スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

目覚まし時計のデメリット、朝の起床時に爽快感を感じる工夫

      2018/02/27

会社や学校に行く人であれば、

大抵朝起きる時間は決まっています。

寝坊しないために多くの人は
目覚まし時計を使っているでしょう。

しかも万が一寝過ごさないために
大きな音のする時計を用意したり。。

でも朝の爽快感を感じることは、
人生を充実させる上で大事です。

そのための工夫として、
前回は太陽光で起きることを
お勧めししたが、

光だけでは起きられない人は、
自分のお気に入りの音楽で目覚める
というのはいかがでしょう。

決まった時間に好きな音楽が
自動的に流れるようにして起き、

目覚まし時計の機械音では起きない。

これを決めておくだけで
1日のクオリティが変わります。

目覚まし時計にはデメリットがあります。

1日のスタートは爽快感で
幕をあけるべきなので雨が、

ベルの音で目覚めた一日は
不快感でスタートとなってしまいます。

目覚まし時計の音を聞けば、

誰もがドキッと驚いて起床します。

これは精神的デメリットになります。

例えば、

上司や親にいきなり大声で
怒られ怒鳴られたらどうでしょう。

胸が痛み、苦しくなります。

クレームを言われた時、
お化け屋敷に入った時、
ガラスが急に割れた音、

胸が痛み、ドキドキして、
全身が一気に緊張状態になります。

もちろん1回2回そうなって
大きな悪影響はないでしょうが、

積み重なった時にデメリットは
実は計り知れないものがあります。

朝の目覚めの起床時、一日のスタートを

けたたましいベルの音で始めるか、
あるいはお気に入りの音楽から始めるか、

この積み重ねは人生に大きな
影響を及ぼすわけです。

理想的な目覚めは、

1.太陽光だけで目覚める

2.お気に入りの音楽で目覚める

3.けたたましい目覚まし時計で目覚める

こういった順番でしょう。

起きれるか心配な人は
この3つの段階を用意しておくのです。

目覚まし時計なしで
初めのうちは起きられなくても

慣れてくれば、最後のベルの
音が鳴り出す前に、

ちゃんと目覚めることができるようになります。

こうしたポイントも意外に大事なのです。

けたたましい音もデメリット
ばかりがあるわけではありません。

万が一に備えて目覚まし時計の
ベルもちゃんとセットしておく。

この保険があるだけで、
音楽だけで無事目覚められるか?…

という不安が解消され
ぐっすり眠ることができます。

起床時に爽快感を感じる工夫を
まずは取り入れてみてください。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則