スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

日本にはなぜパワースポットが多いの?地球のエネルギースポット

      2018/01/04


今回のテーマは、

日本にはなぜパワースポットが多いの?
地球のエネルギースポット

について紹介します。

日本は、狭い国土にもかかわらず、
パワースポットの数が群を抜いて
多いと言われています。

島国でたの文化の干渉を
受けにくい面もあったり、

逆に意識しすぎて影響を受けたり、
色々な面で特殊な国家です。

宗教観が薄いと言われる割に
スピリチュアルな文化は
根強く残っています。

パワースポットの一種である
神社の数も、

日本での総数では
コンビニエンスストアよりも多く、

そこに仏閣や自然のパワースポット
の数を足すとかなりの数になります。

日本は特別に作られた?

それではなぜ日本には
パワースポットが多いのでしょうか。

それは、身体の中のツボ(経絡)が
たくさん集中している場所があるように、

日本というのも、地球の中でも
ツボが集中している場所なのでしょう。

ではなぜ集中しているかと言えば、、

実際のところよく分かっていませんが、

日本に集中するように
働きかけた存在がいるのではないか
と個人的には感じています。

様々な角度から見てみると、

地球の中で、何か大きな力が

日本を特別な場所にする為の意図が
働いたのではないかとすら感じています。

私たち日本人は特別な使命が
あるのかもしれません。

その為にこれだけ強烈で
質の高いパワースポットが
日本に集まっているのでしょう。

もちろん全てを理解して
言っている訳ではないのですが、

そんな感覚がします。

日本に神社が多いのはなぜ?

またパワースポットと呼ばれる場所に
なぜ神社が多いかというと、

その昔、エネルギーの気質がある所に
人々が集まり、祈りをささげる中で、

それがそのまま文化風習的な
流れで神社になったと捉えるのが
一番正しいのではないでしょうか、

仏閣よりも神社が多いのは、
元々神社という形で出来上がった中で、

日本にあった神道という文化が
出来上がった土壌の上に、

のちに仏教が日本に伝来し、
信者が仏閣に変わってできたという
歴史的背景があり、

それがまた後の明治の時代の
廃仏毀釈という流れの中で
神社に戻ったというのが理由の一つです。

さらに、仏閣は心の世界を広く扱うので、

人々の苦しみや悲しみ救ってほしい
という気持ちがどうしても集中して
しまう場所になりがちです。

仏教は哲学的な意味も多いです。

葬式という死を取り扱う
という意味も大きいでしょう。

パワースポットを楽しむ

その意味でも、純粋な
パワースポットの力が、
100%活きていない所も多いのです。

もちろん仏閣に行くのが悪いのではなく、

それよりも、神社の方が
日本のパワースポットとして
多くあげられる理由なのです。

これから日本中のオススメの
神社など紹介していきますが、

何れにせよ心を自由にして
楽しむことがコツと言えます。

もちろん敬意や感謝の気持を忘れず、

パワースポットを活用することが
人生をよりよくする可能性は高いです。

具体的な成果を約束はできませんが、
人生が向上すると私は信じています。

日本人としてせっかく
日本に生まれたからには

ぜひ日本のパワースポットを
堪能し尽くしましょう。

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット