スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

自然を観察して学ぶスピリチュアルな知恵、偉大なメッセージ

      2016/12/13

自然を観察して学ぶスピリチュアルな知恵、偉大なメッセージ
今回のテーマは、

自然を観察して学ぶスピリチュアル
な知恵、偉大なメッセージ

について紹介します。

前回は修行の場として、

四国八十八ヶ所のお遍路の旅

というものを紹介しましたが、

もっと身近に私たちは、

自然に触れることで、
学ぶことができるのです。

自然は偉大な教師であり、

私たちがその気になれば、

どんな事でも教えてくれる
最高の教科書でもあります。

学校で勉強する事も
本をたくさん読む事も大切です。

しかし自然から学ぶことは
たくさんあるのです。

都会の喧騒から離れ、

山や海、川や森などに
出かけると日頃のストレスを
うまくリフレッシュできるでしょう。

また自然で五感を刺激すれば、

五感を超えた感覚も
磨くことができます。

そもそも科学は自然の
観察から始まりました。

人の知恵や知識の原点や
スピリチュアルな気づきも

全て自然にあると言っても
過言ではありません。

それほど自然は偉大な
教師である訳ですが、

学校の先生のように
手取り足取り教えてくれる
訳ではありません。

厳しくも優しく、
残酷かつ愛のある先生です。

そしてだからこそ、

こちらから積極的に学ぶ
姿勢を持つ事が必要になってきます。

スポンサーリンク

自然を観察して学ぶ気づき

例えば、

台風が大木をなぎ倒していきます。

「こんな大きな太い樹でも、
ぼきっと折れてしまうんだな」

と、改めて自然の
脅威を学ぶことが出来ます。

ところがよく見ると、

そばの竹林の竹は
折れていません。

「あれほどすごい台風だったのに、
なぜ平気だったのだろう」

今度は竹を観察してみます。

竹をよく見てみると、

所々に節があって
中は中空になっています。

「なるほど、こういう
構造だと折れにくいんだ」

と、竹から強風への
耐久性について学べます。

しかしそれだけではありません。

竹がそれほど強くない
風でもしなる様子から、

次のような事まで理解できます。

「この程度の風でもしなるのは、
ビクともしない樹木に比べると
見た目は弱いな。

でも台風のような
強い風でも倒れないんだ。」

「弱そうに見えても、
しなければ結果的には強いんだ」

と言った哲学的な事まで
考えられるようになります。

最近ではテクノロジーが進化し、
生活環境はどんどん変わっています。

都会で生活する中でなかなか
自然に触れる機会がない

ということも多いです。

もちろんそれも自然の摂理です。

それもそれでもちろん
素晴らしいことですが、

人工的なものにだけ視点を置き、

自然を忘れてしまっている
人も増えてしまっているようです。

しかしそれは残念なことです。

自然を観察して学ぶスピリチュアルな知恵

動かぬ山、流れる川、曲がった木、
毎朝昇る太陽、その太陽が作る影、

知恵のある人は、

自然界のあらゆる現象を
観察する事から、

様々な事を考え、

生活に利用すると共に、

スピリチュアルな知恵を
発達させてきました。

そして信仰や宗教の元になる
思考を積み重ねていったのです。

それはもちろん今でも続いて
いることでしょう。

お釈迦様も、

曲がった影を見て
上を見上げてみると、

曲がった木がそこにあった…

潮の満ち引きで人が生まれ、

人が死ぬ事を知った。

自然の厳しさや慈愛の中から、

「いかにすれば人は平和で
幸せな生涯が送れるか」

を考え、悟りの境地に
入っていったのでしょう。

そしてそのときの心の
状態は無心だったはずです。

無心の心とは一切の
邪念を排した、

法爾自然(ほうにじねん)
『あるがままの姿の意』

の心の事です。

無心のこことで接したとき、

自然は無言の教え、メッセージを
私たちに与えてくれるのです。

お釈迦様も、そうやって
悟った内容を身近な人々に
伝えたのだと思います。

その教えを弟子たちが体系化して
宗教が出来上がっていったのです。

自然が持つ偉大なメッセージを
観察して体系立てた知恵なのです。

自然が教える偉大なメッセージを受け取る

しかし、自然が
そうであったように、

いくら立派な教え、
メッセージであっても

こちらがそれを受け入れる
気持ちにならなければ、

何の役にも立ちません。

大切な事は教える側ではなくて
聞く側にあります。

学ぶ責任は先生ではなく
私たち生徒の方にあるわけです。

心を開いて受け入れてみましょう。

そして目を凝らし耳を澄ますのです。

例えば、

月の満ち欠けを見る。

それを眺めているだけでは
何も学べません

月の満ち欠けを観察して

満ちたものは必ず欠け、
足らざるものは必ず増す

という事を思いついたり、

天の運行の法則を知る事で、

そこから人の生き方の道理を
導き出す事ができるのです。

風水や占星術なども
古代の天才がこうした自然を
観察する事から学び、

体系化していった知恵です。

自然を観察して学ぶ
スピリチュアルな知恵や、

偉大なメッセージなど

私のような凡人でもそこから色々な
気づきを受け取る事が出来ます。

自然は今も昔も変わらぬ気色で

私たちに無言のメッセージを
与え続けてくれています。

最良のメンターなのです。

私たちも聞く耳を持ち
学ぶ姿勢を持ち、見る目を持って

法爾自然に自然と接すれば、

自然は色々な事を
教えてくれるに違いありません。

スポンサーリンク

 - 運気を味方に付ける成功法則