スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

夢を叶える潜在意識の活用法、健在意識の扉を開く時間帯

      2018/01/01

私たちの普段の意識というのは、

顕在意識と潜在意識の間に、
硬く扉で閉じられていると言います。

だからこそ、

私たちは自分の本当の気持ちに
なかなか気づくことができずに、

自分が誰なのかを見失ったり、
自分が本当にやりたいこと、
本当に叶えたい目標

などが分からなくなってしまう。

そして他人の目を基準にしたり、
当たり前の常識にただ従って
生活をしてしまいます。

脳の大部分を占める
潜在意識にアクセスさえできれば、

本当の自分らしさをもっと
発揮できるはずです。

そして、ここで
グッドニュースがあります。

顕在意識と潜在意識の間の
思い扉が半開き状態になる瞬間が、

1日に数度訪れるのです。

その1つが、朝に目覚めた瞬間の
覚醒状態です。

半分寝ているけれど、
半分起きている。

そんな時の脳波は、シータ波と
アルファ波のちょうど中間の
7.5ヘルツ状態と言われています。

ここが願望実現のチャンスなのです。

この時に思ったことや、声に出したこと、
考えたことは、

そのままスーッと潜在意識の奥底に
入り込んでいき、

脳を支配するようになります。

潜在意識というのは成功への
自動誘導装置なのですから、

このオートパイロットを活用
しない手はないのです。

心理学的に言えば、

日中は真面目な社員としての仮面、
理想的な上司としての仮面、
良き夫としての仮面、
優しい母親であることの仮面、
気さくな友人としての仮面、

などなど、私たちは普段、

本来の自分らしさを強制するような
それぞれのペルソナ「仮面」を
つけていきていると言われています。

もちろんそれが悪いかどうかは分かりません。

しかし、本来の自分を見失い
人生に窮屈さを感じているなら、

その仮面は邪魔になります。

でも健在意識と潜在意識の
強固な扉の前ではその仮面は
そう簡単には取り外せません。

でも、その仮面を取り外した
奥にいる本当の自分に語りかける
チャンスというのは、

1日に何度か訪れるのです。

それはまさにダイヤモンドチャンス。

逃してはいけません。

寝る直前、起きた直後、入浴時、
トイレタイム、瞑想時など、

顕在意識と潜在意識の
扉が半開きになる瞬間を狙って、

自分を導いてくれる潜在意識に
アクセスしましょう。

夢実現へ自動的に導いてくれる
潜在意識を活用することは、
人生を充実させる上で大切です。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則