スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

妊娠期間、出産時刻、生理周期など女性のリズムに月が影響する

      2016/10/04

妊娠期間、出産時刻、生理周期など女性のリズムに月が影響する
今回のテーマは、

妊娠期間、出産時刻、生理周期など
女性のリズムに月が影響する

について紹介します。

「月のもの」

と言われる女性の生理は

天体の月の周期と同じ
であることは

広く知られています。

月経の周期は29日半です。

これは月齢の一ヶ月と
まったく同じ長さなのです。

やはり宇宙や自然のリズムに
あわされて人体の生活は
成り立っているという事です。

そして逆に言えば、

最近、流行っている
生理不順やPMSなど

女性特有の不調の原因は
こうした自然のサイクルから
乱されて起こってしまう

不調と言えるのかもしれません。

スポンサーリンク

妊娠期間、出産時刻のリズムに月の影響

前回紹介した海の動きや
血液の働きは、

月に影響されている、
という話ですが、

特の女性の生活リズムでは
こうした影響は良く
見られる傾向にあります。

25万回の出産記録を
調べたある学者は、

妊娠期間が月齢の
9ヶ月、265.8日である
という事を立証しました。

また、出産は満月時に
多いのですが、

これも陣痛などに月の引力が
影響するのではないかと言われています。

最近では陣痛促進剤を用いた
病院による計画分娩が
主流になっていますが、

自然な分娩を見ると
特有のリズムがあり、

こうした自然なリズムに沿う
生き方の方が、

実は健康的な生活を送れたりします。

女性の生活リズムに月が影響する

月が海の満ち引きに影響する
というのは良く知られていますが、

私たちは

「生物学的な潮汐」の
影響を受けています。

人体のおよそ3分の2は
水分で出来ていますが、

これは地球の地表面の
水面とほぼ同じである
とも言われています。

つまり人体でも

三分の二が海(血液)であり、

残りが「陸」(骨や筋肉など)
とも言えるのです。

また成分を調べてみると

海の組成成分と血液の組成成分は
極めて近い事も知られています。

こう考えてみれば、

人間が月そして潮汐の
影響を受けてるというのも、

こじつけとは言いがたいです。

生理周期など女性のリズムの不思議

女性の体温の
サーカディアンリズムと
生殖周期については、

ハッキリした関係が見られます。

目覚めた時の体温が、

その前の5日間の平均より
0.7度以上高ければ
排卵が起こりつつあります。

さらに月経周期の中期には
女性は風邪を引きやすくなります。

エストロゲンと言う
ホルモンによって

子宮頸部の粘液が薄くなり、
精子が排卵された卵子に
到着しやすくなるのですが、

このエストロゲンは鼻の
粘膜から分泌される
粘液までも薄くしてしまい、

風邪のウイルスの侵入を
容易くしてしまうからです。

月が影響する人体のリズム

狼男は満月になると
狼に変身するという伝説ですが、

月の満ち欠けによって
人体の精神や身体に
何かしらの影響を及ぼす

という事は良く知られています。

今後そう言った事例も
詳しく紹介していきますが、

ちなみに、

月からの影響については

アメリカの精神科医
A・L・リーバーの

『月の魔力』

という本に詳しいです。

多くのデータを元に
興味深い分析をしています。

ぜひ一読をお勧めします。

また、他のデータについても

フロイド・E・ブルームさんの

『脳の探検』という著書からも
得られるので、

併せて一読をお勧めします。

スポンサーリンク

 - 人と宇宙を司る不思議な周期の法則