スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

柳井正に学ぶ経営者になる原理原則「経営者になるためのノート」

   

柳井正に学ぶ経営者になる原理原則「経営者になるためのノート」
今回のテーマは、

柳井正に学ぶ経営者になる原理原則
「経営者になるためのノート」

について紹介します。

世界に旅するたびに、
ここにも「ユニクロ」がある。

と探すのが私の趣味の一つ
のようなものになっているのですが、

異国でこそこの企業としての
勢いを感じます。

日本を代表する世界的大企業として
ユニクロブランドを立ち上げた

「経営者になるためのノート」

という本は現役のカリスマ
経営者である柳井正さんが、

ファーストリーテイリングの
経営者育成のために書き記した
「ノート」ということです。

異業種であれ異文化であれ、

ここから学べることは
たくさんあるでしょう。

優れた経営者になる原理原則

柳生さんは、

ファーストリテイリングが

「革新的なブローバル企業で、
世界一のアパレル製造小売業グループ」

になるためには、

少なくとも200名の経営者を作る
必要があると考えているようです。

このためにこの本の中には、

柳生さんの自伝や随筆ではなく、

経営者になるための原理原則が
書き綴られているのです。

「経営者になるためのノート」

で柳井正さんは、

経営者に必要な能力として

「変革する力」
「儲ける力」
「チームを作る力」
「理想を追求する力」

の4つを挙げています。

そしてこの4つの力の
それぞれに一つの章を当てて、

その内容について自説を展開します。

フレームワークとして
この4つの能力を磨けば、

経営者としての仕事が全うできる、

ということですが、

この本は読書用の本よりむしろ、
実戦用の本という感じです。

特に興味深い点が、

各章に出てくる「セルフトーク」です。

そこには半年に一回、

自分の仕事ぶりを振り返り、

自分にできていること、
できていないことを、

自問自答することが求められています。

そして、それを3年分繰り返す
欄があるのです。

経営者になるためには何より実践

「経営者になるためのノート」

という本から学べるのは、

柳生さんは経営というのは
頭で理解するだけでは不十分で、

実行が伴わなければ意味がない、
と考えていることです。

ノートと言えば私たちが
学校で10年以上も、

勉強のために使ってきました。

だからこそビジネス書も
読んで満足する、学んで終了という
意識で読んでしまいがちです。

しかし、行動に移し、実行しなければ
なんの結果も出ないわけですから、

実際、本書の中で柳井正さんは、

「経営は実行である」

と何度も繰り返しています。

いくら自転車の乗り方
という本を読んでも、

実際に乗らなければ
自転車に乗ることはできません。

ゴルフの練習であっても、

正しいスイングを頭で理解するだけ
ではボールは真っ直ぐ飛んで行きません。

実際にコースに出て、ボールを打ち、

その軌道を自分の目と体で
確認することが必要なのです。

柳井正「経営者になるためのノート」

しかし、だからと言って、

原理原則の学習が不要かと言えば、
そうではないわけです。

何事も自己流だけでやれば
間違った非効率なやり方を
やってしまいがちです。

原理原則を知らずにいくら
実行したとしても、

間違った努力を積み重ねてしまう
無駄な努力をしてしまうことになります。

その結果、経営の場合、

多くの人の努力や資源、
お金や時間を無駄にするわけです。

だからこそ結果を出している
優れた経営者から原理原則を学ぶ

ということは大切ですし、

それを実践しながら自分のものに
していくことがさらに重要です。

柳生さんはノートの形で、

自分の進歩の過程を振り返る
ツールとして

「経営者になるためのノート」

を編集したのでしょう。

体育会系の柳生さんの思想が
よく現れた書と言えます。

実践と理論をバランスよく学ぶ、

これが経営者になるための
正しい勉強法というわけです。

ユニクロという世界的
ブランドを見事成長させた

ファーストリテイリングの柳井正さんの
経営に対する考え方をこれから
学んで行きましょう。

 - 世界的グローバル企業に学ぶ仕事術