スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

古代エジプト、サロス周期に学ぶ人類のサイクルの発見と発展

      2016/10/05

古代エジプト、サロス周期に学ぶ人類のサイクルの発見と発展
今回のテーマは、

古代エジプト、サロス周期に学ぶ
人類のサイクルの発見と発展

について紹介します。

私たちが意識しようとしまいと、

人類はある周期性を持った
宇宙からの波動の影響を
うけてきた事は、

前回まで紹介してきました。

朝を迎えれば太陽は昇り、
夜になれば沈む、

こうした何気ない自然の
営みさえも、

ひとつの周期、サイクル
によるものであり、

当然人間の営みもこうした
周期に左右されます。

現代では私たちは、

こうしたものが地球の自転
という周期現象によって
引き起こされる、

一日のサイクルだという事を
知っています。

スポンサーリンク

サイクルの発見までの自然と人間

しかし、太古の昔まで
さかのぼれば、

我々の先祖にとっては、

太陽や月の動き、流れ星、
大雨、強風、潮の満ち引きなどの

自然現象を始めとする
森羅万象全てが神秘的な存在、

畏敬の念を抱く対象だったの
でしょう。

それゆえ、世界のあらゆる
国々における原始の人々は、

この世のありとあらゆるものを
神と崇めてきました。

一日のサイクルを例にとれば、

現代では理論的にある程度
解明されているばかりではなく、

普通の人々にとっては
何の疑問も持たない
昼夜のリズムも、

原始の人々にとっては
脅威の的だったと言う事も
想像に難くありません。

人類はまだサイクルを
発見していなかったのです。

人類のサイクルの発見と発展

特に闇夜の到来は、

「悪魔の悪しき意図のもと生じている」

かのような感想を抱いたのは
疑問の余地のない所です。

なかでも、

西洋文明発祥の地
のひとつである、

古代エジプトでは、

「日」と「月」の神である
「オリシス」と「イシス」
が天地を支配していると、

信じられてきました。

それゆえ、突如として
大地が真っ暗になってしまう
皆既日食や月食は、

大いなる不吉な出来事でした。

なにしろオシリスやイシスが
天地から消えてしまうのです。

人々を恐怖に巻き込んだのは
言うまでもありません。

しかし人類は何かしら自然に
サイクルや周期性を発見します。

古代エジプト、サロス周期

しかし、古代エジプトの
民たちは、

何度も経験を重ねるうちに

日と月の神が一定の
周期の中で姿をくらます
という事を知ります。

彼らは母なる河である
ナイル川の氾濫と、

この両神が姿を消す時期
との周期とが

軌を同じくする事を発見したのです。

ナイル川は日食、月食現象が
起こる年の、

しかも太陽が東の地平線に
昇る直前にシリウス星のでる
季節に決まって氾濫します。

エジプト人はこの周期を計算し、

ナイル川の氾濫が
6585日(18年と11日)
ごとに起こる事を知ったのです。

サロス周期に学ぶ人類と自然のサイクル

彼らはこれをサロス(繰り返しの意味)
周期と名付け、

太陽や月、そして惑星の位置や
動きが、

自分たちの生活に重要な
意味を持っている事を知り、

危険を事前に察知する方法として
記憶したのです。

ちなみにこのサロス周期による
ナイル川の水量の変動は、

既に現代科学によって
実証されています。

恐らく発見までには、
様々な苦労があったでしょう。

自然界で繰り返されるまで、

難題もの世代交代が
あったと思われます。

長い時間と明晰な情報収集と
データ分析の積み重ねが
あったと想像できます。

人類のサイクルの発見と進化

この古代エジプト人が
発見したサロス周期は、

文化人類学上でも
大きな意味を持った発見でした。

サロスという、

つまり「繰り返す」という概念は、

天と地に存在する万物が
目には見えないスケールで流転し、

そこには一定のサイクルが
存在すると言う

「周期思想」を人々に
植え付けたからです。

やがて彼らは周期思想の上に
天体の動きを知る事によって、

地上に起こりうる未来の
事象を予測する事ができる
という結論に達し、

その技術を身につけ、

さらに哲学にまで高めていったのです。

太陽の運行する周期から
黄道を発見し、

星座の運行がこれに関連している
という事を発見し、

黄道十二星座や十二宮などが
規定されていった事などは、

その典型的な例だと言えるでしょう。

一方で、惑星や星座の周期的な
配置に神を見出し、

未来を暗示すると言う
宗教的な側面の発生の
元になりました。

占星術氏が誕生し、
人々の運命を占う術が生まれたり、

『旧約聖書』や『ヨハネ黙示録』
の中で未来を宗教的に暗示する

「神の予言」にも、

周期思想は組み込まれていったのです。

古代エジプトのサロス周期の発見から

人類は様々なサイクルを発見し
発展させ、進化させていくのです。

スポンサーリンク

 - 人と宇宙を司る不思議な周期の法則