スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

頭をよくする”まごわやさしい”の食材メニューの脳への効果

      2016/10/24

頭をよくする"まごわやさしい"の食材メニューの脳への効果
今回のテーマは、

頭をよくする”まごわやさしい”
の食材メニューの脳への効果

について紹介します。

ハンバーグやカレー、スパゲッティ、
フライドチキン、ラーメン

などしか食べない
極端な偏食に陥る人が、

年々増えているようです。

さらにファーストフードや
カップ麺で食事を済ます…

柔らかく食べやすく、
便利で保存も利く、

栄養は炭水化物と脂質に
偏っているものの、

とりあえず腹は膨れる…

味の種類も豊富で値段も手頃、、

となれば食べるのも楽チンで
考えなくなります。

しかし、お湯を注ぐだけ、
電子レンジでチンするだけで

食べられる食生活の流行をみると、
日本の将来も不安になります。

脳そのもの百害あって一利も無い
大脳生理学から言えば、

危険な食べ物なのです。

塩分が多く、化学調味料
添加物のデメリットがあり、

カロリーは高いです。

何よりも手軽すぎることが
脳への刺激をなくします。

そもそも食事そのものに関心がなく、

食べたいものを食べお腹が
満たされれば良いと思っている
人も増えていると言います。

それでもさしたる病気もなく
今後も大丈夫と思っているかも
しれませんが、

それは大間違いです。

偏食が続けば身体は確実に蝕まれ、

肝心の脳も栄養不足になります。

その結果、自分で考えることができない、
思考停止の人が出来上がり、

会社では指示待ち人間、
休日は家でゴロゴロするだけ、、

という「出来ない人」が
出来上がってしまうのです。

食育と言う言葉も浸透してきましたが、

しっかり実践しなければなりません。

そして意外にも簡単に脳に
良い食生活を送ることができるのです。

スポンサーリンク

頭をよくする食材メニューの効果

ここで頭をよくする
脳への効能がある食材として

「まごわやさしい」
(孫は優しい)

と言うのが秘訣になります。

記憶力を高める薬は存在しますが、

脳のドーピング剤のようなもので、
飲むだけで記憶力が驚異的に高まっても
その効果は一時的なものであり、

副作用によって大量の神経細胞が
破壊される危険性もあります。

なので薬には頼れない以上は、

どうすれば私たちは賢い脳を
作ることができるのでしょうか。

その答えは健脳食あり、

キーワードは「まごわやさしい」です。

ありがたいことに自然界は
私たちに頭をよくするたくさんの
食材を用意してくれているのです。

野菜は嫌い、魚は苦手などと
偏った食事をしていれば、

意志力、記憶力、持久力と言った
脳のパワーが低下してしまいます。

このことを肝に銘じれば、
偏った食生活は即座に改めましょう。

身体が本当に求めている
栄養価の高い食材を食べれば、

本当に美味しいと感じるはずです。

炭水化物、たんぱく質、脂肪意外に
ビタミンミネラルを多く含んだ食品を
なるべくたくさんとることで、

あなたの脳はみるみる活性化し、

その結果、記憶力も向上して行く事でしょう。

“まごわやさしい”の食材とは?

そしてそれが

「まごわやさしい」

と言う食生活改善メニューの提案なのです。

「ま」

は豆の頭文字をとり、

豆腐やみそ、納豆などの
豆製品の事、

「ご」

はゴマの頭文字

「わ」

はワカメの頭文字をとり海藻類

「や」

は野菜類の頭文字
特に緑黄色野菜がおススメです・

「さ」

は魚の頭文字

「し」

はシイタケなどのキノコ類

「い」

はイモの頭文字で、
サツマイモやジャガイモのなどの
イモ類です。

この7種類の食材を
上手に組み合わせることで、

健脳食メニューを食べることで
脳が活性化していくのです。

そこに「まごたちわやさしい」

と、

「た」卵
「ち」乳

乳製品、チーズ、ヨーグルト
など乳製品、

を含めることもできます。

この9種類の食材に主食を加え
上手に組み合わせてメニューを作れば、

健脳食として効果を発揮します。

まごわやさしいの脳への効果

例えば頭がぼーっとしたりするとき

それは脳にストレスが
溜まった状態と言えます。

こう言う時は

さ(魚)のサバがオススメです。

サバはDHA(ドコサヘキサエン酸)を
多く含みます。

DHAは頭を良くするとされる成分で
ネズミを使った実験では、

記憶学習能力が
急激に上昇する事が確認されています。

DHAは魚全般に含まれていますが、

白身魚よりも、
イワシや、ブリ、サバなど

俗にいう光り物に多く含まれています。

老化防止に役立つビタミンE
も欠かせません。

ご(ゴマ)の種子類や大豆
アーモンド、ピーナッツなどナッツに
多く含まれていますが、

認知症やアルツハイマーなど
脳の病気を防いでくれる
効果もあります。

わ(わかめ、海藻)では

昆布にも、頭の回転を良くする
グルタミン酸がたっぷり含まれています。

さらにコンプはヨードや
カルシウムも含みます。

ヨードは酸素の補給を円滑にし、

カルシウムは
興奮を鎮め、脳のストレスを和らげます。

昆布を多くとるためには

鍋物をするときに
他の食品と一緒にとると言いでしょう。

酢昆布も脳に効果のある
おやつと言えるかもしれません。

豆を食べれば脳が成長する

さらにやはりオススメは

まごわやさしいの

ま(豆類)

頭を良くしたいと思う人は
納豆がオススメです。

納豆の原料である大豆は
若返りビタミンである
ビタミンB2が含まれています。

また納豆に発酵させる事で、
タンパク質、脂質の量も
生の大豆より多くなり、

頭の回転を良くする
グルタミン酸も増えます。

乳酸菌など腸内菌の力で
消化も良くなり

便秘解消にもなり
より多くの成分を吸収できます。

というわけで、

納豆を意識して食べると
脳の老化防止になり、

また子供の脳の成長にも
好影響を与えます。

幼い時から納豆を
食べ続けた子供に

優秀児童が多いと言う報告もあります。

あるいは豆乳も言いでしょう。

豆乳には記憶力や集中力を
高めるレシチンが含まれており、

レシチンは、脳細胞や
神経細胞の主成分となります。

低カロリー高タンパク質であり、

調理する手間や時間もかからず
気軽に買って飲めるのも嬉しいところです。

朝どうしても朝食がとれないとき、、

朝食がとれないと
脳は働かないのですが、

どうしても時間がない時でも
とりあえず豆乳だけでも飲んでおけば

気軽に脳への栄養補給が出来ます。

まごわやさしいを使った食生活

頭をよくする脳への効能
高い食生活を送るのは

「まごわやさしい」の食材を
意識さえすれば簡単に実現できます。

例えば、

朝食メニューとして
生玉子ぶっかけご飯に、豆腐とわかめの味噌汁、
ほうれん草のおひたしがあれば

りっぱな健脳食の朝食メニューになり、

昼は焼き魚定食
デザートにフルーツをプラスします。

そして夜には

肉じゃが、納豆、海藻サラダ、
ドレッシングにゴマをブレンドすれば、

栄養バランスも申し分なしの
健脳食になります。

さらに、こうやってみると、

なんてことはない健脳食と言うのは
伝統的な日本食と言う事に気づきます。

食生活が欧米化したことで
様々な生活習慣病を引き起こしています。

むしろ欧米人の方が
すしや豆腐、納豆などに

ヘルシー食品として関心を向けています。

身体の健康を取り戻す意味でも、
脳を活性化させる効能のためにも、

私たちがいつの間にか見失っていた
和食、そしてまごわやさしいの食材を
バランスよく食べる、

残念ながら、頭のよくなる薬は
存在はするものの、

実用化はされていません。

薬一つで頭脳明晰…という時代は
もしかしたら将来訪れるかも知れませんが、

現実的ではない訳です。

しかしありがたいことに、

自然界には賢い脳を作る
食材が豊富にあるのです。

こうした食材を適切に使い
メニュー献立を立てて毎日食べれば、

脳の健康を保ちながら
その機能がぐんぐんと上がって行くでしょう。

食生活をもう一度見直してみましょう。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法