スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

仕事が辛いから仕事が楽しくなる方法、仕事と不運と幸運の法則

      2017/08/02

仕事が辛いから仕事が楽しくなる方法、仕事と不運と幸運の法則
今回のテーマは、

仕事が辛いから仕事が楽しくなる
方法、仕事と不運と幸運の法則

について紹介します。

「仕事」と聞いて、

あなたはどのように
感じるでしょうか?

「めんどくさいなあ」

とか

「できれば一生働かないでいたい」

…などと感じる人も
多いかもしれません。

あるいはこんな矛盾した
夢を持つ人もいます。

「仕事で成功してお金持ちになって、

仕事を辞めて一生
働かずに楽に暮らしたい…」

仕事を辞めたいために
仕事を頑張って、

本当に成功できるでしょうか?

最近では、いわゆる仕事人間が
否定される傾向にありますし、

若くして働かないで暮らす
リタイア生活というのが

ちょっとした憧れにものなっています。

確かに仕事が辛くて、

家庭がめちゃくちゃになったり、
人生が不幸になった、、

なんて事になったら最悪です。

あくまでも仕事は自分の人生を
豊かにする
為のものであると
考えなければなりません。

もしあなたが「仕事」
と聞いてマイナスの感情が
わいてしまった場合は、

仕事運を上げる事は難しいでしょう。

実際、現在仕事で
成功している人は当然ながら、

仕事が大好きです。

仕事が好きで仕事が楽しいからこそ、

自分の力を全力で
出し切るようになり、

結果を残す事ができるのでしょう。

辞めたいなどとは全然思いません。

仕事と不運と幸運の法則

仕事運を上げる為の
第一条件として大切なのが、

何よりも仕事を好きになる事です。

スポンサーリンク

仕事と不運と幸運の法則

さて、

「そうは言っても嫌いなものは嫌い」

という人もいるでしょう。

そんな人の為に、

楽しく働く為の仕事が好きに
なる為の方法を紹介します。

まず、あなたは何の為に
働いているのでしょうか。

「お金を得るため」
「自分のキャリアを確立させるため」

と言った声が聞こえてきそうです。

これらの動機は、

要は「自分のため」に
働いている事になりますね。

もちろん誰にとっても
そういった気持ちが確実にあります。

お金のため生活のため、
欲しい物を買うために仕事をする、

ということを否定しません。

でも実は、この「自分のため」
に働くという事だけでは、

自分の力を出しきることは
なかなか難しいのです。

自分の為だけで働いていれば
仕事が辛いことにもなり、

仕事と不運の法則が働きます。

特に大きな壁にぶつかった時などは、

自分の為だけに働いていると、

乗り越えるまでに相当
苦労しそうな気がします。

それでは、どのような
動機で働くの良いのでしょう。

それは、

「あなたにとって、かけがえ
のない人や世の中の幸せの為」

に働く事です。

自分の為に行動していたときには
超えられなかった限界が、

周囲の為に動いた時は、

楽々と突破できてしまう。

あなたにもそのような
経験があるのではないでしょうか。

自分のことだけになれば、
サボってしまっても問題ありません。

だから「めんどくさい」と
感じてしまうのです。

でも誰かのためならなぜか
頑張ってしまうことがあるはずです。

これが仕事と幸運の法則なのです。

自分の為に働く、誰かの為の働く

人を喜ばせようと思って
行う仕事は、

通常よりも何倍も素晴らしい
結果を生み出すものですし、

仕事が楽しくなる方法でもあります。

この仕事と幸運の
法則を実践しているのが、

以前にも紹介した、

帝国ホテルの竹谷年子さん、

常にお客さまの事を思って
働いていたからこそ、

仕事で素晴らしい成果を
残せたのであって、

自分のキャリアの事ばかり
考えて働いていたのであれば、

あれほどの功績は
残せなかったでしょう。

人の為に働くという事は

通常では出せない力を出す
事も可能になるのです。

さてここで仕事が辛いから
仕事が楽しくなる方法を
実践していく上で

紹介したい人がいます。

それは西田文郎さんです。

西田さんは

イメージトレーニング研究、
指導のパイオニア的存在、

トップスポーツ選手の
メンタルアドバイザーや、

企業の社員教育、ビジネスマンの
潜在能力開発などを行っています。

数々の著作を残しているので
ご存知の方も多いでしょう。

サッカー界では

元日本代表の小野伸二選手、

バレーボールでは

オリンピックで活躍した
大山加奈選手などの

メンタル面を育ててきました。

そんな西田さんの著書

『人生の目的が見つかる魔法の杖』
(現代書林刊)

には、

「人を喜ばせる事によって
自分も幸せになれる」

という記述があります。

西田さんによると

「自分を喜ばせる幸せ」

だけで働いていると、

人間はなぜかマイナス感情
発生してしまうのだそうです。

これもまさに仕事と不運と幸運の
法則と同じ事と言えます。

仕事が辛いから仕事が楽しくなる方法

恐らく仕事が楽しいか、
辛いかの違いを生む要素として、

人間関係が大きく関わるでしょう。

確かに、

自分の為に働いていると

仕事がとても辛い
と感じてしまったり

悩みが生じてしまう
場合があります。

一方で、

人の為に動くと
苦労を感じる暇はなく

ただ必死に作業すると言う
面があるのも事実です。

そして仕事が楽しくなります。

同僚のためでもいいですし、
お客様のためでもいいです。

人に注目すると、

仕事は楽しくなります。

だからこそ、

人の為に動くと、

通常以上の能力を発揮すること
ができるのではないでしょうか。

そうすれば自ずと

給料や収入アップも
無理なく自然に実現します。

また、西田さんは、

人の為に動くと、

周囲の人も味方になって
くれるとも述べています。

誰だって、人の為に一生懸命
行動しているのが分かれば、

助けてあげたいと思いますね。

逆に自分の利益の為に
必死になっていても、

「勝手にすれば」

などと思われてしまいます。

人間関係、収入面、心の健康

楽しく働くだけで

どれも実現してしまうのです。

現在、仕事が辛いと
感じている方には、

一度、働く為の動機を
見直してみる事をおすすめします。

自分の為だけに働くと言う
モチベーションでは、

なかなか良い結果を出す事は
難しいのではないでしょうか?

例えば、

「自分にとってかけがえ
のない人の為に働く」

「お客様の幸せの為、
一緒に働く仲間の為に働く」

と言った動機に切り替えて
みてはいかがでしょうか?

何だか、とても勇気
わいてきませんか?

仕事と不運と幸運の法則
理解し実践する

そうするうちに、

仕事が楽しくなってきて、

仕事運もきっとアップする事でしょう。

スポンサーリンク

 - 運気を味方に付ける成功法則