スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

古代チャネリング、テレパシー、予知で使われたパワーストーン

      2017/07/29

今回のテーマは、

古代チャネリング、テレパシー、
予知で使われたパワーストーン

について紹介します。

パワーストーンは
アトランティスをはじめ

古代の様々な文明で
使われてきたと言う歴史があります。

その存在については
未だに疑問視する人もいますが、

古代アトランティスは

偉大な、大変高度に発達した
文明を持つ国であった事を

裏付けるたくさんの情報が
チャネリングや過去生退行などで
得られています。

スポンサーリンク

クリスタルやパワーストーンは

アトランティスの文明においては
非常に重要なもので、

チャネリングをしたり、
宇宙のエネルギーを利用したり
することから、

記録を蓄えたりテレパシーによる
コミュニケーションを助ける事まで
様々な目的で使われました。

水晶が持つ天然の電磁エネルギーは
パワーを蓄え増幅するのに使われ

中でも精神を病んでいる人や
犯罪者傾向を示す人に対して、

神官たちは、心理的、肉体的、
霊的な変化を促すのに使っていました.

大きな水晶窟はヒーリングに
使われました。

その色彩、バイブレーション、
音響がヒーリングの効果を高めたからです。

これは後にエジプトでも行われ、
そうした洞窟の中には
今でも訪れる事が出来るものがあります。

そこには素晴らしいエネルギーがあります。

アトランティスの人々はまた、

パワーストーンを神秘的な
儀式に用いたり、

道具を作ったり交通手段の
動力としても利用していました。

恒星の持つ放射能エネルギーを
集めるのに使った可能性もあります。

アトランティス大陸は
火山の噴火によってたくさんの島に分かれ

アトランティスの人々が
世界各地に散らばって

パワーストーンの使い方を
伝えたのだと言われています。

ネイティブアメリカンの中には

アトランと呼ばれる島から大きな船に乗って
アメリカ大陸に渡ってきたと言う
物語を伝える人たちがいます。

彼らは、今日多くのヒーラーや
霊視者がするのと同時に

クリスタルやパワーストーンを
占いに使いました。

それからパワーストーンから
道具や武器を作るのに

火打石が用いられるようになりました。

マヤ文明ではクリスタルや
パワーストーンが

病気の診断や治療に
使われましたし、

トルティック族はそれらを
寺院に使い、

またイニシエーションを受けた者は
水晶の鏡を使って彼らの潜在的な
予知能力を高める訓練をしたようです。

ちょうど現代でも私たちが
水晶玉を使うのと同じようにです。

エジプト、南米、そしてチベットでは
クリスタルが様々な目的で使われました。

例えばエジプトでは
神官がクリスタルを載せた金の皿を
使って太陽のエネルギーを集め、

患者の身体の部位に当てて
治療を行ったようです。

もちろん、エジプトの女王
クレオパトラが、

粉にしたラピスラズリと
マラカイトを化粧に使っていた事は
良く知られています。

何百年前にもクリスタルで作られた
スカル(髑髏)が世界各地で見つかっています。

その中には、強いヒーリングパワーを持ち、
古代の叡智を伝達する事が
分かっているものもあります。

また眼窩の部分に別のクリスタルを
はめ込む事でその力が
強められているものもあります。

ピラミッドの建設や
ストーンヘンジなどの

環状列石の石を建てるのにも
岩盤状の水晶が使われていたと
考えられています。

ギザの大ピラミッドは
アラバスター(石膏の一種)で
覆われています。

ギザの大ピラミッドや
スフィンクスに関しては

様々な学説がありますが

これらの建造物が、
大洪水以前にアトランティスの
人々の手によって

アトランティスの古代寺院の
模型として建てられた可能性もあるのです。

古代占星術の書物や聖書には
パワーストーンを魔除けやお守りとして
使うと良いと書かれていますし、

医療、護身の効能についても
アドバイスがあります。

パワーストーンは幸運を
もたらすため、

危険から身を守るため、
女性の妊娠を促すため、

その他様々な感情的、肉体的、
心理的な問題に対処するために
身につけられてきたのです。

そうした習慣の中には
迷信から出た

非現実的なものもありますが、

鉱物の多くはしっかりとした
科学的根拠のある特質を持ち、

今日、医療用、工業用に
用いられています。

スポンサーリンク

 - 人生に豊かさを与えるパワーストーンのすべて