スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

豊かな人間関係を円滑にする印象を左右するコミュニケーション

      2017/12/27

豊かな人間関係を円滑にする印象を左右するコミュニケーション
今回のテーマは、

豊かな人間関係を円滑にする
印象を左右するコミュニケーション

について紹介します。

人間関係を円滑にするために
欠かせないのは、

些細なやり取りの際の
ちょっとした仕草です。

例えば、

頼み事一つされる時も

気持ちよく応えてあげたいと
思う頼まれ方と、

絶対にやりたくないなんて
思ってしまう頼まれ方が
存在するものです。

たとえ、本人に
そのつもりはなくても、

横柄な態度で頼まれた場合は、
やはり不快になってしまいますよね。

どうせ同じ行動をとるなら、

相手が心地よく受け止めてくれる
状態を作り上げる必要があります。

実際、上手く行動
出来るようになれば、

ずいぶんとスムーズに
人間関係が回っていくようになるでしょう。

これから人間関係を
円滑にする方法と、

豊かな人脈作りを生む方法を
お伝えしていきます。

いつも人間関係に
悩まされているという人は、

ぜひ参考にしてください。

これらの方法を実行すれば
不思議と悩みが解消されていくでしょう。

楽しい人生のために
コミュニケーションスキルは
重要な要素となります。

運気と豊かな人間関係の円滑の秘訣

運というのも
人を通じてやってくる場合が
多いものです。

人間関係を豊かにする事は、

運気を向上させるためには
欠かせない要素です。

例え、他の面が良くても、

人間関係がうまく行っていなければ
全てがダメになってしまう
可能性だってあるものです。

だからこそコミュニケーションが
重要な要素なのですが、

「どう行動すれば、
相手が心地よくなれるか?」

そんな研究を重ねる事も、

運を良くするためには
欠かせない事なのです。

こんな場合に参考になるのが、

佐藤綾子さんが推奨している
パフォーマンス学というものです。

パフォーマンス学とは、

好感を与えるための
会話、態度を学ぶ学問です。

「最高の自分」を
上手く見せる事によって、

人間的魅力を高めていく学問なのです。

佐藤さんは、日本での
パフォーマンス学の第一人者になります。

具体的な内容は、

佐藤さんの本を
読んでいただくとして、

普段の挨拶の仕方や
ものの言い方、歩き方に至るまで、

好印象を持ってもらうための
秘訣というのは、

あらゆるところに潜んでいると思います。

メラビアンの法則と印象コミュニケーション

初対面の印象でその人の
人となりを決めてしまう心理が
私たちには備わっています。

アメリカの心理学者
メラビアンさんの実験によれば、

第一印象に影響を及ぼすのは、

顔55%、声38%、会話の内容7%

…つまり、他人に与える
第一印象は、

話の内容よりもどんな表情や
声で話したかで決まるというのです。

これは「メラビアンの法則
とも呼ばれますが、

「やっぱり人はルックスで決まるのか?…」

と思われるかもしれませんが、

決してそう言う訳ではありません。

印象を左右するのは、
顔が良い悪いという事よりむしろ、

表情や話し方なのです。

例えば、同じ

「初めまして」

という挨拶ひとつでも、

明るくにこやかな表情で言われるのと、

緊張したような暗い顔で
言われるのとでは、

まったく印象が変わりますね。

表情の次に影響力が高いのが声です。

良い印象を与える為には、

低く大きな声で話す事です。

ぼそぼそ話すのではなく、
大きな声で単語ひとつひとつが
よく分かるように発声するのがコツです。

良い第一印象は、

相手との良好な人間関係を
築く為の大切な基盤になります。

特に初対面の人と会う時は、

あなたの良さを最大限に
アピールできるように
心がけた方が良いのです。

印象を左右するコミュニケーション

人はどうしても第一印象の
イメージで相手の人間性まで
規定しがちなものです。

例えば初対面のとき、

言葉遣いが悪く乱暴な
印象を与えてしまえば、

その後どんないい行いをしようと
「何だか怖い人」という
レッテルはなかなか剥がせません。

しかしこれを逆手に取って

第一印象で好ましい
イメージを与える事ができたら、

その後、小さなつまづき
があったとしても、

寛大に受け止めてもらえる
ようにもなれる、ということです。

私の周囲の人たちを見ても、

能力はあるものの、
どうして活躍できないのだろう、、

と感じる人は、

大抵が人間関係で
つまずいているケースが多いものです。

例えば、

言い方一つとっても、
柔らかく言うのとキツく言うのとでは

大分印象が異なってしまいます。

当然その後の、
展開も変わってしまう訳です。

私の場合、ものを借りるとき
言い方に気を配ります。

「○○を貸して」

という前に

「悪いんだけど~」

と一言入れてみるだけで、

だいぶ相手の印象が
変わってくるものです。

またそのときの表情を
決して無表情ではなくにこやかに、

言う時の口調は
冷たい言い方はせず、柔らかに言う

と言った事にも
気をつける必要がありますね。

人にはそれぞれ
個性がありますから、

自分なりの工夫をしてみると
いいと思います。

自分は今ひとつ、

コミュニケーションをとるのが
下手だなあと感じている人、

もう一度自分の態度を
チェックしてみませんか?

本当に些細な言動が
その人の印象を大きく
左右してしまうものです。

あなたの周りにいる
コミュニケーションが上手いと
思われる人の真似をするのも良いでしょう。

上手く表現できるようになれば、

周囲の態度も変わり、
円滑な人間関係を築く事が
出来るでしょう。

何度か紹介していますが、

相手の事を思いやる気持ち
こそが、

本当に大切だと思います。

 - 運気を味方に付ける成功法則