スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

星の動きの影響と天体の動きと占星術の周期性とサイクルの歴史

      2016/10/05

星の動きの影響と天体の動きと占星術の周期性とサイクルの歴史
今回のテーマは、

星の動きの影響と天体の動きと
占星術の周期性とサイクルの歴史

について紹介します。

前回紹介したような
天体の動きと歴史上の
出来事を分析して、

未来に起こりうる異変を
予測したのが占星術でしょう。

そう言う意味では占いというのは、

統計学を用いた科学的な
根拠を持つ「学問」の性格を
持つとも言えるでしょう。

16世紀から17世紀
にかけて活躍した

ドイツの天文学者
J・ケプラーさんは、

惑星の軌道運動の3法則

「ケプラーの法則」

を発見した事で有名ですが、

占星術の大家でもありました。

スポンサーリンク

占星術の周期性とサイクルの歴史

もちろん東洋の思想では
易学や占星術が発達していた事は
周知の事実でしょうが、

西洋でもこの傾向は見られます。

ケプラーさんは
天文学の研究から惑星の
活動と地球上の事件との
関連を読み取り、

フリードランド公
バレンシュタインの

顧問占星術師として、

生計を立てていたと
言われています。

この時代の人々にとって
天文学は不可思議な力を
秘めていると考えられていました。

空に散らばる無数の星の
ひとつひとつが、

地上の個々の人間と関連し、

その運命を握っていると
信じていたのです。

また古代人も、4大文明の時代から
天文学の発達は見られ、

星の動きの影響や天体の動き
が重要である事が分かっていたのでしょう。

シェークスピアが信じた星の動きの影響

心理学者のカール・ユングは
占星術に大変興味を示し、

深層心理のタイプ論である
ユング心理学を発展したと言います。

ケプラーと同時代の偉大な
劇作家であるシェークスピアは

『リヤ王』第4幕第3場の
ケント伯爵のセリフの中で、

“It is the stars, The stars above us,
govern our conditions,

else oneself mate and make
could not beget such different issues”

と語らせています。

これを日本語訳すれば

「星の力は存在する。天上の
星の力が人の気質を左右するのだ。

そうでなければ、同じような
男と女から、まったく違った子が
生まれるはずがない」

というような意味でしょう。

天体の動きと占星術の歴史

シェークスピアもまた

「星の見えざる力」の存在を
信じていたのです。

いかがでしょう。

もちろんまだ科学的に
占いの正当性が証明された
訳ではないですが、

前回まで紹介したように、
太陽の黒点の影響で

地球の磁場が変わるなど
影響がある事は興味深いです。

少なくとも、この宇宙の
中にある様々な

物理量の周期的変化が
この地球上の生物を始め、

あらゆるものに影響を
及ぼしているのだ。。

という実感を少しずつ
感じて頂けた事でしょう。

星の動きの影響と天体の動きと
占星術の周期性とサイクルの歴史を見ると
それをさらに実感します。

もちろん、日常のリズム
そのものと、

そのリズムを周期的に破る
物との両方が、

私たちにとって必要なのは
言うまでもありません。

スポンサーリンク

 - 人と宇宙を司る不思議な周期の法則