スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

夢を叶える脳機能を使った秘訣、黙読するより口に出す

      2017/12/25

あなたには叶えたい夢はありますか?

実はそれを実現する確率を
高めるためにちょっとした秘訣があります。

ここで、

「叶う」という漢字を
よく見てみてください。

口に出して10回唱える

と書きます。

つまり、夢というのは
口に出すことで、耳が声を聞きます。

それは目で黙読するよりも
何倍も効果的なのです。

言霊と言いますが、言葉には
強力な力が込められています。

しかしそれをうまく使いこなせるかは
私たち次第です。

夢を頭の中で考える‥

というよりも文字にして黙読する方が
叶う確率は増えるのです。

もっといえば、さらに文字を
音読する方がもっと良いですし、

同時に体を動かしていれば
なお良いでしょう。

五感をフル活用すればするほど
その効果は高まるのです。

実際にこの願望実現を日常の
なかで実践した達人がいます。

それが江戸時代の二宮尊徳さんです。

学校の銅像でおなじみの彼は、

背中に薪を背負って、山道を
歩きながら学問をしたことで有名ですが、

彼は、

「村をこのようによくしていきたい」

という大きな夢を持ち、口にしていました

さらに体を動かしながら、
仲間にビジョンを共有していたのです。

こうなれば叶わないわけがありません。

彼のスタイルは脳機能から
いっても理にかなっているのです。

さらに学習の成果を自分の
エゴのためだけではなく、

村民のために活用していました。

これこそが夢を叶える秘訣なのです。

夢を口にすることで、周りは

「へえ、それが君の夢なんだね。
それなら僕の知り合いの〇〇さんを
紹介するよ」

とか、

「それは素敵な夢ですね。
私に協力できることはありますか?」

…など、

黙読だけしていれば起こり得ないことも、

口に出すことで思っても見ない
意外な展開が訪れる可能性があるのです。

一人で閉じこもって妄想するのでなく、

体を動かし、口に出し、
周りをあなたの夢で感化させましょう。

こうしてあなたの夢を叶える確率は
どんどん高まっていくのです。

意外な展開が「とんでもない方向」
からやってくるかもしれません。

 - 未分類