スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

他人を恨む心、憎しみが不幸、不運を呼ぶスピリチュアルな意味

      2016/12/13

他人を恨む心、憎しみが不幸、不運を呼ぶスピリチュアルな意味
今回のテーマは、

他人を恨む心、憎しみが不幸、
不運を呼ぶスピリチュアルな意味

について紹介します。

「人は自分でまいたタネで
不運、不幸を招いても、

反省なく他人のせいにし、
そのあげく他人を恨み憎しみを抱く」

理不尽なようですが、

こう言う傾向は誰の心にも
潜んでいる性と言えます。

「自分は決してそんなことはない」

といえるのは今の気持ち
不幸ではないからで、

いったん深刻な不運、不幸を
味わってみれば、

気づかないうちに、
そういう心境になっていく
自分に驚くはずです。

それくらい人間は脆く弱い
ところがあり、

スピリチュアル的な意味でも
非常に注意が必要なこことです。

まずはここを受け入れなければ
いけません。

無視して見ない振りをすれば
さらに状況は悪化します。

残念なことに、

この状態はますます
人を窮地に追い込み、

不幸を増幅させる元凶となります。

スポンサーリンク

他人を恨む心、憎しみのスピリチュアルな意味

恨みという字は怨みとも
書きますが、

その字の成り立ちを見てみましょう。

怨みという字は

「夕べに自分の身と心が
押さえつけられて曲がる」

と書きます。

これは夜の闇に自分の
正常な心が見えなくなり、

自分の心が自分を
殺してしまうという意味なのです。

誰の心にも潜む気持ちです。

日本語には深い意味があり、

漢字にはスピリチュアル的な
深い意味があります。

死んでしまった心は
死後の世界、

つまり胎蔵界へ入り込みます。

胎蔵界というのは
仏教が説く死後の世界のことで、

そこのでの気流の速さは
ものすごく速く、

人間の視界を遥かに超えた速度です。

この気流に乗った怨みは
一瞬にして地球を一周して
自分の心に戻ってきます。

このとき、宇宙に浮遊している
他人の恨み、憎しみの魂までも
伴ってきます。

その結果、正常な人の
言動からはかけ離れた
行為に出るようなことが起きます。

いわゆるカルマ邪気といった
意味にも捉えられるでしょうが、

放っておいてよい訳ではありません。

切り替えができるのも
人間の持つ力なのですから。

他人を恨む心、憎しみの心の対処法

最近、常識からかけ離れたような
犯罪事件が起きますが、

「イライラしていたから殺した。
誰でもよかった。」

というような発言は、

他人への恨みや憎しみが
自分に戻ってきた可能性もあります。

こう言う自体になると
一人では制御できず、

スピリチュアル的には、

先祖のお墓参りをして
供養すると解決することもあります。

胎蔵界、死後の世界での
出来事はすべて

お寺や教会でなければ
収めることが出来ない
とも言われています。

これを実相界、この世で
病院に行って薬を飲んでも
解決はほとんど無理です。

このように他人を恨む心は、

自らを修羅の道へと
誘う危険性が高いのです。

他人へ向ける恨むエネルギー
憎しみの気持ちというのは、

想像を絶するほど
強力だからです。

そのエネルギーの大きさは、

他に振り向けられるはずの
エネルギーまでも根こそぎ奪います。

そのため恨んだ人は
一見活力があるように見えますが、

心身を急激に衰弱させ、
ときにはその人自身の
命まで奪ってしまうのです。

まさに不運、不幸を呼ぶ行為です。

恨む心、憎しみが不幸、不運を呼ぶ

人は誰でも自分で考えるよりも
遥かに強大なエネルギーを
持っていますが、

そのエネルギーの発現の
仕方が難しいのです。

でもなぜか恨みの心は
莫大なエネルギーをすぐに
供給してくれるのです。

逆に考えれば、

人は潜在的にそれだけ
爆発的なエネルギーを秘めている
ということです。

エネルギーはどんな場合も
転換の効くものです。

もしそれだけのエネルギーを

「前向きに生きる」

ことに振り向けられたら
ものすごいことが出来ます。

不幸、不運を呼ぶための
エネルギーでなく、

幸運、幸福を呼ぶための
エネルギーに使えたら、

…どれだけ人生は
好転するでしょうか?

思考のエネルギーを
フォーカスさせれれば

それは実現する物です。

ネガティブな事を思考すれば
それが実現し、

ポジティブな事を思考すれば
それが実現するのです。

ではどうせ実現するなら、
どちらを選択したいでしょう?

この点でのヒントになるのは
戦後の日本の奇跡的な復興です。

戦後の日本人は敵国への
恨みの心、憎しみを捨て

懺悔(反省)の心に立って、
持てる力を復興に向けました。

結果、世界歴史に例のないほど、
見事な復興を遂げたのです。

他人を恨む心、憎しみの
気持ちになったら、

前向きにエネルギー転換
考えることです。

人生を豊かに生きる秘訣が
ここにあります。

スポンサーリンク

 - 運気を味方に付ける成功法則