スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

天才が生まれるサイクル、太陽の磁気が脳、創造性に与える影響

      2017/07/29

天才が生まれるサイクル、太陽の磁気が脳、創造性に与える影響
今回のテーマは、

天才が生まれるサイクル、
太陽の磁気が脳、創造性に与える影響

について紹介します。

世の中には努力では
どうにもならない…

と言えるほどの天才がいます。

ちょっと私のような凡人には
想像のつかないような、

行動をしたり作品を作る人がいます。

そう言った才能には、

先天的な遺伝子や性格も
関係しているでしょう。

もちろん後天的な努力や環境も
影響するでしょう。

が、

宇宙が影響しているとすれば。。

かなり驚くべきことです。

前回まで経済や病気に関わると
紹介してきた太陽の黒点はまた、

天才を生み出す

と言う説もあります。

旧ソ連の科学者
ザヴァッチとマクシモフが
行った研究によると、

過去400年間に生まれた
偉人の誕生曲線の山は18あり、

その平均周期は22.7年となり、

黒点活動の極大期サイクル
11年周期と重なっている
と言います。

また、同じ旧ソ連の
イワノフ教授は

120人の作家、作曲家、
詩人を対象に

創造活動のリズムを
研究していますが、

最も良い作品を創造した時期が

いずれも黒点活動の
極大期と一致する

という結論を出しています。

太陽の磁気が脳、創造性に与える影響

賢さや才能というのは
生まれた後の

努力や鍛錬で決まるもの

という事が常識ですし、

もちろんその影響はあるでしょうが、

生まれた時の太陽の磁場によって、

天才が生まれたり凡才しか生まれない…

となると色々と考えさせられます。

でも前回までの仮説を前提にすれば、

太陽が私たちの知能に
影響を与えるということは言えそうです。

最近の研究のよれば、

脳の創造性は、
麻薬などによって

一時的に高揚させる事
ができると言う説がありますが、

薬の服用によって、

脳の平常の働きを変える
ということは、

創造性もある程度、外部刺激
によって変わるという事です。

例えば、

目から入った情報が
視覚野に入り音となったり、

耳から入った音が
聴覚野に入って映像に
なったりします。

そして、その時の
記憶を残したまま

正常になると、

それが音楽や絵画になります。

ということはつまり、

何かしらの刺激が脳に入ったならば、

普段は使っていない潜在能力が
活性化することは十分考えられます。

天才が生まれるサイクル

また興味深い事に、

そう言った科学的な脳の
変化に電磁気を用いて、

物理的に変化させる
ことができるというのです。

恐らく、黒点活動も、

磁気を変化させる事で
人体にも影響をし、

同じような事を
行っているのかもしれません。

それらは、脳梅毒の
初期症状や癲癇症でも
見られると言います。

こうした分野の研究について

K・ヤスパースの

『ゴッホとストリンドベリ』

などに詳しいですが、

いずれの研究の書も
磁界との関係で説明する
内容になっています。

これらの研究結果から、

黒点活動というのは、

人間の脳細胞を刺激して
興奮させるだけでなく、

精神の活動を高揚させ、

芸術家たちの創作意欲を
促進させる効果もあるそうなのです。

天才が生まれるのは磁気が影響

歴史の流れを見ると、

偉大な思想やや天才と
呼ばれる人たちの活動時期が
重なる事がある事に気づきます。

イエス、仏陀、孔子、モハメッドなど

同じような時期に活躍していますし、

中国では春秋時代後期にかけて

同時期に諸子百家と呼ばれる
数多くの思想家が輩出しました。

芸術界でも、

ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ

ルネサンスの三巨人と言われる
彼らの活動時期も似ています。

物理学では、
アインシュタインとボーア

などなど何かしらのサイクルも
見えてきそうです。

もちろん同時期の天才が、
天才のモチベーションを上げた、

という相互関係もあるでしょうが、

その時代はそれほど積極的な
関わりもなかったはずです。

才能や天才も太陽次第とすれば、、

私たちのパラダイムは大きく変わりそうです。

もちろん結論づけるのは早急ですが、
色々研究を進める意義はあります。

 - 人と宇宙を司る不思議な周期の法則