スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

心の豊かさとお金、金運と一流に触れる生活スタイルの関係

      2017/07/28

心の豊かさとお金、金運と一流に触れる生活スタイルの関係
今回のテーマは、

心の豊かさとお金、金運と
一流に触れる生活スタイルの関係

について紹介します。

運気の流れも水の流れのように
上からしたへ流れる

という性質があります。

だからこそ、これも

金運アップのために
効果的な方法ですが、

普段の生活ではなかなか
味わえないような、

ワンランク上の生活スタイルを
先取りして楽しむという
方法があります。

各分野の一流と呼ばれる
ものに触れる事で、

エネルギーを分けていただける
ことがあるのです。

得てして現代社会は
偽物の価値が溢れています。

インスタントな食べ物に、
一回着たら捨てる衣服、
一度限りの人間関係や
暇つぶしだけの娯楽…

など、それなりに味わえるけれど
なぜか心が満たされないものが
溢れています。

そう言うものに囲まれれば
人生の質もやはり低下するものです。

ここで一流に触れる大切さを
教えてくれる事例として、

株式会社ベンチャーセーフネット
創業者の関口房朗さんという

ビジネスで大成功された
方がいるのですが、

日本ダービーと
米国ケンタッキー・ダービーを

制した世界的な馬主として有名で、

テレビなどで活躍もされていたので
ご存知の方も多いでしょう。

スポンサーリンク

関口房朗さんの金運の秘訣

まさしく金運の達人ですが、

関口さんはご自身の著書
『金持学』(宝島社刊)の中で、

「関口房朗、成功の金言」

として、

「本物の男になりたければ
一流に触れろ!」

と述べています。

この教えは男女問わずですが、

何千回と三流のものを
味わっていても、

いつまで経っても

一流の感覚に
触れる事は出来ません。

しかし一度で良いから

一流に触れれば、

その良さを実感する事が
出来るという訳です。

もちろんそんな一流に触れる
機会は簡単なものではないかもしれません。

値段が高かったり、
チャンスが少なかったり、

…しかし、少し背伸びをして
無理をしてでもそこに届くよう、

努力する価値はあるのです。

チャンスは一瞬であっても
そのチャンスを一度で持つかめば

人生は切り開ける事があります。

一流に触れる生活スタイル

この金運法則を知り
私も早速実践してみました。

例えば、普段は毎日の
ランチを1000円以内に
抑えていたのですが、

月に一度くらいのペースで

ある程度値がはり、美味しいと
評判のお店にいく事にしたり、

ビジネスミーティングを
高級ホテルのラウンジで行ったり

尊敬する経営者が使う
万年筆を使ってみたり

という事をするようにしてみました。

世界トップクラスに触れる…

というのは理想として持っていますが、
なかなか現実的ではなかったので、

まずできる事からスタートしました。

生活スタイルを少しだけ
背伸びしてみて、

できるだけ一流に触れる
ことにしたのです。

そうすると、

セルフイメージが高まるだけでなく
大きな学びを得る事が出来ます。

例えば、

そういう場所で出される
料理を食べると、

普段の食事とは全く別の
素晴らしい世界を堪能できます。

生活スタイルに刺激を与える方法

インスタントコーヒーでも
飲み続ければ慣れてしまい、

それにどうしても安住してしまいます。

わざわざお金や時間をかけて
美味しいコーヒーを飲まなくても良いや

とついつい怠慢な心が
行動力を抑えてしまいます。

しかしここで思い切って
上質のものに手を伸ばしてみる。

すると脳に大きな刺激を
与える事ができます。

料理やコーヒー以外にも

そこにいる店員さんの
立ち振る舞いや客層、

お店のインテリアに至るまで、

立地で独特なオーラを
感じ取る事ができ、

とても参考になるのです。

一度、こうした感覚を
マスターすれば、

一流の良いものが
どういうものなのか、

感覚的に分かるようになるのです。

このように一流のオーラに
触れておく事によって、

自分の心の豊かさを高める事ができ、

それに見合った状況が
