スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

そもそもパワースポットって何?その定義や意味、歴史や性質など

      2018/01/04


今回のテーマは、

そもそもパワースポットって何?
その定義や意味、歴史や性質など

について紹介します。

「何かその場にいると気持ちいい」
「不思議な感覚がする」
「パワーがみなぎって来る」

もちろん人それぞれ感覚は違えど、

そんな特別な場所が誰でも
あるのではないでしょうか。

最近では「パワースポット」は
マスコミなどでも大流行りですが、

そもそもパワースポットとは
一体何なのでしょうか?

もちろんこれという正解が
あるわけではないのですが、

私はこんな定義をしています。

まずはこんな風にイメージして見て下さい。

私たちの体の中には、
鍼灸の治療の際に使うような
ツボというのがたくさんあります。

さらにそんな中でも、
強烈な気を放っているツボが
たくさんあります。

そうした強いパワーを放っている
所を刺激して治療するのが、

気功治療や鍼灸治療です。

地球も人体もエネルギーが流れている

人体も大きなエネルギーの
循環をしているわけですが、

その中でも重要なポイントがあります。

気功や鍼灸では、
手から出す気のパワーや、
身体のある部分から出る気に刺激を与えて

気のめぐりを刺激したり、
整えたりして身体を活性化していきます。

すると全身の流れがスムーズに
なり健康になれたり、

心がスッキリするわけです。

そんな人体と同じように、

大地にも気の流れが強い場所や、
気が集中して噴出している場所があります。

さらに出ている気の質も違います。

それらの気を受けることで、
まるで大地からの気功治療を
受けているように、

心と体と魂が、

何かしらの変化やメリットを受ける場所がある。

それがパワースポット
なのではないでしょうか。

スピリチュアリティを取り戻す場所

現代は文明が進み
非常に豊かになりましたが、

これまでの科学技術の時代に
精神性は少し軽視されていた気がします。

それが見直されつつあるのが
昨今だと思うのですが、

その昔、日本では
特に神官と呼ばれる様な人たちや

今の言葉で言えばスピリチュアル性の
高い人たちによって、

そういった強いエネルギーの場所、
パワースポットが見出されてきました。

向かいは一部族に1人は
そういったシャーマンがいるのが
当たり前であり、

天地自然、森羅万象、

あらゆるメッセージを
受け取る事によって、

その部族がどのように生きれば
天地自然と共に栄られるか、

いわゆるアドバイザーとして
存在していました。

恐らくそれが今の日本でいう
神社や仏閣、聖域と呼ばれる
場所につながっているのでしょう。

そんな場所で私たちの魂は
何かしらの存在にアクセスできるのです。

パワーのあるスポットを楽しむ

そうしたシャーマンたちが、

「この山にはこういう気が流れている」

「この湖のこの場所には
このような気質の気が流れている」

などと感じたものを

みんなに伝えることで、
自然と場所が定められてきたと
考えられます。

それがパワースポットであり、

その恩恵は現代でも
十二分に受ける事ができます。

金運、健康運をあげたい、
というシンプルな動機でもいいですし、

自分の精神性を高めたい、

都会のストレスをリフレッシュして
パワーをチャージしたい、

など、どんな目的でも良いです。

まずは楽しむことです。

特に日本には素晴らしいパワーを持つ
パワースポットがたくさん存在します。

次回からそんな日本のパワースポット
について詳しく紹介していきます。

 - 世界と日本の「凄い」パワースポット