ってきた事を深く感じ

そのことに感謝することで、

都都古別神社の持つ恩恵を
最大限に頂くことができます。

訪れるのに効果的な季節は初夏です。

時間帯は、昼間の13時から
15時くらいがベストです。

その時間帯が最も共鳴しやすい
時間帯となっています。

福島県、都都古別神社のお祭りの特徴

明治以前の境内には、
仏教色が強く残り、

代々神職を務める八槻家は
別当職にあり、

熊野、伊勢などに先逹する
修験者であったとも言われています。

<御田植祭>

旧正月6日に、拝殿で行われる
国指定重要無形民俗文化財です。

神楽に合わせて稲作の
所作を演じる豊作祈願の神事で、
400年間行われています。

この祭礼では、

神職と神社にゆかりの
深い楽人と呼ばれる氏子が

稲作の過程を能、狂言風に
拝殿で模擬的に演じられる
予祝神事で、

この日は多くの参拝者で
境内は非常に賑わいを見せます。

<霜月大祭>

12月中旬の土日に行われる神事で、
五穀豊穣を祈願して神楽などを
奉納します。

この日は近隣町村からも
多くの参拝者が集まります。

流行を作り出したいという
願いを叶えてくれるパワースポット

都都古別神社です。

福島県のシャーマンパワースポット
「都都古別神社」の効果と特徴を参考に

ぜひ参拝に訪れて見てください。

アクセス

福島県東白川郡棚倉大字
八槻字大宮224

0247-33-3505

JR水群線・近津駅にて下車、徒歩10分

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット