スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

フレーベル教育の特徴:幼児教育の基礎となる世界初の幼稚園

      2016/10/22

フレーベル教育の特徴:幼児教育の基礎となる世界初の幼稚園
今回のテーマは、

フレーベル教育の特徴:幼児教育
の基礎となる世界初の幼稚園

について紹介します。

世界中の保育の現場で、
基本とされている事の中には

フレーベルが言い始めた事
という事がたくさんあります。

世界で最初の「幼稚園」を創設した彼ですが、

彼が考えた理想の幼児教育とは、

教育者、親の枠割とは、
どのようのものだったのでしょうか。

日本では少子化の影響で
早期教育熱が高まる昨今、

フレーベルの考えた幼児教育を
見直してみましょう。

スポンサーリンク

フレーベル教育の特徴

農業や建築を志し、
遂に教育という天職に巡り合った
フレーベルは、

学校や家庭で出会う多くの子供たちが、
親や教師からまるで

「蝋や粘土の塊でもあるかのように、
思うままに自由に扱われ」

子どもの生まれ持つ、

自ら生きる力が
損なわれている事に気づきました。

自然界の不思議に魅了されていた
フレーベルは、

幼児を人間という大きな樹になる
小さな種の内側には、

樹として育つ命の全てがあると、

そして幼児を

人類の欠くべからず
大切な一員として認め

尊敬と愛を持って教育しようと、

「子供たちの庭」
キンダーガルデン

を作りました。

子供たちかが持っている命の花を
咲かせるには、

熟練した園丁のような教師が必要です。

そのために、フレーベルは
幼稚園の教員養成に力を注ぎました。

こうして、近代における
幼稚園はフレーベルの実践のもと、

世界中へと広がったのです。

フリードリッヒ・フレーベルの生涯

Friedrich Frobel
フリードリッヒ・フレーベル
(1782~1852)

1782年、ドイツに生まれる。

生後9カ月で母親と死別、

教育者としての道を歩もうと決意したのは、
23歳の時です。

当時ヨーロッパで名高かった
教育者ペスタロッチーとの出会いが契機となりました。

1816年、「一般ドイツ教育所」を開設、
しかし財政難から閉園。

1837年「恩物」を考案製作、

1840年「遊び及び作業教育所」を設立、
幼児教育指導者のための講習を行う。

そして実習のために
ここに6歳以下の幼児約40名を集め、
これを「キンダーガルデン」と名付けました。

このころから次第にフレーベルの
幼児教育の思想が世間でも理解され始め、

各地で幼稚園が設立される。

1851年、プロイセン政府により
突然幼稚園禁止令が発布される。

翌1852年、病死

フレーベル教育のおける遊び

子供の内面の表現を引き出す
道具として「恩物」を考案する。

積み木や毛糸玉、リングなど、

シンプルながらも、子供が
自由に創造力を発揮できる
遊び道具として用いられてきました。

今でも「フレーベル積み木」は、
日本でも使っている園が多い。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法