スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

盛運期と衰運期、気学を人生に応用し不運を避け、幸運を高める

      2016/12/09

盛運期と衰運期、気学を人生に応用し不運を避け、幸運を高める
今回のテーマは、

盛運期と衰運期、気学を人生に
応用し不運を避け、幸運を高める

について紹介します。

私たちは誰もが宿命と運命を
持っていますが、

自分の一生を考えるとき、

宿命と運命の違い
しっかり区別して理解する
事は重要になります。

宿命というのは、
命のあり方とも言えます。

例えば

「自分は男(女)に生まれたかった」

といってもこれは
土台無理な話しです。

「アメリカ人に生まれたかった」

といっても、
どうしようもありません。

自分で変えることの出来ない
それが宿命です。

これに対して運命は

宿命を背負った人が
どう生きて行くかの「動」
の部分を指すと言えます。

私たちは、

宿命としての

「自分が出来ること」

しか与えられていないことを知り、
自分を見つめることが大事なのです。

さらに、出来ることでも、
する時期があることも
知らねばなりません。

それを知らないと、

懸命に努力しても
いい結果が出ない、

無駄な努力となってしまいます。

そんなときに、

「運が悪い」と嘆く人が
多いのです。

スポンサーリンク

中国古来の知恵、気学を人生に応用する

中国四千年の知恵と
統計学から生まれた

「気学」というものがあります。

運気そのものを分析し、
盛運期と衰運期を区別し、

自分の運命をよい方へと進めていく
方法を体系化するものですが、

非常に勉強になります。

なぜ、そのようなことが
可能なのでしょうか。

おそらく人間も宇宙も
自然界の一部だからでしょう。

いかに考える能力があり、

科学を発達させても
自然を克服したかに見えても、

自然に対して人間が理解した
ことなど全体のごくわずか、

その克服率など1%以下に
過ぎないのでしょう。

人間も自然の偉大な力の
影響を受けざるを得ないので、

その自然に沿った生き方を
した方が良いのです。

自然には季節の移り変わりがあり、

時々刻々と姿を変えるように
人間の運気も時々刻々と変化
していくのです。

その運気を読み取ることを
体系化したのが気学なのです。

気学を応用し不運を避け、幸運を高める方法

ある保険代理店の
社長さんがいますが、

彼はある損保会社の
日本一を何年も続けています。

彼の幸運の秘訣は興味深いです。

彼は普段はお客さまの
ところに行っても、

営業の話しは一切しません。

それより、相手が困っている事の
手助けや欲しがっている
情報を提供する

便利屋さんに徹しています。

その代わりに、気学を応用し
お客さまとの相性がいい日にのみ、
営業の話しをするそうです。

もちろんそれだけが
好業績の要因ではありませんが、

気学を人生に応用し、上手に
活用した仕事をしているのです。

人は生まれながら自分に
与えられた宿命を背負って、

自分の運命を切り開いて
生きて行かなければなりませんが、

「いつ、どのようにしたら良いか?」

と迷ったようなとき、

気学から運気を読み取り
不運を避け、幸運を高める事は
大いに役立つことになります。

気学における盛運期と衰運期

気学の詳しい話しは
専門書などを参考にして
欲しいのですが、

現実的に、

一流の経営者や俳優、
アーティスト、

かつては徳川家康なども
この運気のサイクルを
非常に重視したそうです。

気学では各人の生年月日
によって、

運気を9種の星に大別し、

星ごとに

4年間の盛運期と
5年間の衰運期とが

交互に訪れ、繰り返される
としています。

つまり9年で1サイクル
ということになります。

盛運期は草木なら花が咲き、

実がなり、収獲の喜びが
味わえる時期です。

盛運期は次の盛運期のために
種を蒔き、

肥料や水をやり、

自然の猛威を防ぐと言った
耐える時期に当たります。

色々な人を見ていると、

例えば今が盛運期だ
ということを気づかずに、

熟した身を収獲もせず、
もっと大きくなるだろうと思って
ただ眺めている人もいます。

逆に、衰運期なのに

小さな新芽が大きく育つ
前に摘み取ってしまい、

「私は運がない、いつも損している」

と嘆いている人もいます。

盛運期と衰運期で不運を避け、幸運を高める

このように、気学で言う
盛運期と衰運期をわきまえずに
行動すると、

思いがけない失敗をしたり、

ツキのない運命に遭遇
したりすることになります。

逆に盛運期と衰運期を
よくわきまええて行動すると、

災いや不幸、不運を避け、

幸運を高める運命を
手に入れられる確率が高まります。

気学やバイオリズム
四柱推命など

さまざまありますが、

ぜひこうした自然の偉大な
法則から導き出された

気学という人類の知恵を知り、
利用してみてください。

もう少し言えば、

人生で最も大切なのは
盛運期よりも衰運期のほうです。

衰運期は俗に言う

「魔が差した」

としか言いようのない
失敗をしたりするものです。

そういう人生の暗転に
合わないようにするためには、

衰運期の過ごし方が
大切になってきます。

こう言う時期は、自分の
収獲を気にするよりも

「他人のために少しでも
お役に立つことをしよう」

と考えたいものです。

人間は誰しも

不運を避け、幸運を高めたい
と願っているものですが、

それを実際に実現するためにも
知恵として気学は参考になります。

なお運期というのは、
年齢によっても決まります。

盛運期は満年齢で

24〜27歳、33歳〜36歳、
42〜45歳、51〜54歳、
60〜63歳

それ以外は衰運期で、

人のために尽くしたりする時期
だとおおざっぱに覚えておくと
参考になるでしょう。

スポンサーリンク

 - 運気を味方に付ける成功法則