スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

松下幸之助のリーダー論、未熟なできない部下の扱い方、接し方

   

松下幸之助のリーダー論、未熟なできない部下の扱い方、接し方
今回のテーマは、

松下幸之助のリーダー論、未熟な
できない部下の扱い方、接し方

について紹介します。

ビジネス不変の悩みの一つが、

部下との付き合いです。

自分一人が頑張って
責任を持って結果を出す、

というのも簡単ではありませんが、

適切なやり方を意識がければ
ある意味楽にこなせます。

しかし人間関係は自分の
努力だけではどうにもならないのです。

しかし、チームが集まり
大きなことを成すのが会社です。

古今東西優秀な経営者は
皆優れたリーダーシップを発揮し、

部下を導いたわけです。

では、松下幸之助さんのリーダー論、
部下の扱い方というのは、

どういうものだったのでしょう。

未熟な部下の扱い方について
松下さんの本には多くの記述があります。

未熟なできない部下の扱い方

部下との付き合いに紙面を割く、

それは言い換えれば、
それだけ多くの人が

「部下が頼りなくて…」

という悩みを経営の神様、松下幸之助さんに
持ちかけていたということでしょう。

このテーマはビジネスリーダーにとって
永遠のテーマであり、

その対処法にも様々な考え方があります。

このサイトでも、偉大な経営者の
リーダー論を紹介してきました。

ソニーの井深大さんは、

「ソニーは少数精鋭でいい。
大企業を目指す必要はない。」

と優秀な人材だけを集める、
という考えでした。

京セラの稲盛和夫さんは、

「どんな人でも収益責任を担うことで
経営者としての目線を持つことができる」

といい、

人は成長すするという
スタンスを取っています。

では松下幸之助は、

この問題をどのように捉えているのでしょう。

素直な経営におけるリーダー論

これまで紹介してきた、

松下さんの素直に生きる謙虚な心
という哲学から考えれば、

未熟なできない部下の扱い方、接し方は

「諦めなさい」

という一言で片付けられるでしょう。

しかし凡人の「諦める」と
成功者の「諦める」は、

ニュアンスが少し違います。

「道をひらく」から引用します。

「完全無欠をのぞむのは、

人間の一つの理想でもあり、
またねがいでもある。

だからおたがいにそれを
求め合うのもやむを得ないけれども、

求めてなお求め得られるままに、
知らず知らずのうちに、

他をも苦しめ、みずからも
悩むことがしばしばある。

だがしかし、人間に完全無欠
ということが本来あるのであろうか。」

未熟なできない部下の接し方に苦しむ理由

真面目で完璧主義の人ほど、
部下の未熟さが気になります。

しかし、自分ができることを
他人に求めるとお互いに苦しみを生みます。

ビジネスの世界において
スピードが求められるようになり、

「部下に任せるよりも、
自分でやった方が早い」

とばかりに、全て自分で
抱え込もうとする人も多くいます。

それでますます部下との
コミュニケーションが疎遠になり、

お互いに心通じ合えなくなるのです。

しかし松下幸之助さんのリーダー論は、

全ての部下に自分の期待値を
満たすことを求める心に、

そもそも無理がある、

それが自分を苦しめているのではないか、

そう説いているのです。

子育てや教育にも通じる話ですが、

全ては視点を動かすことで
見えてくる世界は変わるのです。

松下幸之助のリーダー論

ただ、諦める、手放す、、

というものの、

「そこで妥協していては、商売の
繁盛も社会の繁栄も無くなるのでは、」

という疑問も浮かぶでしょう

これに対して松下さんは
どのように答えているのでしょう。

「どんな人にでも、探し出してくれば、

その人だけに与えられている
尊い天分というものがある。

その天分で、世の中に
サービスをすればよいのである。

サービスのいい社会は、みんなが
多くを与え合っている社会で、

だからみんなが身も心もゆたかになる。」

『神様ではないのだから、全知全能を
人間に求めるのは愚の限りである。』

長所と短所と…それは人間の
いわば一つの宿命である。

その宿命を繁栄に結びつけるのも
貧困に結びつけるのも、

つまりはおたがいの心くばり
一つにかかっているのではなかろうか。」

この文章にもまた、

松下さんの

「自然の理を見出す謙虚な心」

という哲学を感じます。

確かにその通りです。

「未熟なできない部下」

というのは一点の視点でしかありません。

個性という観点を広げれば
その短所は長所にもなり、

それを伸ばせば商売につながるのです。

リーダーは、未熟なできない部下
の扱い方、接し方に悩むのではなく、

こうした考え方、視点を
動かすことを意識すれば、

そのやり方も変わってくるでしょう。

長所や短所、生まれ持った性格など、

簡単には変えられないものです。

しかしどんな人にも尊い天分があり、

要はそれを見出せる柔軟なものの
見方を持っているかどうかによって、

繁栄に繋がるか、
貧困に陥るかが分かれる、、

そう言っても過言ではないかもしれません。

助け合い社会のリーダー論

人は一人では生きていけないのです。

リーダーも一つの役割にすぎません。

全部自分が思った通りに
しようとすることを、

松下さんは、

「辛抱が足りない」
「寛容の精神に欠ける」

と言っています。

自分の思い通りにしよう
とするのではなく、

お互いに助け合う気持ちを持って
初めて人の長所や短所が
「豊かさ」に変わり、

「無限の妙味」を感じることができる
と言っているのです。

松下さんはこうも言っています。

「自己を捨てることに
よってまず相手が生きる。

その相手が生きて、自己も
またおのずから生きるようになる。

これはいわば双方の生かし合い
ではなかろうか。

そこから繁栄が生まれ、
ゆたかな平和と幸福が生まれてくる。

おたがいに、ひろく社会の
繁栄に寄与するため、

おたがいを生かし合う
謙虚なものの考え方を養いたい 」

未熟なできない部下の扱い方、
接し方に悩むリーダーは、

一度松下幸之助さんのリーダー論を
意識してみてはいかがでしょうか。

 - 世界的グローバル企業に学ぶ仕事術