引き寄せられるという訳です。

金運も自ずと高める事ができ、

以前に紹介した波長の法則を応用し、
お金を引き寄せる事が出来るのです。

始めは場違いな雰囲気に
戸惑ったり躊躇する気持ちも
生まれるかもしれません。

しかし、勇気を持って
飛び込んでいく事で、

想像以上に得るものがあるのです。

躊躇するのは最初だけで、

思い切って飛び込めば
想像以上のリターンを
毎回感じる事ができています。

金運と生活スタイルの関係

この金運を高める法則に
関連した方法をもう一つ紹介します。

これも金運の達人が
紹介している方法ですが、

佐藤富雄さんと言う人がいます。

医学博士としてご活躍され、

70歳を超えても、

ヨットや射撃、スキーや趣味と、
若々しく活躍されていますが、

「口癖の科学」

を確立された方で、
数多くの本を出されています。

そうして、多くの人々に
指導されているだけでなく、

佐藤さんご自身が自分の方法を使い、
健康で幸せで豊かに暮らしている

私が尊敬する方なのですが、

佐藤さんがご自身の著書

『「強運」を呼び込む7つの習慣』
(成美堂出版刊)

で紹介している方法というのが、

「財布の中身を増額してみよう」

というものです。

財布の中の金額を増やす事で

心に余裕が生まれ、
心の豊かさが高まり、

その金額のスケールにあった
金銭観が生まれる効果により

心お金や金運を引き寄せるのです。

今の日本の金利を考えれば

銀行口座にあっても
サイフの中にあっても
どちらも変わりはありません。

ならば財布にお金をたくさん入れて
お金持ち気分を味わう事は
有意義な管理法と言えます。

また財布はお金の住処ですので、

出来るだけキレイで上質な
ものを使うのも大切な事です。

ぐしゃぐしゃにして
ポケットに入れておく、、

という事をしていれば
金運も逃げていってしまうでしょう。

心の豊かさとお金、生活スタイルの関係

この方法も私は早速
実行してみたところ、

財布に入れる金額を
多くても3万円までだった
今までの上限を、

一気に6万円に増やしたのです。

最初は、ちょっと勇気が
必要だったのですが、

実際に行って見ると、

自分が豊かになったと
思える事が出来るようになり、

するお、ものの見方が変化し
心に余裕が生まれてくるのです。

そして良い波長を出す事に
つながったのでしょう。

財布に入れるお金の額が
増えたからと言って

無駄な出費が増える事はなく、

逆にもっと大切に
使おうと思えるようになります。

そしてこれを続けていくうちに、

少しずつ財布そのものの
値段が高くなっていき、

そこに入るお金の量も増えてきました。

まるで魔法のような効果を
感じたものです。

このように、

擬似的にでもワンランク上の
一流の生活スタイルに触れておく

という習慣を身につけつことで、

自分の心もそれに見合った
状況になり、

それに相応しい環境になる
効果があるのです。

五感を刺激して金運を高めよう

一流に触れるためには、

レストランやホテルだけでなく、

美術館へ行ったり
舞台を見に行く事も出来ますし、

ブランドの店に行く事も良いでしょう。

とにかく五感に刺激を受ける
色々な事を試して欲しいと思います。

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚に、

いつもとは違う刺激を与える事は、
脳と運気を高める効果があります。

今はまだ金銭的に
手が届かない…と思っても、

実際に近くで五感に触れる事で、

脳にイメージを
リアルに伝える事ができ、

思考の力で引き寄せることも
出来るようになるのです。

これは未来のリターンを
期待できる投資とも言えます。

自分を豊かにする事もでき、
人生が楽しくなります。

ポイントは、

心の豊かさに満ちた
状態を先取りして作り上げる
という事でしょう。

このポイントを外さなければ
様々なバリエーションで、

自分で創意工夫をする事が出来ます。

実に楽しく行える
金運アップ習慣だと思います。

ぜひワクワクしながら
実践してみましょう。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則