スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

人間関係の引き寄せの法則、前向きな人付き合いが成長を生む

      2017/08/02

人間関係の引き寄せの法則、前向きな人付き合いが成長を生む
今回のテーマは、

人間関係の引き寄せの法則、
前向きな人付き合いが成長を生む

について紹介します。

人として生まれた以上、

人間関係をマスターしなければ

幸せで豊かな人生は
送る事ができません。

しかし、、

この人とだけは
どうしても上手くやっていけない。

なぜかそりが合わないが
しょうがなしにつき合っている、、

そんな悩みを持っている
人は少なくないはずです。

しかしこうした人付き合いに
おける困難の事は

あなたを成長させるために
必要な事なのだ、

と前向きに捉えましょう。

以前にも紹介しましたが、

「困難の後にチャンスはやってくる」

の考え通り、明るくクリア
しなければいけない事なのです。

人間関係の壁や摩擦などは、

自分自身に対する認識、

またその人に対する認識を
改め向上させる事のできる

良いチャンスなのです。

繰り返し起こる人間関係の問題

あなたの周りに、

なぜかいつもひどい目に
合わされる異性とばかりつき合っている
そんな人はいませんか?

あるいは、職場であれば

なぜかいつも評判の悪い、
同じタイプの上司の下ばかりにつく、

なんて人もいるかもしれません。

もしかしたら、

このサイトを見ている人の
中にも当てはまる人が
いるかもしれません。

人付き合いにも
不思議な運の法則があります。

なぜ、いつも同じパターン
ばかり繰り返してしまうのでしょう。

それは、あなたがいつまで
経ってもその問題をクリアできないから、

同じ現象が繰り返し
セットされてしまうのです。

こうした人間関係の悩みを
上手く解決できる人とできない人がいます。

上手く解決できない人は
問題を相手に見出します。

解決できる人は
問題を自分に見出すのです。

コントロールができるのは
相手ではなく自分だけです。

「私たちが大きな問題に直面した時、

その問題をを作った時と同じ思考の
レベルでは解決することはできない。」

と言ったのは天才物理学者である
アルバート・アインシュタインさんですが、

人間関係の問題に
ぶつかったときも、

思考のレベルをあげなければ、
解決する事はできません。

人間関係の引き寄せの法則

私自身、実は、

どうしてもそりが合わないと
思っていた人と

一緒にいた時期がありました。

以前の会社の上司なのですが、

何だか私だけがやらなければ
ならない仕事量が多く、

その上司は何もやらない・・

という思いでいっぱいになり、

自分だけずいぶんと損をしている
と感じていた時期があります。

「同期の中で自分だけが嫌われている」
「あの人とは生理的に合わない」

などと考えていたのですが、

当時は、その人とつき合って
仕事をするのが苦痛でした。

しかし、その人と
早く離れたいと

どうもがいても、
会社を辞めないかぎり

人間関係を辞める事はできません。

しかし会社を辞める訳にもいきません。

人付き合いと波長の法則

そんな悩みでストレスを
抱えていましたが、

いつしか、これには何か
意味があるのではないかと

前向きに考えれるようになりました。

その頃から少しずつ
運気に関する法則を
研究し始めたのですが、

様々な本を読みながら、

自分の体験を振り返り分かったのが、

全ての人間関係の悩みも
自分が引き寄せた現象であり、

自分で解決をしなければ
いけないという事だったのです。

波長の法則の考えのように

自分の中にある何かが
この状況を作っていると
認識するようになりました。

特に、瞑想家として
ご活躍中の原久子さんの
本は大いに参考になりました。

原久子さんの本
『「運が良くなる」心の法則』
(廣済堂出版刊)

によれば、

「人間関係に問題がある
多くの人は、

『自分が正しくて、
相手が間違っている』

と思っている場合が多い」

という事です。

そしてまた

「自分が変われば、
相手が変わるか、状況が変わります」

ともおっしゃっています。

これはスピリチュアルな人付き合い、
人間関係の引き寄せの法則
考える上で示唆に富んだ言葉です。

自分が変われば人付き合いも分かる

この人間関係の法則を
知って以来、

私は、できるだけ
客観的にその上司のとの
関係を見直すようになりました。

そして前向きに考えるよう
意識をするようにしました。

どんなときでも、どんな場面でも、

私たちは相手の行動を
コントロールできません。

私たちがコントロールできるのは、

自分の思考だけなのです。

だから自分の人付き合いに関する
考え方を変えるようにしました。

自分では苦痛と
思っていたけれど、

実は相手にとっても負担になる
行動をしていたのではないか?

相手の事を本当に
自分は考えていたのか?

などと言った具合にです。

運気の法則によれば、

相手に幸せを
与えるようでなければ、

自分のところに良い運は
やってこないのです。

自分自身が変わり人間関係が変わる

こうして前向きに
自分自身を見つめ直していくと、

その上司が自分に対して
どれだけ期待をかけてくれていたか
が分かったり、

上司も様々な問題に真剣に取り組み、

私以上に苦労していたと言う事が
徐々に理解できるようになったのです。

こうして、自分の行動を反省し、

相手の事を考えた行動に
変えていく事によって、

状況が少しずつ変わり出しました。

やはり自分自身が成長し
視野が広く、高く見えるようになると、

一気に人間関係は変わると
実感するものです。

今ではその上司とどうなったか?

という声が聞こえてきそうですが、

その人とはプライベートの
事まで話し合えるほど、

仲良くなりました。

一番苦手と思っていた人が
実は一番信頼できる人だった。。

今までためていたストレス
どこへやらと言った

人付き合いが出来ています。

これは非常に面白い現象です。

まさに自分が前向きになる事で
素晴らしい人間関係を引き寄せています。

前向きな人付き合いが成長を生む

うまく行った時の
もう一つのケースとして、

その人との人間関係が
自然と切れる場合もあります。

もちろん客観的に見て
この関係がいらないと判断すれば、

その関係を切る事も成長の糧になります。

ズルズルと付き合う事が
成長を妨げる事があるからです。

私の場合は逆でしたが、

いずれにせよ、
仕事でもプライベートでも、

人間関係の充実は
人生の充実になります。

人間関係という字を考えてください。

人間と関わり、係わる、

人生とはその積み重ねです。

人間は時として、

自分の頃ばかり考えるように
なってしまいます。

そんなときに、

自分に合わないと思われる人が
目の前に出てくるものです。

たとえその人から逃げ切れたとしても、

また同じようなタイプの
人が再び現れてくるものです。

まず自分が変わり、
相手の事を思いやれる広い心を
身につける事によって

その壁は崩れ、

そして自分が成長した事が分かるのです。

その後には、より幸せな
人間関係が待っているのです。

もし、今どうしても
上手くやっていけない人が
目の前にいるという人がいたら、

ぜひともその人との
関係を見つめ直してみてください。

あなたが相手にきちんと
幸せを与えているかどうか

が、幸運の人間関係の
引き寄せの法則です。

意外と人は自分中心に
考えてしまっているのです。

前向きな人付き合いが成長を生みます。

積極的にまずは
相手のために動いてみましょう。

 - 運気を味方に付ける成功法則